ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペナントレース第122戦、VS中日。

今日の見どころ・・・元楽天コンビの1・2番。

横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:142位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。





4-6、追い縋るも及ばず。

<スタメン>
1 内村(二)5-2、1打点
2 渡辺直(遊)5-2、1盗死
3 中村(一)5-1、1打点、2三振
4 ラミレス(左)4-1
5 筒香(三)4-1、1本塁打、1打点、2三振
6 金城(右)3-1、1四球
7 荒波(中)3-1、1犠打
8 鶴岡(捕)3-1、1盗刺、1盗許
9 藤井(投)1-0

<途中出場>
小林太1-0
下園0-0、1四球
後藤1-1、1打点
森本1-0
高城

<継投>
先発:藤井(3・2/3回、1奪三振、7被安打、3与四球、3失点)
2番手:小林太(2・1/3回、3奪三振、1被安打、1与四球、1失点)
3番手:加賀(1回、2奪三振、無失点)
4番手:菊地(1回、2被安打、2失点)
5番手:大原慎(1回、1奪三振、無失点)



試合詳細



―投手陣―
先発は藤井、スタメンマスクは鶴岡。
1回2死からヒットも、後続を抑える。
2回1死からヒットも、後続を抑える。
*あと1奪三振で藤井が1500奪三振を達成。
3回1死からヒット、続いて浅いフライを打たせるがラミレスの前に飛んでしまいポテンヒットでピンチ。しかし2塁走者大島が3塁へ盗塁を仕掛けてきたが、鶴岡が冷静に送球して2死1塁。だが、四球でピンチ。しかし後続を抑える。
*ここは相手に助けられた。
4回先頭にヒット、ストレートの四球でピンチ。ここでタイムリー2塁打で先制される。さらに拙いところに打球が飛び、内村がファインプレーをすると内野ゴロにはなったが生還を許す。2死からストレートの四球を与えると、セーフティスクイズを決められる。
藤井は1500奪三振を逃したどころか、4回も持たなかった。投球自体はさほど悪くない印象はあったが、いつも良いテンポが特徴にも関わらず、今日はサインが合わなかったのかテンポが悪すぎた。これでは相手にも合わされ易くなるし、味方の援護も呼べない。前回もそんな傾向はあったが、三振を何とか取りに行こうとしているように感じられる。特に追い込んでからというだけでなく、初めから三振を奪えるような配球をしたかったのではないだろうか。もちろん憶測に過ぎないが、そう感じて仕方ない。
2番手は小林太。
4回2死1・3塁から、後続を抑える。
5回先頭にソロ。
6回2死から四球も、後続を抑える。
小林太は2イニング目にソロで失点するも、2度イニング跨ぎでソロだけの1失点なら十分だろう。やはりロングリリーフの方が適性がありそう。
3番手は加賀。
7回を三者凡退。
加賀は昨日素晴らしい投球をしたが、今日にそれが繋がっていた。彼は放っておいてもストライクは取れるので、その分腕を振ることに集中した方が良い結果が出易いように思う。
4番手は菊地。
8回2死からヒット、ここで力のない球が甘めに入り2ラン。
菊地は絶対に失点を防がなければいけない場面だったのだが、今日の球には力がなかった。アウトを取っていても捉えられた打球が続いていたし、もし上位争いをしているならヒットを打たれた時点で交代を告げるべき。ただ、そうではないのでむやみに投手を代えても仕方なかったシーンだろう。
5番手は大原慎。
9回を三者凡退。
大原慎は流れを考えれば抑えてやっと勝機がわずかに残るというマウンドだったが、よく3人で抑えた。ここで失点したら確実に敗戦する流れになる。



―打撃陣―
スタメンは初めて元楽天コンビの内村・渡辺直が1・2番、荒波を下位へ。
1回1死から渡辺直が逆球をとらえてレフト前も、中村は3-2から三振してしまいスタートを切っていた渡辺直も刺される。
2回先頭のラミレスがセンター返しでヒットも、後続は倒れて釘付け。
*釘付けが目立つ。
3回2死から内村が0-2からヒット、渡辺直が2打席連続安打でチャンス。しかし中村は倒れる。
*中村は上手く攻められている。
4回2死から金城が四球も、荒波は倒れる。
5回先頭の鶴岡がセンターオーバーの2塁打でチャンス。小林太は1球目をバントの構えで見逃し・2球目をバントでファール・3-2まで粘るも三振で1死。ここで内村が内角を捌き3塁頭上にタイムリー2塁打。2死から中村が右打ちしてタイムリーヒット。しかし、ラミレスは痛烈なライトへの飛球も相手松井に好捕される。
*とりあえず1点ではなく、2点なのでまだ勝てる可能性を残す。
6回先頭の筒香が変化球を引っ張りソロ。この後金城がヒット、荒波が送りバントでチャンス。2死から代打・下園が四球も、内村は初球で倒れる。
*これで試合が分からなくなった。
7回は三者凡退。
8回2死から荒波が2塁打でチャンス。すると代打・後藤がタイムリーヒット。しかし代打・森本は倒れる。
9回は三者凡退。

打撃陣は結局追い縋ったものの、投手陣が要所で失点を続けてしまったこともあり追い付けなかった。
あまり守備から来る流れも良くなかったので責められないが、序盤からの出塁を活かしてこれなかったのも確か。
その中でよく追い縋ったとは思うが、やはり打線が繋がっていない。
これだと投手陣が慎重になってしまうという悪循環さえ起こってしまう。
何とかならないものか。

選手個人としては、1番に戻った内村が2安打、さらに2番に入った渡辺直も2安打と元楽天コンビが奮起。
確かに渡辺直の3打席目の凡退あたりは痛かったのだが、2安打なら文句はない。
一方で下位に入った荒波は1安打、この打順なら不調でも大きく足を引っ張ることは少ないのだが、彼の足を使うということを考えれば6番に入るべきだと思う。
梶谷の時にも言っているが、足を使うなら打力の低い8・9番の直前ではなく、少しでも打力の上回る7番の前に置いておくべき。



全体としては、藤井のテンポの悪さが守備にも攻撃にも良い流れをもたらさなかったという試合。
藤井はテンポの良さが1つの魅力だったのだが、疲れなのか、1500奪三振を意識してなのか、不明だが悪くなってしまった。
ここ最近勝ってないということもあるのだろうが、それでも任されている5回2・3失点という計算はできていた。
これまで出来ていたことをもう1度振り返って、次回は再び力投を見せて欲しい。

それにしても、先発野手全員安打でもこの程度の迫力とは。
確かに4点は久々に入ったが、繋がりは相変わらず良くない。
それぞれに疲れはあると思うし、順位争いすらできていない状況で集中力を保つのは難しい。
だが、来季以降に繋げるという意識が欲しい。
幸いにして、首脳陣が最近思いきった采配をするようにはなっている。
今日も小林太を続投させるためにあえて5回は代打を出さず、他の救援陣の負担を軽減させるという采配があった。
これまでなら小林太におそらく代打を出していたはず。
結局5人で継投をすることにはなったが、以前と同じような采配をしていたら7人使っていただろう。


横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:142位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ


スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ペナントレース第123戦、VS中日。 | ホーム | ペナントレース第121戦、VS中日。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。