ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第29試合目、VSヤクルト(神宮)…3勝3敗0分

横浜の2番手以降が無失点でつなぎ、6点差の逆転劇を呼び込んだ。野村投手コーチは「中継ぎの頑張りが大きかった」とたたえた。先発の三浦が3回KOの誤算。だが、四回から八回までを4投手で無失点でしのぎ、打線は七回に勝ち越した。7―6の九回に登場した抑えの山口は「何としてもやらないといけないと思っていた」。中継ぎ陣の踏ん張りに応えるように三者凡退に仕留め、8セーブ目を挙げた。(スポニチ)


7-6で勝ち。
今日の見どころ…1・2番の走力。村田の調子…。

スタメン
1 石川(遊) 5-3
2 早川(中) 4-0 1三振
3 内川(一) 5-0 1三振
4 村田(三) 5-2 1打点 1三振
5 スレッジ(左) 4-3 1HR 2打点
6 カスティーヨ(二) 3-0 1四球
7 下園(右) 4-3 1打点
8 武山(捕) 3-1 1HR 3打点 1犠打
9 三浦(投) 0-0 1犠打

途中出場
小林太 1-0 1三振
内藤 1-0
藤田 1-0
井手 0-0 1犠打
吉村 0-0

継投
1 三浦 3回、1奪三振、10被安打、6失点
2 小林太 2回、1被安打、1与死球、無失点
3 真田 1回、1奪三振、1被安打、無失点
4 牛田 1回、2奪三振、1被安打、無失点
5 江尻 1回、2被安打、無失点
6 山口 1回、2奪三振、無失点


1回表:石川が12球目をショートゴロ。早川は6球目で三振。内川は投手ゴロ。
1回裏:先頭の田中にセンター前。宮本に送りバント。青木にヒット。ガイエルをキャッチャーファールフライ。飯原にヒット。武内は2塁打。藤本に2ラン。相川にヒット。館山をセカンドゴロ。
*ガイエルのフライアウトで武山が飛び出した1塁に送球して内川が捕球していれば1点で終わっていたが…。

2回表:村田はファーストゴロ。スレッジはセンターフライ。カスティーヨはセンターフライ。
2回裏:田中をライトフライ。宮本はヒット。青木はヒット。ガイエルを投手ゴロ併殺。

3回表:先頭の下園が一二塁間を抜くヒット。武山は少しバットの根でショートライナー。三浦は送りバント。石川はライトフライ。
3回裏:飯原をライトフライ。武内はソロ。藤本にヒット。相川をファーストゴロ。館山を三振。

4回表:早川はファーストゴロ。内川はライトフライ。村田は浅いセンターフライ。
4回裏:ここは小林太。田中をファーストゴロ。宮本をショートゴロ。青木をセカンドライナー。

5回表:スレッジがライト前。カスティーヨが四球。下園は2塁打。武山は3ラン。小林太は三振。石川はヒット。早川のファーストゴロで2塁。内川はセカンドゴロ。
5回裏:ガイエルにデッド。飯原をセカンドゴロ併殺。武内にセカンド内野安打。藤本をセカンドゴロ。

6回表:村田がライト前。スレッジが2ラン。カスティーヨがショートゴロ。下園がセカンド内野安打。武山が送りバント。代打・内藤はセカンドゴロ。
6回裏:ここは真田。相川をライトフライ。代打上田を三振。田中にヒット。宮本をセカンドゴロ。

7回表:石川がレフト前。早川はセカンドゴロ。内川は三振。村田はセンター前。スレッジはセンター前。カスティーヨはセカンドゴロ。
7回裏:ここは牛田。青木をショートゴロ。ガイエルを三振。飯原にセカンド内野安打。武内の打席で盗塁。武内を三振。

8回表:下園はセンターフライ。武山は三振。代打・藤田はショートゴロ。
8回裏:ここは江尻。藤本はセカンドフライ。相川にヒット。代打ユウイチにヒット。田中はショートゴロ併殺。

9回表:石川がセカンド内野安打。井手が送りバント。内川はファーストゴロ。村田は三振。
9回裏:ここは山口。宮本を三振。青木をレフトフライ。ガイエルは三振でゲームセット。

今日の先発は三浦、まさかの3イニングで6失点…。
これで試合は決まったなと思いましたが、打撃陣が奮起して三浦の敗戦を消しました。
今日は三浦の方が感謝しないといけません。
序盤からコントロールも悪かったし、球威もないようで簡単に打たれていましたね。
この9連戦で大家を上げないのであれば、今日は65球で降板しましたからもう1試合投げるかもしれません。
逆に投げないと、苦手の読売戦に登板することになりますし。
どちらにせよ、修正しなければなりません。
頑張ってもらいましょう。

一方の試合を崩壊させないように頑張ったのがリリーフ陣。
4・5回は小林が連投し、内野安打1本と死球1つに抑える好投。
6回は真田が1被安打で無失点。
リードを奪った7回からは勝利の方程式を成立させる。
いつもと順番は違いましたが、7回は牛田が内野安打1本で無失点。
8回は江尻でピンチは作ってしまいましたが、併殺打を打たせる。
9回は山口が3人で締めて終えましたね。
今日はリリーフ陣が失点しなかったことも大きかったでしょう。

打撃陣は、先発が3回6失点の乱調で意気消沈かなと思いましたが。
5回からの反撃が凄かった。
5回はスレッジ・カスティーヨが出塁して、下園が2塁打、武山が3ラン。
6回は村田が出塁して、スレッジが2ラン。
7回は石川が出塁して進塁し、村田がタイムリーヒット。
これで敗戦濃厚試合を勝利にしました。
やはり昨日の8得点からの流れが良かったのでしょうね。

個人的に見てみると、あれだけ不振だった村田に必要なところで2本のヒット。
1番の下園に3安打、スタメンに抜擢の下園がタイムリーを含む3安打、武山が得点後に3ラン。
スレッジが3安打+2ラン。
内川が5-0で出塁にも貢献できなかったことを他のメンバーが穴埋めをきっちりして逆転。
あと早川は4-0でしたが、2つの進塁打がありました…バントの失敗もあったのですが。
それにしても、スレッジは勝負勘がありそうですね。
どこで打たなければならないか、を良く分かってるような打撃。
昨日もそんな感じがしましたしね。
さすが得点圏打率が高いだけあります。
勝負強い打者が今までベイスターズには皆無だった気がしますから、大きな補強になりました。

それにしても、6点差をひっくり返す力があるとは。

横浜ベイスターズブログランキング:5位/野球ブログランキング:66位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。