FC2ブログ

ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペナントレース第133戦、VS中日。

今日の見どころ・・・昨日の良い内容を今日も出したい。

横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:135位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。





2-1、今季初めての4連勝

<スタメン>
1 荒波(中)4-1、1盗塁
2 内村(二)3-1、1打点、1盗塁、1犠打
3 筒香(三)3-1、1四球
4 ラミレス(左)4-1、1本塁打、1打点、1併殺
5 中村(一)4-0
6 金城(右)3-0、1四球
7 梶谷(遊)3-0、1四球、1併殺
8 高城(捕)3-0、2三振
9 高崎(投)2-1

<途中出場>
後藤1-0
小池

<継投>
先発:高崎(6回、5奪三振、6被安打、1与四球、1失点)
2番手:藤江(1回、1奪三振、無失点)
3番手:加賀(1回、2奪三振、無失点)
4番手:山口(1回、3奪三振、無失点)



試合詳細



―打撃陣―
スタメンは対左でなぜか起用されない下園に代わり、金城が戻る。
1回2死から筒香が引っ張ると相手荒木のグラブを弾き、好走塁もあって2塁打でチャンス。しかしラミレスは倒れる。
2回は三者凡退。
3回2死から荒波がヒット、盗塁でチャンス。すると内村がタイムリーヒットで先制。さらに盗塁で再チャンス。暴投で3塁へ。だが、筒香は良い当たりながら倒れる。
*もう1点欲しいのだが、良い形で攻撃し続けたい。
4回先頭のラミレスが低めを打ち返しソロ。2死から梶谷が四球も、高城は少し力がなく外野フライ。
*早速追加点。
5回先頭の高崎が内角寄りの球を打ち返しヒット、1死から内村がセーフティ気味のバントをすると相手小林正が送球を内村に当ててエラー、高崎は2塁どまりだがチャンス。しかし後続は倒れる。
*こういったミスにつけ込まないといけない。
6回1死から金城が四球も、梶谷は併殺。
*この打順だとどうしても策が打てないことが多い。
7回は三者凡退。
8回1死から筒香が四球も、ラミレスは併殺。
9回は三者凡退。



―投手陣―
先発は高崎、スタメンマスクは高城。
1回を三者凡退。
2回先頭に少し浮いたスライダーをヒット、ゴロで抜かれヒットとなりピンチ。1死からショートへのハーフライナーが来たが、梶谷はショートバウンドで捕るかライナーで捕るかを悩んだのか変なグラブの差し出し方をしてしまいエラーで1死満塁。しかし後続を抑える。
*梶谷のエラーは併殺コースだっただけに痛すぎたが、高崎が救ってくれた。
3回を三者凡退。
*これが勝ち投手になる近道。
4回2死からヒットも荒波が回り込み1塁止まり、ポテンヒットでピンチ。しかし後続を三振。
*よく踏ん張った。
5回1死から強襲されたが高崎は足で前に落とすも送球が流れてしまい、記録は内野安打とエラーでピンチ。さらにまた強襲され内野安打で1死1・3塁。ここで内野ゴロを打たせるがエンドランがあったため1塁をアウトにし生還を許す。四球で2死1・2塁。しかし後続を3-0から三振。
*勿体ない失点だが、リードは残せた。
6回は三者凡退。
高崎は特に状態は悪くはなかったが、少し外角に偏り過ぎたという印象はある。それだけに追い込んでから苦しんだように見えたが、それでもよく粘った。5回に2度打球を当てられたこともあって、早めの交代にはなったのだろう。ただ、本来なら7回までは投げさせてあげるべき投球はしていた。高崎のコメント「立ち上がりに問題があった。2か月ぶりの白星はやっぱり嬉しい」
2番手は藤江。
7回も三者凡退。
藤江は久しぶりに三者凡退に抑えたのでは。あまり状態が良くない日も続いてはいたが、シーズンはあと少しなので、早めに復調させてオフを迎えたい。
3番手は加賀。
8回も三者凡退。
加賀は8回での登板に完全に変わっているが、しっかりと役割を果たしている。防御率はあまりリリーフの場合は考慮しにくいが、2点台で終えられるかもしれない。
4番手は山口。
9回を三者凡退。
山口も完璧な投球。ただ、2-0・3-0となったことは反省したい。とは言っても、そこから外角の厳しいストレートを立て続けに投げて空振りさせ続けるというのは素晴らしい。



全体としては、何よりも高崎に6勝目が付いたのが良かったという試合。
そして忘れてはならないのが完璧に封じ込めた救援陣。
完全に投手力で勝った試合だろう。

それにしても、対左で下園をスタメンから外す理由が分からない。
昨日良い活躍をしていて、元々対左に強い打者なのはオープン戦の時に中畑監督も感じていたはず。
これでは下園が活きないのではないか。


横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:135位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ


スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ペナントレース第134戦、VS読売。 | ホーム | ペナントレース第132戦、VS中日。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。