ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

3月16日、オープン戦VSソフトバンク。

今日の見どころ…投手がゲームを作れるか。

*なお、本日も試合中継は3時までということになっていますので、そこまでお伝えします。

横浜ベイスターズブログランキング:9位/野球ブログランキング:109位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ


(試合開始前情報)
穏やかな陽気。



-スタメン―
1:石川(遊)5-2、1本塁打、1打点
2:梶谷(二)4-2、1本塁打、1打点、1四球、1盗塁
3:モーガン(右)3-1、1死球
4:ブランコ(一)3-1、1本塁打、1打点
5:ラミレス(左)2-0、1四球
6:中村(三)3-0
7:荒波(中)4-2、1打点
8:高城(捕)3-1、1盗許
9:金城(DH)2-0、1死球

―途中出場―
後藤2-1、1本塁打、3打点
多村1-1
渡辺直1-0
松本1-0
小池1-0、1併殺
鶴岡

―投手―
先発:藤井(5回、2奪三振、4被安打、1与四球、1失点)
2番手:加賀美(4回、4奪三振、8被安打、4与四球、6失点、3自責)



―試合―
8x-7。

1回表:先発は藤井。先頭に外角を続けるが内角を攻めずヒット、エンドランでサードゴロを打たせるが1塁をアウトにして1死2塁。しかし後続を打たせて取って防ぐ。
1回裏:1死から梶谷がやや外角の甘い球を流すと、そこまで当たりは良くなさそうで風も強くはないのだが伸びてレフトスタンドへの先制ソロホームラン。2死からブランコが初球を吹っ飛ばすと、これもレフトへのソロホームラン。

2回表:先頭に甘く入りヒット、続いて進塁打を打たれる。しかし後続をストライク先行で抑える。
2回裏:1死から荒波が外角をセンターへのヒットで1死1塁。高城の打席でエンドランもファール、3-2から再びエンドランの形になりショートゴロが進塁打となる。続く金城はデッドで2死1・2塁。しかし石川の良い打球は投手の足元に収まる。

3回表:三者凡退。
3回裏:1死からモーガンが緩い変化球に避けずデッド、ブランコの打席でランエンドヒットの形になりボール球を打ちに行って進塁打。ここでラミレスは四球を選び、2死1・2塁。しかし、中村は粘るも相手のコントロールが乱れずセカンドゴロ。

4回表:1死から甘めに入り吹っ飛ばされソロ。2死から四球も、相手吉村に対して初球を変化球で攻めて凌ぐ。
4回裏:1死から高城が高めの変化球を左中間へ落としてヒットも、後続は簡単に打ち上げてしまう。

5回表:2死からヒット、続く盗塁で高城は掴み直したこともあり刺せず。しかし後続を抑える。
5回裏:1死からモーガンが詰まりながら内野の頭を越えてヒットも、ブランコの打席でモーガンが再びスタートを切るが打ちあげてしまいキャッチャーファールフライで2死1塁。ラミレスは微妙な当たりを打つが、足が遅いためセカンドゴロ。

6回表:2番手は加賀美。先頭に逆球を打たれ同点ソロを浴びる。1死からヒット、後続にインコース寄りのストレートが真ん中に流れてしまい2ラン。さらにストレートを打ち返されヒットも、ここは三振。
6回裏:1死から荒波が初球をまた簡単に打ち上げるが相手細川のミスで助かるも、引っ掛け2死。結局三者凡退。

7回表:1死から高めに変化球が抜け続けて四球、暴投でピンチ。さらに四球で1死1・2塁。その後は何とか抑える。
7回裏:1死から石川がストレートを捉えて鋭い当たりがライトスタンドへソロ。続いて梶谷が四球、モーガンへの初球で盗塁を敢行し、モーガンも空振ると相手捕手が動揺したか落として成功。しかしモーガンはストレートに合わず三振。途中出場の後藤も三振。

8回表:1死から吉村に初球甘い変化球を打たれヒット、さらに外角のストレートをヒットされ1死1・2塁。さらに落ちる球でワンバウンドを高城が止めるが暴投で進塁される。するとワンバウンドしそうなボール球を掬いあげられ犠牲フライ、さらに2塁走者を3塁でぎりぎり刺せず。
8回裏:先頭の多村が粘ると3-2から甘いストレートを打ち返し、相手センターの拙い追い方もあったが痛烈な当たりで2塁打。続く渡辺直が進塁打狙いの打撃を見せて、多村を3塁へ。ここで荒波が初球を痛打し、ライトの前へタイムリーヒット。しかし、代打・小池は併殺。

9回表:1死から低めには行ったがストレートをソロ。さらに今度は変化球が甘く入りソロ。2死から連続ヒットを打たれるが、後続を抑える。
9回裏:1死から石川が外角低めの落ちる球を流してヒット、さらに梶谷が詰まっただろうが高めを腕を畳んで引っ張りヒットで1死1・3塁。ここで途中出場の松本が粘ると、ショートへの痛烈な強襲を見せて記録はエラーながら良い打球を放ち石川をホームへ、梶谷が3塁へ。すると途中出場の後藤が初球甘い球をフルスイングしてレフトスタンドへ飛び込むサヨナラ3ラン。



―打撃面―
(1回)
1死から梶谷の詰まったような当たりがまさかのフェンス越えで先制ソロ。
さらに2死から今度は本命のブランコがソロで追加点。
そのほかの打者も良い当たりはしている。
(2回)
1死からチャンスを作るが、石川の打球は不運にも勢いが止まる。
(3回)
1死からモーガンが出塁しチャンスを作るが、中村は粘りながら倒れる。
ブランコの打席でモーガンがスタートを切ったが、これはすでに追い込まれていること、打者がブランコであることを考えると、彼自身が盗塁できると思って走った可能性が高い。
(7回)
1死から石川が相手ファルケンボーグのストレートを弾き返しソロ。
その後、梶谷のチャンスメイクも、モーガン・後藤はストレートに合わず三振。
(8回)
先頭の多村が2塁打、渡辺直が進塁させてチャンス。
ここで荒波がきれいに捉えてタイムリーヒット。
得点→失点ときていただけに、このイニングの得点は大きい。
(9回)
1死から石川・梶谷が上手く打ち返しチャンス。
すると松本が粘った末にヒット性の打球でタイムリーエラー、続く後藤が流れに逆らわず初球を叩きサヨナラホームランで勝利。

全体的に良いスイングができているのは最近の試合から引き続きである。
石川・梶谷・荒波といったようなところも強いスイングができているので、上から下まで気を抜かせない。
打線で勝つことができたと言える。
特に終盤での得点後の加賀美の不甲斐ない投球をすべて帳消しにしてしまうのは圧巻だった。
途中出場組も良いスイングができている結果だろう。

選手個人としては、最後にサヨナラホームランを打った後藤も素晴らしいが、その前の松本に私はヒーロー賞をあげたい。
確かにタイムリーエラーということではあるが、記録の問題にすぎず実際はタイムリーヒットに近い。
これも粘った末の結果であり、こういった勝負強さは負け続けるチームには良い起爆剤。
元々得点圏打率はいわゆる打率に比べて高く出る選手なのだが。
もしかすると今年のキーマンかもしれない。
モーガンも貴重な戦力で使っていかなければならないが、せっかく指名打者を設定できるので松本もスタメンで見たい。



―投手面―
先発は昨年期待以上の活躍をした左腕・藤井。
(1回)
立ち上がりは少し外角へのボールでストライクを取ってもらえずカウントに苦しみピンチもあったが凌ぐ。
序盤でもストレートは130km中盤なので、ほぼ昨シーズンの状態に戻している様子。
(2回)
先頭に甘く入り打たれるが、後続ではストライクを先行させて抑える。
ストレートの球速は最速が137km程度、投げた後のアクションも強く出るようになったので、本人も状態が良いと思っているのでは。
(3回)
本来の打たせて取る投球を継続。
上手く緩急を使っている。
(4回)
1死から内角にスライダーを要求したが、それよりやや真ん中に入ってしまい一番手の届く場所となりソロを浴びる。
(5回)
2死からヒット、盗塁でピンチを招くが抑える。
―藤井は特に問題なく、予定の5回を投げ終えた。昨シーズンの投球とほとんど既に変わりはない。ストレートも常時130km中盤出ているし、変化球も昨シーズン中と同じ水準まで上げてきている。もしかするとベイスターズの先発陣の中で最も状態が良い投手かもしれない。今年も今日のように5・6回を3失点以内で安定して投げてくれることを期待したい。また、少し注目したのは高城と昨年バッテリーを組んだことがなかったこと。というわけで、私は初めてこのバッテリーを見たが、そこまで呼吸があっていないことはなく、藤井も投げづらい感じもなかった。藤井のコメント「強力打線に対して守りに入らないように気を付けた」

2番手は加賀美、高崎の怪我に関係なく開幕ローテに入ってくれないと困る1人。
予定は9回まで、らしい。
(6回)
先頭にストレートをソロにされると、1死から再びストレートを痛打され3失点。
(7回)
ストライクの入らない変化球で四球を連発するが、そのあとは甘い球ながら抑える。
(8回)
少し変化球がストライクゾーンに入ってくるようになったが、暴投が余計だった。
ただ、このイニングの投球内容ならそこそこ抑えられるはず。
とはいえ、この回は失点してはいけない場面。
(9回)
8回のリベンジをしなければいけない、絶対に失点は許されないマウンド。
1死から連続ソロを浴びてしまう。
その後のピンチは抑えるが…
―加賀美は終始ストレートには力がなく、チェンジアップ・カーブが高めに入ってしまう。フォークだけは良かったと思うのだが、正直それだけでは抑えられない。確かに全体のコントロールに関しては、6・7回より8・9回の方が良くはなったが、一言でまとめれば「調整不足」ではないか。開幕までもう少し日はあるので、2・3イニングを2度ほど投げさせて判断してみてはどうだろう。元々スタミナ的な部分は昨シーズンで確認済みなので、状態を戻してくれさえすれば。これだけ打たれてはいるが、おそらく致命的な問題はないと私は思う。おそらく出遅れを取り戻せるかどうかが問題だろう。何となく数年前オープン戦の三浦の状態に近い気がする。投球術がない分、1度打ちこまれると修正が効かないので、状態自体を高めるのが急務。



―守備走塁面―
走塁に関して、モーガンが何度かブランコの打席でスタートを切っているのだが、どちらもブランコが高めのボール球に手を出している。
このあたりの連携といったようなところを確認すべきだろう。
そうとはいっても、ブランコに見逃せというのも酷だが。



(明日の試合の予備知識)
小杉が先発するらしい。
彼も状態が良いようなので、今日の藤井くらいの投球が見れると良いが。

横浜ベイスターズブログランキング:9位/野球ブログランキング:109位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<3月17日、オープン戦VSオリックス。 | ホーム | 3月15日、オープン戦VS阪神。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。