FC2ブログ

ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペナントレース第131戦、VS中日。

今日の見どころ・・・救援陣をなるべく休ませたい。

横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:162位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。





2-2、釈然としない引き分け。

<スタメン>
1 荒波(中)6-2、1本塁打、1打点、2三振
2 内村(二)4-0、1四球、1犠打、1盗塁、2三振
3 筒香(三)3-0、3四死球、2三振
4 ラミレス(左)5-3、1打点、2三振
5 中村(一)4-1、1四球
6 金城(右)4-2、1四球
7 梶谷(遊)4-0
8 高城(捕)3-0、1四球、1盗刺、2三振
9 三浦(投)4-1

<途中出場>
森本1-0
小池
渡辺直1-0
下園1-0
鶴岡1-1

<継投>
先発:三浦(9回、10奪三振、8被安打、2失点、1自責)
2番手:山口(2回、1奪三振、1被安打、1与四球、無失点)



試合詳細



―打撃陣―
スタメンは変わり映えなし。
1回2死から筒香が四球も、ラミレスは倒れる。
2回1死から金城がヒット、2死から高城が四球でチャンス。しかし三浦は初球で倒れる。
*三浦に回したのが素晴らしい。
3回先頭の荒波が内角の変化球を叩きプロ初本塁打となるソロ。1死から筒香がセンター返しすると相手大島がエラーし、筒香が好走塁もあって2塁へチャンス。ここでラミレスがラッキーにもベースに当てたこともあり3塁線を破ってタイムリー2塁打で同点。さらに中村が内角低めをセンターへ転がしヒットも、金城は内野ゴロで狭殺プレーにされ上手く処理されたが併殺は逃れ2死2・3塁。しかし、梶谷は当てただけ。
*すぐに同点に追いついたが、逆転しなければ先行は拙い。
4回1死から三浦がヒットも、後続は倒れる。
5回1死からラミレスがボテボテのゴロを打つと握り直した分内野安打も、後続は倒れる。
6回は三者凡退。
*三浦を勝たせるためにも1点が欲しいが。
7回先頭の荒波が引っ張りヒット、内村が送りバントでチャンス。さらに筒香がデッド。しかしラミレスは三振で2死。中村は内野ゴロで倒れる。
8回先頭の金城が四球も、梶谷は初球にバントをさせるが小フライで金城も飛び出してしまい併殺の形。
*こういったミスがあると勝てない。
9回は三者凡退。
10回先頭の筒香が四球、ラミレスがヒットでチャンス。さらに中村が四球で満塁。しかし金城は内野フライで1死。代打・渡辺直は外野フライだったが浅く2死。さらに代打・下園も倒れる。
*小池を中村の代走で使ったが、はっきり言って勿体ない。
11回先頭の鶴岡が2塁打でチャンス。暴投で3塁へ。しかし荒波は三振で1死。内村が四球で1・3塁。さらに盗塁で2・3塁。しかし後続は倒れる。
*何という拙攻だ。

打撃陣は三浦が打たれた直後に同点に追い付いたのは評価すべきだが、拙攻が酷い。
特に終盤の拙攻は見ていられないほどである。
それは置いておくとして、私が一番気になったのが10回に中村へ代走として小池を出したこと。
小池はこういう試合でこそ活躍する選手。
これまでも使い方を問題視してはきたが、今日も十分に考えられた起用ではない。
はっきり言って、10回なら得点圏打率の低い金城への代打でも良かっただろうし、11回まで残しておけば代打で使えるシーンはあった。
タラレバに思えるが、これは以前から指摘している。
確かに下園のチャンスでの活躍はこのところ目立っているが、小池も良いところで打っている。
なぜ下園が左の代打切り札なのに、小池が右の代打切り札ではないのか。



―投手陣―
先発は10勝目が遠い三浦、スタメンマスクは高城。
1回を三者凡退。
*いつもより立ち上がりが良いので、3回まではかえって心配。
2回2死から0-2とした後でボールが続き3-2からスライダーが中に入りソロで先制。ここで後続をバットの先で打たせたが変な回転がかかったかファースト中村はトンネルしエラー、ヒットでピンチ。さらに投手に対してコースを狙いすぎたか四球で満塁。するとボテボテの内野ゴロを打たせるが、足が速いためタイムリー内野安打。
*微妙に外れている球が多すぎた。
3回先頭に初球の甘い球をヒットも、後続を抑える。
*まだ微妙に外れている球が多い。
4回を三者凡退。
5回1死からヒットも、盗塁を高城が強肩で刺す。
*高城が最近フォームは大きいままだがコントロールが良くなってきている。
6回先頭にヒット、送りバントでピンチ。しかし後続を抑える。
*球数が多いので次のイニングまでか。
7回1死から2塁打でピンチ。しかし、後続を抑える。
8回を三者凡退。
9回1死からヒット、送りバントでピンチ。しかし後続を抑える。
三浦は結局9回2失点と準完投と言えるが、援護が2点しかなくまたもや勝ち負けはつかず。球数もかなり投げていたのだが、どうしても2桁勝たせてあげたかったのだろう。投球自体は1回こそ良かったが、その後際どい球が少しずつ外れてしまったことで苦しい投球をせざるを得なかった。とはいえ、粘りに粘るベテランはピンチを抱えながらも、先制された2回の2失点のみ。確かに勝てはしなかったが、十分勝ち投手に値する。
2番手は山口。
10回先頭にヒット、送りバントでピンチ。2死から敬遠気味の四球も、後続を抑える。
11回を三者凡退。
山口はぎりぎりのタイミングではあったが、10・11回と2イニング跨ぐことになった。ただ、今の山口なら投げ切れる。負けるのは避けたい試合だっただけに、引き分けに持ち込んだ功績は大きい。



全体としては、三浦が際どいコースを狙い過ぎたのか少しずつボールに外れ苦しんでいたところで2点先に先制されるが、直後に打撃陣が追い付いたという試合。
ただ、その後の拙攻は酷く、三浦が可哀想。
三浦は150球以上を投げるという熱投だったが、負けこそ付かなかったものの見殺し状態。
もし7回あたりで交代していたなら内容的に仕方ないかと思っても良いが、9回まで投げてのこと。
せめて10回の無死満塁はモノにしなければいけない。

それにしても、ライトは本当に最後まで競争させないらしい。
としか見えない。
金城を使うのは悪いことではないが、彼も年齢が年齢で成績も十分ではない。
だとすれば、中長期的に考えるべき。
以前から私も言っていて、そう思っているファンも少なくないのだが、相変わらずである。
これでオフに大補強をしないというのは許されない。
補強をすることが決定事項だとしても、若手を使ってあげない理由にはならないが。


横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:162位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ


スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ペナントレース第132戦、VS中日。 | ホーム | ペナントレース第130戦、VS広島。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。