FC2ブログ

ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

横浜DeNAベイスターズ2012年ドラフト。

さて、この日が来ました。
今年も昨年と同じく、出来る限り、リアルタイムで更新していきます。
コメントも随時受け付けておりますので、タイムラグはあるかもしれませんが、お返事も致す予定です。
ドラフトの進行状況など何か気になることなどありましたら、どなたでも気軽にお聞きください。

<直前予想>
「指名順位、名前(最終経歴):球団側の位置づけ想定」
1位:東浜巨(亜大):即戦力右腕
外れ1位:松葉貴大(大阪体育大):即戦力左腕
2位:小川泰弘(創価大):即戦力右腕
3位:井納翔一(NTT東日本):即戦力右腕
4位:白崎浩之(駒大):右の大砲候補
5位:松本幸一郎(立教大):地元三拍子野手、リーダー候補
6位:佐藤勇(光南高):将来の先発左腕
―直前の予想としては、昨日のを踏襲したいところでしたが、新たに情報も入りましたので少し予想を変更しておきました。
森は広島が単独指名を狙っているということですので、外れ1位を2位だった松葉を格上げしておきました。
各紙の情報を総合すると、ほとんど三嶋の名前が挙がっているのですが、私は1本釣りをやってくる球団があると予想してみます。
また、空いた2位には小川を入れました。
あとは変更なしですが、1位は東浜で決定的、下位では松本も検討しているとの情報が入りました。

<私案>
「指名順位、名前(最終経歴):私の位置づけ」
1位:北条史也(光星高):近い将来の3番、ショートレギュラー
外れ1位:松葉貴大(大阪体育大):即戦力左腕
2位:古本武尊(龍谷大):即戦力強打ライト
3位:公文克彦(大阪ガス):即戦力左腕
4位:中村駿介(日本新薬):即戦力右腕
5位:真砂勇介(西城陽):将来の右の大砲
6位:佐藤勇(光南高):将来の先発左腕
―外れ1位を上と同じように変更しました。
上に加えて、こちらは昨日取り上げた竹内が志望届を出していないということが判明したので、真砂を代わりに入れました。



横浜ベイスターズブログランキング:5位/野球ブログランキング:131位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。





<2012年ドラフト会議>
(本指名)
「指名順位、名前(最終経歴)ポジション:球団側の位置づけ想定」
1位:東浜巨(亜大)右投手:即戦力右腕
外れ1位:白崎浩之(駒大)右打内野手:右の大砲候補
2位:三嶋一輝(法政大)右投手:即戦力右腕
3位:井納翔一(NTT東日本)右投手:即戦力右腕
4位:赤堀大智(セガサミー)右打外野手:右の大砲候補
5位:安部建輝(NTT西日本)右投手:即戦力右腕
6位:宮崎敏郎(セガサミー)右打内野手:不足気味二遊間補強
―選択終了

(育成枠)
1位:今井金太(広島国際学院)右投手


「補足情報:進行状況など」
(1位指名)
直前の情報通り、1位指名『東浜巨』。
3球団(DeNA、ソフトバンク、西武)の戦い。
抽選でソフトバンクに敗れ、外れ1巡目へ。
中畑監督のコメント「見事に外してしまいました」
他の抽選では、藤浪が阪神へ、森が楽天へ。

(外れ1位指名)
外れ1位では、『白崎浩之』を単独指名し確定。
まさかの即戦力投手を外し、大卒内野手へ。
白崎は2012年シーズンに入ってから結果を出し始めた強肩強打の内野手。
今春ではショートで首位打者とベストナインを獲得し、秋のシーズンでも結果を残したことが高評価されたようだ。
守備での評価も高めているが、とりあえず中長期的に筒香と2人で1・3塁、クリーンアップを任せるという構想になるはず。
チーム構成的には確かに若い内野手は多いのだが、右の大砲候補と言える打者は吉村以後ほとんど獲っていない。
戦略的には上手くはないように見えるが、即戦力投手に行かなかったことが何を意味するのか。
他の再抽選では、松永がロッテへ、増井が西武へ。

(2位指名)
1位では大卒内野手へ行ったので、おそらく即戦力投手を指名するはず。
指名観測もあったが1位ではなく、2位で『三嶋一輝』を指名。
しばらくリリーフで磨いてきた投手でスピードも155kmを出す剛腕。
最近では先発もやり、140球を超えても140km後半を出すことができる程のスタミナもあることを証明してくれた。
ベイスターズには法政大の出身が歴史的に多いこともあるが、同じ若手で加賀美がローテに入りつつあるので、お互いに刺激をし合えるだろう。
ただ、先発をやらせるのか、リリーフをやらせるのかは嬉しい悩み。
個人的には明らかにリリーフタイプだと思うので、山口の先発転向案が実現するのではないかと想像。
戦略的には1位と2位が逆だと思うのだが。

(3位指名)
3位では社会人右腕の『井納翔一』。
26歳という年齢はあるが、即戦力右腕であることは確か。
ストレートは140km後半が出る。
長身でありながら、フォームの安定感もある。
これで2・3位が即戦力右腕だが、井納の場合はおそらく先発だろう。

(4位指名)
『赤堀大智』を4位指名。
これは全く情報が出ていなかったが、外野手はライトを見れば分かるように補強ポイントだった。
188cm90kgという大型でスラッガーなのは確かだが、それに加えて強肩と足の速さもある。
同じ右のスラッガータイプで白崎も獲っていることもあり、ここを1つ重点に挙げている様子。

(5位指名)
5位では『安部建輝』。
安部も3位の井納と同様に年齢が26歳らしいが、フォームが安定した右腕。
140km中盤の速球が出るが、少しコントロールに不安がありそう。
井納と非常に似たイメージがあり、こちらもまとまりのあるタイプ。

(6位指名)
6位では『宮崎敏郎』。
1位・4位も右打者だったが、こちらはどちらかと言うとタイプがアベレージ。
身長が低いため迫力に欠けるが、一発も出る力は持っている。
内野の守備としては強肩を持つ。
プロで二遊間を守れるかどうかは微妙だが、都市対抗ではセカンドも守っていた。
足も速いが、プロでは勝負できる程ではなさそう。
何をウリにするのか、少し考える選手。

(育成1位指名)
育成1位は『今井金太』。
強みはストレートで140km後半が出る。
ただ、フォームが少し上半身主導・テイクバックが大きめということから、腕投げになり易く安定感に欠ける。
しかしながら、奪三振率は高く、資質は以前から注目されていた程。
ここで初めて高校生を指名。


―2012年のドラフトは以上で終了しました。
昨年は高校生ばかりを指名して将来性に懸けるという戦略が明らかに見えましたが、今回はバランスを取ったのか大学生・社会人を大量指名。
高校生は打って変わって育成枠の1人のみ。
今回も明らかな方針があってのドラフトができたということになるでしょう。
世代以外にも、補強ポイントである右のスラッガータイプや先発駒にまとめている。
三嶋は弱冠リリーフを念頭に置いているのではないかと思わせるが、先発も可能ではあるし、彼をリリーフに回したところで先発転向案を実現させる可能性もある。
ある意味間接的な先発補強にもなり得る。
1位を外してしまったことはあったが、球団の意図は見え、良いドラフトは行ったのではないだろうか。
点数を付けるとすれば、「85点」にしておく。
それにしても、先発左腕は獲らなくても良いのか不安になる。


横浜ベイスターズブログランキング:5位/野球ブログランキング:131位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。


スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズドラフト | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<来季コーチ陣発表。 | ホーム | 2013シーズン構想③:ドラフト戦略(2)。>>

コメント

bay love です、こんにちは、
東浜はひじ通再発のおそれもあるのであまりショックはありません、
7月ころブロガーさんと話題になっていたショート問題が解決しそうなのでむしろ良かったのでは、

2位はパワーピッチャー 先発をしてほしいですが,手薄な8回を任せられそうなのでこれも良かったのでは 8回9回を155kmで押しまくれ

3位も188センチ90kgとパワーがありそうで楽しみな選手、オオバケしてほしいが

1,2位は即戦力になりそうなので90点位はつけてもいいのでは、これで松葉が取れていれば100点だったのですが(笑)、ブランコは駄目そうなのでDENAパワーで30発くらい打てる新外国人ですね

では又。

2012-10-26 Fri 08:49 | URL | bay love [ 編集 ]
bay loveさんへ

確かに東浜はリスクもありますからね…。

ショート問題の解決、そういえば話題になっていました。
そういう意味でも白崎の獲得は評価できるのかもしれませんね。
ただ、問題はプロで守れるだけの遊撃守備ができるのか怪しいところですが。

90点、ですか。
松葉に関しては、獲れる機会はあったのですが…残念でしたね。

ブランコについても厳しそうですね。
30発打てる外国人を獲るのはこの球団だとおそらく困難すぎる宿題ですが、スカウトを信じるしかありませんかね…。
2012-10-26 Fri 14:16 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。