FC2ブログ

ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

あの補強第1弾トレードが実現?

噂されていたトレードがどうやら正式に決まったようですが…


横浜ベイスターズブログランキング:8位/野球ブログランキング:136位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。



DeNAは5日、江尻慎太郎投手、山本省吾投手、吉村裕基外野手と、ソフトバンクの多村仁志外野手、吉川輝昭投手、神内靖投手との3対3のトレードが合意したことを発表した。
多村は06年に当時ソフトバンクの寺原投手との交換トレードで移籍しており、6年ぶりの古巣復帰となる。神内投手は手薄な左の先発投手として期待されている。(デイリー)


これを見て、以前あった記事とはかなり違うと誰もが思ったことでしょう。

どうやら江尻を新たに加えて3対3にし、さらに相手は大場を多村と吉川に変えたようです。
確かに先発右腕は補強ポイントではなかったとは言えますが。
おそらく左腕が欲しいということで、吉村と神内のトレードを中心に考えていたのでしょう。
出す選手として江尻を加えたことについては、確かに今季は彼がいない中でリリーフは機能していましたから、過剰な戦力だと判断したのかもしれませんね。
ただし、ソーサの獲得まで視野に入れている球団が同じリリーフの江尻を手放すというのは整合性がない印象もあります。
もしかすると、山口の先発転向案はなくなった可能性もありますし、逆にソーサとの交渉が上手くいっている可能性もあるにはあります。

それにしても、元ベイの2人が帰ってくるとは…何となく多村は帰ってきそうな気配はしていましたが。
吉川はリリーフ要員ですが、多村は空いていたライトにハマる選手ではあります。
おそらく先発右腕よりレギュラー外野手を獲得したいとフロントは考えたのでしょう。
となると、福留の動向が問題になってきます。
もし福留への交渉が上手くいっていないとなれば、このトレードになったのが理解できます。
一方で上手くいっているのであれば、わざわざライトにレギュラー級の選手は要らないはず。
第3の可能性としては、福留がメジャーを視野に入れて未だに交渉をしているらしいので、その不確実性を考慮したのかもしれません。
ただ、多村の復帰で福留の心情を損ねてしまう可能性もあるのでは。
もちろんレギュラーで使われることを想定しているはずなので、このトレード内容を福留に理解してもらうのは難しいような気がします。
果たして、福留はどうなるのか、なおさら注目しなくてはなりません。

全体としては、今後しようとしているらしい補強との整合性が微妙なトレードだという印象を持ちます。
少し以前の内容だとこちらに分があるかなという印象だったので、内容の変更はあり得ると思っていましたが、これはフロントに意図を聞きたくなる内容になったと言わざるを得ません。
とは言っても明らかにしないでしょうから、今後の補強の進展から判断していきたいと思います。
少しこのトレードの評価は据え置いておきましょう。


横浜ベイスターズブログランキング:8位/野球ブログランキング:136位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。


スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ記事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今度の標的は… | ホーム | 新沼の後任選手会長は…>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。