FC2ブログ

ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ブランコ獲得決定的?

どうやら、補強第1弾は福留ではなく、ブランコになりそうな気配がしてきました。

横浜ベイスターズブログランキング:8位/野球ブログランキング:161位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。



キヨシの補強第1弾だ。DeNAが中日トニ・ブランコ内野手(31)の獲得が濃厚となっていることが30日、明らかになった。課題の得点力不足解消に向け水面下で調査を続けており、2年総額5億円(推定)の複数年契約を用意。中日も残留要請を行っているが、ブランコの在京球団希望の意思もプラス材料になるとみられる。4年で通算111本塁打の大砲が獲得できれば、5年連続最下位からの脱出へ大きな戦力となりそうだ。
DeNAが大型補強に乗り出す。先発投手陣の強化とともに、右打者の大砲は補強ポイントに挙げていた。その中で本命に浮上しているのが、来日4年間で111本塁打をマークしているブランコ。今季で中日との契約が切れることから、猛アタックをかける方針を固めている。
中日サイドも残留交渉で単年、複数年の2案を提示中とみられるが、合意には至っていない。これまではシーズン終了後に契約を完了させてきたが、今季はサインをせず、25日に母国ドミニカ共和国に帰国。その際は「自分の気持ちは名古屋」と話していたが、在京球団でのプレーを希望しているという。この点でもDeNAは有利だが、さらに出来高も含め2年5億円前後の大型契約を用意する方針。チーム立て直しに必要という熱意も強く、ブランコはDeNAを選択する可能性が高いとみられる。
貧打に苦しんだチームには願ってもない大砲だ。今季のチーム打率2割3分3厘は12球団ワースト。ベテランのラミレス、中村が主軸を担ってきたが、シーズンを通して得点力不足に悩まされた。2選手ともに年齢的な問題もある。左には3年目にして初めて規定打席に到達した筒香がいるものの、成長過程であることは否めない。中畑監督もかねて「中軸が打てる右の大砲が必要」と話していたように、右の長距離砲の補強は急務だった。
ブランコは今季、左手中手骨骨折の影響もあり、96試合の出場にとどまったが、5月には月間MVPを獲得するなど得点源として力を発揮。ヤクルトとのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第3戦では、逆転満塁本塁打でファイナルステージ進出を決めるなど、勝負強さをアピールした。
DeNAは31歳という年齢に加え、日本野球への適応力、そして何よりも実績を高く評価。ポジションは一塁起用が想定され、今季一塁で75試合に先発出場した中村が三塁に回ることが濃厚。筒香と中村による正三塁手争い、さらにラミレスも含めた4番争いにより、チーム内での相乗効果も期待できる。
投手陣の整備についても、中日で今季リリーフとして53試合に登板し、防御率1・85をマークしたホルヘ・ソーサ投手(35)も獲得に向けて調査中。中畑DeNA勝負の2年目へ、まずは中日の助っ人ダブル取りを進めていく構えだ。(日刊)

DeNAが中日のトニ・ブランコ内野手(31)を獲得することが3日、確実となった。両球団の争奪戦になるとみられていたが、関係者の話を総合すると、この日までにブランコ側が中日のオファーを断る意思を固めた。5年連続最下位から脱出へ通算111本塁打の助っ人は待望の大砲。中村、ラミレスと組めば通算879本塁打の超強力クリーンアップが完成する。
ブランコの保有権は11月まで中日にあるため交渉はできないが、中日を上回る2年5億円の条件を用意。池田球団社長が「名前は聞いています」と言うように大補強の目玉として調査。もともと横浜の街に好印象を持つブランコの気持ちが、DeNAに傾いたようだ。12月上旬にも正式決定となり、愛着のある背番号「42」を提示して最大限の誠意で迎え入れる。
今季は、チーム打率がリーグワーストの2割3分3厘、同5位の66本塁打と得点力不足に苦しんだ。ブランコと通算378本塁打のラミレス、390本塁打の中村が並べば破壊力は抜群。ブランコの加入で伸び盛りの筒香も加えた一塁、三塁の競争が激化し、相乗効果も期待できる。獲得が決定的な前ヤンキース・福留も加われば、球界屈指の強力打線になる。
シーズン終了直後、DeNA本社の守安社長は「戦力補強して言い訳できない環境で戦ってもらう」と大補強を明言していた。打者有利とされる本拠地、横浜スタジアムではこれまで以上に長打が期待できる。09年に39本塁打で本塁打王を獲得した大砲が、CS進出を目指すチームの救世主となる。(報知)


さて、先日ブランコを獲得濃厚との記事が日刊で出ましたが、それに加えて報知でも出ました。
私個人的には、日刊が出た段階では流動的だと思っていたので取り上げませんでしたが、2メディアで確認できたので一定の信憑性はあると判断し取り上げます。

補強ポイントとしては一見ずれているかのようには見えますが、私は必要な補強だと感じています。
1・3塁に中村・筒香と確かに置けば埋まるのですが、筒香は成績的に固定するにはまだ早く、中村に関しても終盤の失速を見る限り来季も計算はできません。
となれば、新たな補強をすべきポジションだと考えることもでき、中村は筒香の“壁”になってもらうという方針が現段階では正しい判断でしょうね。

果たして、12月には獲得成立との記事が出るのでしょうか。
11月までは契約できないようなので、とりあえず静観するしかありません。
福留の方もメジャーを視野に入れての交渉ということで、実際決まるのは同じ時期かもしれませんね。


横浜ベイスターズブログランキング:8位/野球ブログランキング:161位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。


スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ記事 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<まさかの補強第1弾はトレードか。 | ホーム | 来季コーチ陣発表。>>

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2012-11-04 Sun 10:25 | | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。