FC2ブログ

ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

3月19日、オープン戦VSソフトバンク。

今日の見どころ…小杉に続け。

*なお、放送時間は3時までなので、そこまでお伝えします。

横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:68位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ


(試合開始前情報)
暑いくらいの台風後のような陽気。



-スタメン―
1:石川(遊)3-0
2:梶谷(二)3-1
3:モーガン(右)3-0
4:ブランコ(一)3-0
5:ラミレス(左)3-0
6:中村(三)2-0、1四球
7:荒波(中)2-0
8:高城(捕)2-0
9:井納(投)1-0

―途中出場―
後藤
金城1-0

―投手―
先発:井納(6回、2奪三振、3被安打、2与四球、1失点)
2番手:神内(1回、1奪三振、1被安打、1失点)
3番手:佐藤(1回、2奪三振、無失点)



―試合―
0-2、8回裏1死1塁現在。

1回表:先発は井納。先頭にストレートで1-2にしたがカーブを初めて投げるが上手く対応されヒット、送りバントでピンチ。この後四球で1死1・2塁。さらに甘く入りタイムリーを打たれる。しかし、後続は打たせて取る。
1回裏:三者凡退。

2回表:1死から追い込むもカウントが悪くなり高めのストレートを2塁打。しかし、後続を抑える。
2回裏:2死から中村が振らず四球も、荒波は初球でタイミングを合わせるが外野フライ。

3回表:三者凡退。
3回裏:三者凡退。

4回表:三者凡退。
4回裏:三者凡退。

5回表:2死からストレートが外れ四球も、後続を抑える。
5回裏:2死から荒波が高めを3塁線に持っていくと、相手サード元横浜の吉村が送球エラー。しかし高城は合わせるも外野フライ。
*井納に打席が回らなかったため、もう1イニング。

6回表:三者凡退。
6回裏:2死からようやくチーム初ヒットとなる梶谷の内野安打が出るが、モーガンの打席で足を使うも打球はセカンド正面。

7回表:2番手は神内。先頭に変化球が逆球になりソロ。
7回裏:三者凡退。

8回表:3番手は佐藤。三者凡退。
8回裏:1死から高城がワンバウンドに手を出すが、相手捕手が後ろにそらし振り逃げ。ここで中継終了。



―打撃面―
スタメンは今日から1週間DHなしということかもしれない。
(1~3回)
相手アンダースロールーキー山中にタイミングが合っていない。
唯一合ったのは1打席目に初球で合わせた荒波か。
(4~5回)
徐々にタイミングを合わせる打者も出てきたが、まだまだ合っていない。
(6回)
2死から梶谷がきわどいゴロを打つと、良いところに転がり内野安打。
しかしモーガンの打席で足を使うが、正面へ。



―投手面―
先発は社会人出身ルーキーの右腕・井納。
(1回)
先頭に初めて投げたカーブを打たれヒット、送りバントでピンチを迎える。
ここで四球を挟み、カウントを悪くした阿多後に甘く2球入ってタイムリーを打たれる。
ただ、この後は落ち着いて抑える。
ストレートは常時140km手前~143kmほど、これに130km台のスライダー、130km前後のスプリット、100km台のカーブを組み合わせる。
(2回)
1死から2塁打も、後続を抑える。
フィールディング・ベースカバーという投手の守備の基本ができている。
120km前後のカーブのような球もあるようだ。
(3回)
三者凡退。
時おり左打者の外角に逃げる球を投げている様子、これはシュートかツーシームだろう。
(4回)
2イニング連続で三者凡退。
2・3km球数をこなして上がってきた。
このイニングはスプリットを早いカウントから多め。
(5回)
2死から四球も、後続を抑える。
今日MAX146kmが計測、ストライク先行。
スプリットも135kmに乗ってきた。
ここまで球数66、1イニング13球ほどで良いリズム。
(6回)
三者凡退。
―井納は5回までという雰囲気もあったが、打席の関係で6回までになった。1回はプロでも苦しむ投手が多いが苦しんだのは確か。ただ、1点を取られた後非常に良い落ち着きぶりで抑えきった。4回あたりからスプリットをカウント球で使い出して、なお安定感が増した感。高城も井納の投球を上手く引き出してリードできた結果だろう。また、今まで投げてきた先発投手は球数が多かった傾向にあるが、彼は6回を投げ切っても79球で十分長いイニング投げられるリズム。これで開幕ローテ入り確定か。

2番手はローテを狙う神内。
(7回)
先頭で変化球を続けるが、逆球になりソロを打たれる。
ただ後続はコントロールに気を付けて三者凡退。
―神内は前回もそうだったが、打たれてから修正できた。やはり長いイニングの方が生きるのではないだろうか。短いと打たれたらそこで終わりだが、先発ならそこから修正してゲームを作りなおせる。一度失点した後に良さが出る投手の場合は先発あるいはロングリリーフといった複数イニングを任せた方が良い。

3番手はリリーフの1枠を狙う左腕・佐藤。
(8回)
三者凡退。
テンポよくスライダーとストレートのコンビネーション。
―前回は四球連発で2回4失点と炎上した佐藤だが、今日は非常に良い球を投げテンポよく抑えてくれた。まだ昨年終盤に見せた状態にはほど遠いが、今日のような気迫のある投球が彼の持ち味のはず。



―守備走塁面―
相手の先発アンダースロー山中に合わないのは仕方ないが、それでも足の速い走者の出塁が2度。
このうち1度は梶谷が走って、モーガンが打つというシーンはあったが、これは何となくランエンドヒットになったという形に見えた。
もう少し積極的に足を使って、こういった膠着した時に打開する姿勢を見せてほしい。
どこからでも一発の期待が出る打線を組めるのは良いが、こういった膠着した時に何もできないでは困る。
WBCを見てもそうだが、打てない試合では足を使えるか使えないかが大きなポイントになる。
今日のスタメンなら石川・梶谷・荒波が出塁したなら、後続の一発に期待せず打てていないのだから積極的にリスクを取ってほしい。

横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:68位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<3月20日、オープン戦VS楽天。 | ホーム | 3月17日、オープン戦VSオリックス。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。