ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第115試合目、VS阪神(甲子園)・・・4勝11敗

忙しい時は、試合途中での更新ができませんので、試合後の更新となります。
もし試合途中に更新が無ければ、試合後に更新されるものだと思っていただければ幸いです。


1-13
今日の見どころ…打線がつながるか。首位阪神をどう叩くか。良い方の清水か、悪い方の清水か。

スタメン
1 内川(右) 4-1 1三振
2 石川(遊) 3-1 1犠打 1三振
3 ハーパー(一) 4-1
4 村田(三) 3-0 1四球 1三振
5 スレッジ(左) 4-2 2三振
6 下園(中) 4-1 2三振
7 カスティーヨ(二) 4-2
8 武山(捕) 1-1 1打点
9 清水(投) 2-0 1併殺

途中出場
金城 1-0
藤田 1-0
新沼 1-0 1三振
黒羽根
井手
山崎
松本

継投
1 清水 3・0/3回、3奪三振、11被安打、3与四球、7失点
2 高宮 1/3回、1奪三振、1被安打、無失点
3 江尻 1・1/3回、1奪三振、2被安打、1与死球、無失点
4 加藤 1/3回、無失点
5 小林太 1回、2奪三振、7被安打、1与四球、6失点
6 福田 2回、1奪三振、1被安打、1与四球、無失点


1回表:内川がライト前。石川が送りバントでチャンス。ハーパーはショートフライ。村田はサードゴロ。
*先制のチャンスを逃す。
1回裏:マートンを三振。平野にヒット。鳥谷をライトフライ。新井をセカンドゴロ。

2回表:スレッジが2塁打。下園は三振。カスティーヨがヒット。武山は打撃妨害。清水は併殺打。
*無理して打つ必要はなかったが、打撃の良い清水だった。
2回裏:ブラゼルに先制ソロ。金本をセカンドゴロ。城島を三振。藤川にヒット。スタンリッジをセカンドゴロ。
*さて、いつ同点に追いつくのか。

3回表:三者凡退。
3回裏:マートンにヒット。平野に犠打。鳥谷に四球。新井にヒット。ブラゼルにヒット。金本を三振。城島に2塁打。藤川を敬遠。スタンリッジを投手ゴロ。
*今日は悪い方の清水か。

4回表:村田が四球。スレッジは三振。下園がヒット。カスティーヨはセンターフライ。武山がヒット。清水はセカンドゴロ。
*連打が欲しい。
4回裏:マートンにヒット。平野にヒット。鳥谷にヒット。新井にヒット。ここで高宮。ブラゼルにヒット。金本を三振。ここで江尻。城島をセカンドライナー。藤川をサードフライ。
*試合が壊れてしまった。

5回表:内川はファーストファールフライ。石川が2塁打。ハーパーがヒット、石川は本塁憤死。村田はショートゴロ。
*試みは良いが、点差を考えたら止まっても良かったかと。
5回裏:代打林にヒット。マートンを三振。平野にヒット。鳥谷をセンターフライ。新井にデッド。ここで加藤。ブラゼルをセカンドゴロ。

6回表:スレッジがヒット。下園は三振。カスティーヨがヒット。代打・金城はライトフライ。代打・藤田はレフトフライ。
6回裏:ここで小林太。金本にソロ。城島をレフトフライ。藤川に2塁打。林を三振。代打浅井に四球。平野に2塁打。鳥谷ヒット。新井に2ラン。ブラゼルにヒット。金本にヒット。城島を三振。

7回表:三者凡退。
7回裏:ここで福田。三者凡退。

8回表:三者凡退。
8回裏:平野にヒット。鳥谷に四球。新井をショート併殺打。ブラゼルをレフトフライ。

9回表:三者凡退。

今日の先発は清水、対阪神は3勝1敗。
2回にブラゼルにソロを打たれ先制を許してしまう。
さらに3回はマートンにヒットを打たれた後バントで進められ、鳥谷には四球を与える。
すると新井にタイムリーを浴びて2失点目。
ここからブラゼルと城島にタイムリーを浴びてこの回3失点。
続く4回には先頭から4連打を食らい、ノックアウトで結局4回ワンアウトも取れず。
全く先発の役目を果たせなかった。
続く高宮も5連打となるタイムリーを浴びる。
3番手の江尻は2人を抑えて何とか食い止める。
5回に江尻はピンチまでいくが、加藤が後続を仕留めた。
だが、5番手の小林太は6回に被弾。
すると四球を挟みつつ、大量失点してしまう。
福田はやっと初めての三者凡退イニングを作り、2イニング目はピンチを併殺で抑える。
結局、清水と小林で13失点を喫したという感じでしたね。
清水は相変わらず悪い時に調節できないのと、小林はとにかくジタバタしすぎ。
先頭のソロだけで抑えておけば試合的に良いのですが、そのあとどんどんと繋げられてしまった。
先発の一角を期待したいのですが、これではどの役目も難しいですね。
清水は悪い時にそこそこまとめてくれれば試合になるのですが、完全に試合を壊してしまうところまでいってしまうところをベテランの味で何とかしてもらいたい。

一方打撃陣は、初回からチャンスが巡ってくる。
内川・石川で1死2塁とし、ハーパー・村田だったが連続凡退。
さらに2回はスレッジが2塁打、しかしこういう場面で打てない下園は凡退。
カスティーヨがヒットのあと、武山がラッキーな妨害で出塁し1死満塁で打撃の良い清水。
しかし、ショートゴロ併殺という最悪な結果に終わり先制できない。
するとその裏に先制点を奪われる。
4点リードされた4回に村田の四球をきっかけに武山のヒットで1点を還す。
しかし、この場面も繋がったという感じの攻撃ではない。
試合が壊された5回は石川が2塁打で1死2塁、ハーパーのヒットで本塁を狙うがタッチアウト。
ここは6点差ということもあったので無理しなくても良いと思いましたが。
次の打者も復調気味の村田でしたしね。
6回はスレッジとカスティーヨにヒットが出たが、代打攻勢が実らず。
7・8・9回は全く粘りが無く、三者凡退しただけで次の試合に残ったものはありません。
打線、早く変えた方がいいのでは。

収穫は強いて言えば、福田が2イニング投げて無失点だったことくらい??

横浜ベイスターズブログランキング:10位/野球ブログランキング:324位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。