ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2月16日、練習試合VS日本ハム。

今日はキャンプ中の練習試合ですが、テレビ中継があったので更新します。

今日の見どころ・・・三嶋の先発試合。

横浜ベイスターズブログランキング:14位/野球ブログランキング:254位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ


―試合―
DeNAは1回から打線が機能。
石川が先頭打者本塁打をライトスタンドへ放つと、繋がる打線は荒波・高城のタイムリーで3点を追加。
そのあとのイニングでもルーキー赤堀のソロ、松本・筒香のタイムリーでリードを引き離す。
同点に追いつかれても、7回に山崎がタイムリーを打って勝ち越す。
一方の投手陣はルーキーに明暗。
先発の大卒・三嶋は2回を投げて見事に無安打零封だったが、社会人出の阿部が不本意な投球で2回6失点。
一時は5・6点開いていた点差を一気に阿部で縮められてしまった。
さらに3人目のルーキー井納は勝ち越し点を奪われた。
ただ、その間に挟まっていた昨年アピールできた加賀美や佐藤も1失点している。
やはり今年も投手陣が課題になってしまうのだろうか。



―打撃面―
全体的に狙った球をしっかり振り切っている。
昨年はシーズン途中から当てに行くようなスイングが再発してきてしまっていたため、そこがキャンプでのテーマの1つになっていたのではないか。
これに関しては、必ずしも結果の出なかった選手たちも体現できているので、チームに浸透していることがよく分かる。
結果はどうあれ、まずは振らなければ話にならないので、まずはこういった意識を大切にして欲しい。

今日のMVPは石川だろう。
3打数3安打1本塁打1打点1四球という大活躍。
以前から調子が良いとは聞いていたが、それが結果に出た。
昨年から良くなった選球眼もあり、上手く打ち分けられている。
残念ながら盗塁をするシーンが見られなかったが、彼はもう足しかない打者ではない。
足は重要な強みだが、石川にとっての足はもはやプラスアルファの考え方で良いのではないか。

他に複数安打が放ったのは、筒香・赤堀・荒波・松本。
この4人とも重要な場面で打っているが、松本に良いところでのヒットが2本あったことが大きい。
もはや筒香と荒波にはこれくらい打ってくれないと困るが、松本が打ってくれると昨年課題だったライトでの良い競争が見られるはず。
元々松本はチャンスに強いが、こういうところを見せられると守備要員としてだけでなく代打でも1軍に置いてもらえる。
そして同じライトの競争に加わってほしいルーキー赤堀も結果を出したのも素晴らしい。
彼に至っては1本塁打もあり、力強い打球が魅力であることをアピール。
足が使えるほどの物なのかどうかはよく分からなかったので、次はそこを見たい。

また、一番ファンが気になるモーガンは1安打。
評判通り、思い切りの良いスイングが常に見られ、塁に出てもムードメーカー的存在にこの時点でなってしまっていることが分かる。
このチームには球界屈指のムードメーカーであるラミレスや森本もいて、さらに監督…もいるので、さらに賑やかな試合が期待できそう。
野球には流れというのが重要な役目を果たすので、彼らに試合内外で盛り上げてもらって良い流れをもたらしてほしい。

一方でブレーキだったのが内村。
エンドランもあったが投手正面の力無いゴロになるなど無安打。
内容も良くないので、まだまだ調整する必要がある。
貴重な2番打者に変わりはなく、調整を早めてほしい。



―投球面―
先発の三嶋は立ち上がりに球が流れてしまい四球を連発。
しかし、それでも球威は素晴らしい球。
さらに言えば、この手の投手にしては珍しい気はするが、クイックができる投手だと分かった。
1回は2つの四球で1塁に置くシーンが2つあったが、どちらも高城の強肩もあってのことだが、余裕でアウトにしている。
そして2回はストレートを低めに収めて、しっかり三者凡退に取るところを見ると即戦力だと判断できる。
課題は立ち上がりに見えた球離れの早さ。
体の開きを直さなければいけないことは彼の大学自体から変わらない課題であり、今後1・2年で改善したい。
それを差し引いても、十分なアピールができたと思う。

2番手は2回1失点だった加賀美。
期待したい若手の国吉と並ぶエース候補だが、今日のピッチングをみる限りまだ完成度は高くない。
特に変化球が抜けすぎている。
ストレートの方は問題ないと思えるので、彼の持ち味であるチェンジアップ・フォークの完成度を高めるべき。

3番手は社会人ルーキーの阿部だったが、2イニング目に掴まり修正できず6失点。
1イニング目は安定したまとまりを見せていたが、次のイニングで球が高く浮いてしまっていた。
どの球も浮き出してしまっていたため、打ちとれるような雰囲気が全くなかった。
タイプ的には先発だろうが、決め球がないだけにコントロールを乱すと投げる球がなくなるようだ。
全体的にまとまりは感じるのでそんなにゲームを壊すタイプではなさそうだが、何かこれといった球が欲しい。

4番手は昨年終盤にアピールしてきた佐藤。
問題は右打者への投球だが、投げている球はこの時期にしては悪くない。
右打者への外角に抜けてしまうような球が多すぎるため、それを上手く流されてしまった。
もう少し腕を上げられると良いような気はするが、昨年終盤のイメージを体現することが彼の近道。
今のチーム状況だと左の中継ぎは決して手薄ではないため、しっかりシーズン前にアピールできないと使ってもらえないだろう。

5番手は三度ルーキーの井納。
ストレートには力があり、大きなカーブも使える。
ただ、ストレートの球威が三嶋のように甘くても良いというほどではない。
それだけに上手く合わされてしまうことが強く印象に残る。
そこまで長打を食らう雰囲気はないが、もう少し大きな身体を上手くボールに乗せて投げたい。



―守備面―
まず取り上げなければいけないのが2年目となる高城。
どうやらオフにやっていた谷繁との自主トレが功を奏している様子。
昨年課題の1つとして残ったスローイングが改善。
少し3塁への盗塁を決められたシーンを見ると、捕ってからの早さにはまだ課題があるが、それも少し修正されている感がある。

一方で、外野を守った若手たちには不安。
特に主に内野手である桑原とルーキー赤堀の打球の追い方は改善してほしい。
ハマスタは今回練習試合の会場となった名護と同じく、風が強い。
そのため、打球の追い方は他の本拠地を使用するチームより神経を費やさなければならない。
まだ経験が浅いのは確かだが、この守備だと外野を任せるには心許ない。

横浜ベイスターズブログランキング:14位/野球ブログランキング:254位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズキャンプ | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<筒香、また足首を… | ホーム | 補強第8弾:モスカテル…合格。>>

コメント

詳しいレポートをありがとうございました。
拝見するに三嶋は良かったようですね。また、ウィンターリーグで活躍した松本にも結果がでたようで何よりです。
さて、一番気になったのは遊撃の守備。そう、石川の守備です。レポートに記載がないので無難にこなしたのかと思いますが…
2013-02-16 Sat 19:26 | URL | ケンシロウ [ 編集 ]
ケンシロウさんへ

三嶋は立ち上がりに力みは見られましたが、良い球を放っていました。
松本も良い内容でした。

石川の守備についてですが、今日は無難でした。
仰るように特別記載していないのは良い意味でも悪い意味でも書くことがなかったためです(笑)。
確かにセカンドやライトを昨年はやっていましたので、書くべきだったかもしれないですね…
2013-02-16 Sat 21:16 | URL | baystars fan [ 編集 ]
落ち着いたかに見える山口の抑え起用ですが、不本意ではあるでしょうが、先発をやってもらった方がいいのではないでしょうか?
今のチーム状態では試合終盤までリードするのは難しいので…。もちろん前半戦の戦いをみてからでもいいのですが。
2013-02-21 Thu 11:11 | URL | トリモノ [ 編集 ]
トリモノさんへ

確かに昨年のように登板機会の問題が出てくるかもしれませんね…。
ただ、現時点では他に1年間抑えができる投手がいないと言わざるを得ないような気がします。
もしチーム状況が変わらなければ、その時に対応を検討するしかないのではないでしょうか。
とはいえ、もしシーズン中に先発をやらせるかもということなら、早めに決断しなければならないですが。

そういえば、ソーサについては先発の可能性を言及していたような…
2013-02-21 Thu 14:49 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。