FC2ブログ

ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

補強第8弾は外国人…捕手?

さて、さらなる補強情報が入ってきました。

横浜ベイスターズブログランキング:14位/野球ブログランキング:245位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。



中畑DeNAがまたまた補強に動いた。DeNAが沖縄・宜野湾での春季キャンプで、カージナルス傘下マイナーでプレーしたベネズエラ人のケビン・モスカテル捕手(21)をテストすることが28日、分かった。合格すれば育成契約を結ぶ方針。オフは中日からトニ・ブランコ内野手(32)ら3人を即戦力として補強してきたが、今回はまずは育成スタート。外国人という異例の捕手補強だが、長年の課題である正捕手の“自前育成”の意味合いも強い。
DeNAが驚きの補強に乗り出した。すでに中日からブランコ、ソト、ソーサを“強奪”し、メジャーからはナイジャー・モーガン外野手(32=ブルワーズ)を獲得。さらにトレードで多村、神内、吉川、土屋、さらにドラフトでは1位白崎浩之内野手(22=駒大)2位三嶋一輝投手(22=法大)らを補強した。それに続く外国人5人目はまったく無名で、メジャー経験のないベネズエラ出身のモスカテル。ポジションも、日本での成功例の少ない捕手と異例ずくめだが、目的も外国人捕手の育成と極めて珍しい。
モスカテルはカージナルス傘下のマイナーで4年間プレーし、最高所属は1A。通算打率2割1分3厘の本塁打2本と抜きんでた成績は残していない。セールスポイントを挙げるとすれば、185センチの恵まれた体格と強肩だ。
チームにとって、投手陣の強化と正捕手の固定が数年来の課題だ。昨季もルーキー高城、鶴岡、黒羽根の3人を併用し、レギュラーを固定することはできなかった。高田GMが「ドラフトで即戦力の捕手をとることは難しい」と話していた通り、捕手は技術だけでなく経験が必要となるポジション。1年目からスタメンマスクを託せる逸材は競合必至で獲得できる保証はない。
球団内で浮上したのは身体能力に優れた若い外国人を見つけ出し、一から育てるプラン。3~5年という時間をかけ、日本野球を教え込む。モスカテルは日本でのプレーを希望して自ら売り込んでくるなど、ハングリー精神も旺盛と判断してテストに踏み切った。
キャンプでは早期に合否は決めず、約1カ月間をかけて肩、体の強さ、そして日本野球への適応力を見極める。1軍で様子を見ながら、途中から嘉手納での2軍キャンプに合流する可能性もある。
外国人捕手の最大の壁となる日本語は、寮生活の中で習得させる。通訳も、ある程度慣れた段階からはつけない方針だ。課題は多いが、チームには同じベネズエラ出身のラミレスが在籍し、今季から2軍バッテリーコーチを務める新沼氏が育成担当であることも心強い。本気で“生え抜き”外国人捕手の育成に取り組む。
◆ケビン・モスカテル 1991年5月16日、ベネズエラのミランダ出身。16歳の07年7月2日にカージナルスと契約。マイナー通算は121試合に出場して打率2割1分3厘、2本塁打、41打点。カ軍傘下で4年プレーして最高所属は1Aで、11年11月に解雇された。右投げ右打ち。185センチ、79キロ。(日刊)


この記事にあるように、名前が挙がったのはまだ21歳の外国人捕手。
確かに日本ではロッテにいたディアスなど数少ない事例しかないのですが、新たなチャレンジとしては良いと思います。
ベイスターズの将来の正捕手候補として高城がいますが、彼が今年20歳。
その上でレギュラーを狙う黒羽根が26歳なので、少し間が空いてしまうのも気になっていました。
ですから、私は今年か来年のドラフトで獲るのではと思っていましたが、まさかの外国人とは意表を突かれましたとしか言いようがありません。
高城には強力なライバルが誕生するかもしれませんね。

いずれにせよ、捕手は育成に最も時間のかかるポジション。
それに加え、外国人であるためコミュニケーションの問題も念頭に置けば、すぐに補強効果が出るとは言えませんが、将来を見越した良い補強になる可能性は大いに含んでいます。
こうしたチャレンジを次々に行ってほしいものです。

何より、自ら売り込みに来たという姿勢に期待してみたいですね。


横浜ベイスターズブログランキング:14位/野球ブログランキング:245位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。




スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ記事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2013年第1回アンケート結果。 | ホーム | 補強第7弾は青木との競争に敗れた“あの選手”?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。