FC2ブログ

ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペナントレース第138戦、VSヤクルト。

今日の見どころ・・・三浦の10勝へのチャンスはあと2回か。

横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:146位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。





2-6、三浦はまた10勝を逃す。

<スタメン>
1 荒波(中)5-1、2三振
2 内村(二)4-1
3 筒香(三)4-1、2三振
4 中村(一)2-0、1四球
5 後藤(左)4-1、1打点
6 渡辺直(遊)3-1、1打点、1死球
7 金城(右)4-1、1打点
8 高城(捕)1-1、1死球、1盗許
9 三浦(投)2-0

<途中出場>
小池1-0
ラミレス1-0
鶴岡0-0、1盗許
井手1-0
桑原1-0
下園1-0

<継投>
先発:三浦(7回、4奪三振、9被安打、1与四球、4失点)
2番手:篠原(1/3回、2被安打、2失点、0自責)
3番手:菊地(2/3回、1奪三振、無失点)
4番手:佐藤(1回、1奪三振、無失点



試合詳細



―投手陣―
先発は10勝を狙う三浦、スタメンマスクは高城。
1回先頭にヒット、送りバントでピンチ。しかし後続を抑える。
2回先頭にヒット、2死から盗塁でピンチ。ここでファーストゴロを打たせるが、中村はイレギュラーが原因か後逸し記録はタイムリーヒットで先制される。
*これは中村の不運なミス。
3回を三者凡退。
4回も三者凡退。
5回も三者凡退。
6回先頭にヒット、送りバントでピンチ。すると2ランを打たれる。さらに四球、ヒットで再ピンチ。しかし併殺。
*何とか渡辺直の良い守備もあり救われた。
7回2死からヒット、盗塁でピンチ。ここでタイムリーヒットを打たれてしまう。さらに四球。ここでワンバウンドをさせてしまうと、鶴岡は手で簡単に捕りに行き記録は暴投。敬遠気味の四球で満塁。後続は抑える。
*これでは勝てない。
三浦は結局7回4失点とエースとしては物足りない結果だった。ただ、それより7回の失点が痛かった。確かにあまり援護をしてくれなかったので前半は苦しんだと思うが、やっと味方が2点を取ってくれた後の回。ここは抑えなければ勝ち投手にはなれない。少し三浦をフォローするとすれば、大事な7回に相性の良くない鶴岡とのバッテリーに代わったのも運の尽きだったかもしれない。
2番手は篠原。
8回先頭に不運なポテンヒット、ヒットでピンチ。ここで送りバント。
篠原は結局何も仕事はできなかったに等しい。ストライクが満足に取れなくなってきただけに、今の状態だと点差がある時でないと怖い。彼はシーズンを通して不調気味だが、そろそろ若手に切り替えても良いのでは。
3番手は菊地。
8回1死2・3塁から、後続を内野フライで2死。ここで外野フライかと思いきや、小池が中途半端な捕球を試みてしまい実質小池のエラーだろうが記録は荒波のエラーで2人還してしまう。
菊地は久しぶりに“らしい”投球ができていた。それだけにエラーが痛かったが、菊地は何も悪くない。それどころか、よく後続を断った。
4番手は佐藤。
9回を三者凡退。
佐藤は前回上がってきた時にコメントしたのだが、やはり成長が見える。元々強みであった腕の振りが戻ってきているし、球速も伸びている。これにキレの良いスライダーが鋭い。腕をどれだけ振っていけるか、残りシーズンは短いが注目。



―打撃陣―
スタメンは昨日とほぼ同じ。
1回は三者凡退。
2回も三者凡退。
3回1死から高城がデッドも、三浦は送れず三振で2死。ここで荒波が流してヒットでチャンス。しかし、内村は倒れる。
4回は三者凡退。
5回2死から高城がポテンヒットを打つと2塁打となりチャンス。しかし、三浦は倒れる。
*まさかまた見殺す気か。
6回1死から内村がヒット、2死から中村が四球でチャンス。ここで後藤がセンター返しで内野安打となり満塁。すると渡辺直が押し出しデッド。さらに金城がファーストを強襲してタイムリー内野安打。しかし代打・ラミレスは倒れる。
*ラミレスも惜しかった。
7回は三者凡退。
8回先頭の筒香が外角一杯を流し打ちヒット、2死から渡辺直が打った打球は相手雄平に捕られずヒット、だが筒香は2死にも関わらず3塁には行けず2死1・2塁のチャンス。金城は倒れる。
*筒香の走塁ミスも。
9回は三者凡退。

打撃陣は1回からチャンスらしいチャンスが少なかったが、相手に突き放された裏のイニングで追い上げムードを1度作れたのは良かった。
ただ、そこでは少なくとも同点にしなければいけなかった。
その結果かどうか分からないが、流れを完全に持って来れなかったのだろう。



全体としては、不本意な形で先制された後、三浦は踏ん張っていたが、追い上げムードに水を差してしまったのが悔い。
確かにあのまま2-3の中で終盤に入れば勝ち切れるとは言い切れないが、流れはそれまでより良くなっていたのは明白だろう。
また、ちょっとしたミスも流れを引き寄せられなかった原因ではある。

それにしても、せっかく5連勝したかと思えば、既に3連敗。
おそらくこれまでのベイを見る限り、これが5連敗になって連勝の貯金が完全になくなる前に、止められるかどうかが問題だろう。
とりあえず4連敗までで止めてほしい。


横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:146位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ


スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ペナントレース第139戦、VSヤクルト。 | ホーム | ペナントレース第136戦、VS中日。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。