ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

3月20日、オープン戦VS楽天。

今日の見どころ…打撃陣は昨日のイメージを払拭できるか。

*なお、本日も中継終了時間3時までの内容をお伝えします。

横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:67位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。



(試合開始前情報)
少し曇ってきたが、問題なさそう。



-スタメン―
1:石川(遊)3-0
2:内村(二)3-1
3:モーガン(右)3-0
4:ブランコ(一)3-0
5:ラミレス(左)2-1
6:渡辺直(三)2-1
7:荒波(中)2-1、1打点
8:高城(捕)2-0、1盗許
9:ソト(投)1-0

―途中出場―
中村1-0

―投手―
先発:ソト(5回、3奪三振、6被安打、1与四球、2失点)
2番手:田中(1回、1奪三振、1被安打、2与四球、1失点



―試合―
1-3、6回裏終了現在。

1回表:先発はソト。1死から元横浜・藤田に高いバウンドを打たれ内野安打、続いて詰まらせながらヒットでピンチ。この後のセカンドゴロで内村が1塁を選択し2死2・3塁。続いて3-0から完璧な球を3球続けるが、最後だけ惜しくも外れ四球。しかし、後続を打たせる。
1回裏:三者凡退。

2回表:三者凡退。
2回裏:1死からラミレスが高めを上手く打ってセンターへのヒットも、後続は倒れる。

3回表:2死から高いバウンドで二遊間を抜けるかと思ったが内村が捕球し内野安打、続く打席で盗塁を試みられ高城の送球が高く抜けてしまう。さらに高く入り流されてタイムリー2塁打で先制される。さらに高く詰まらせるがライト前になり、モーガンの送球がホームベースから逸れてしまいタイムリー、打者走者も2塁へ。しかし、後続は三振。
3回裏:三者凡退。

4回表:三者凡退。
4回裏:三者凡退。

5回表:2死から3-2で低めをヒットも、後続を抑える。
5回裏:1死から渡辺直が引っ張り2塁打。すると荒波も強打しセンター越えのタイムリー2塁打。しかし、高城は引っ張ってしまいショートフライ。代打・中村は三振。

6回表:2番手は田中。先頭に際どい球を続けるが四球、送りバントでピンチ。続いてきれいに引っ張られタイムリー2塁打。さらに四球で1死1・2塁。しかし、後続は抑える。
6回裏:1死から内村が初球を捉えヒット、モーガンの進塁打で2死2塁。しかしブランコは三振。

7回表:イニングに入る前に中継終了。



―打撃面―
(2回)
1死からラミレスが技を見せヒットも、続く渡辺直の右打ちは外野フライ。
(5回)
1死から真ん中にストレートが来て渡辺直が捉え2塁打でチャンス。
すると荒波が捉えた打球が外野を越えてタイムリー2塁打。
しかし高城が進塁させられない。
(6回)
1死から内村が初球をヒット、モーガンの詰まった内野ゴロで2死2塁。
しかしブランコは高めに空を切る。



―投手面―
先発はやってもらわなければ困る主力先発の1人・ソト。
(1回)
コントロールミスもあって当たりは良くないながら連打で1死1・2塁とされる。
この後、内村の微妙なプレーで2死2・3塁、四球で満塁になるが抑える。
ソトは粘れるのが強みか。
(2回)
三者凡退。
このイニングは内村に助けられる。
(3回)
2死から内村のファインプレーながら内野安打、高城の送球ミスもあり盗塁で2死2塁。
ここからモーガンの送球ミスもあって、タイムリー2本で2点。
確かに守備のミスもあったが、投げている球も高い。
ただ、内容はさほど悪くないので心配は要らなそうだが。
(4回)
三者凡退。
この回からチェンジアップを使い始めたか。
(5回)
2死からヒットも、後続を抑える。
―ソトは前回と同じような状態を維持していたが、少し高くストレートが入るシーンが多かった。その分失点してしまったということだろうが、味方のミスも考慮したい。今回は5回まで見られたが、スタミナ面が不明なので、本当はもう1イニングは見たかったか。それでも80球見られたので、そこまでは球威が落ちないことは分かる。少し気になったのは前回上手く使えていなかったチェンジアップだが、今日は数自体が少なかった印象。もう少し使った方が投球の幅を広げられたはず。

2番手はリリーフタイプではない左腕の田中。
(6回)
得点後なので重要なイニング。
先頭に際どい球ながら四球、バントで1死2塁。
続いてスライダーが少し高くタイムリー2塁打で失点。
この後は踏ん張る。
―田中はこういう試合展開で2・3イニング投げられると良いが、先頭への四球があると痛い失点を食らって逆効果になる。やはり先発かあるいはロングリリーフとして使うべき投手か。



―守備走塁面―
1回の内村のゴロ処理について。
1死1・2塁から高いバウンドのセカンドゴロをさばいたのだが、これは2塁走者に避けられて併殺は難しいながら、セカンドへの送球は余裕でできたはず。
何となく内村も「判断ミスをした」というようなアクションで1塁送球をしていたが、これはミスとしか言いようがない。
解説でも全く触れていなかったが、ヒットで2点入ることになってしまうので、シーズンでは痛いプレーになる。

2回モーガンの本塁送球。
これは確実にホームで勝負ができなければいけないシーン。
良い球が返ればアウトだったかもしれないのに逸れすぎた。
入団当初から言われていた強肩とまではいかないのはすでに確認済みなのだが、コントロールはしっかりしてほしい。
もしかすると、荒波の肩の方が強いのであれば、ライトとセンターを入れ替えた方が良いということもありうる。
1度試す価値はあるだろう。

横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:67位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。


スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<3月21日、オープン戦VS読売。 | ホーム | 3月19日、オープン戦VSソフトバンク。>>

コメント

bay love です、こんばんは、
ソトの好投、荒波のセンターオーバー、内村の好守備、ブランコ、ラミレスの仕上がり具合、、、
例年よりはいい具合にチームは仕上がっていると私は感じています、
あと気になった点は田中はも少しストレートの割合を増やした方が良いのでは よいストレート投げられていると思うので高城ももっと強気にいってほしい

それとやはり筒香に6番にどっしり座って欲しいというところでしょうか、、、
まだ早いか知れませんがモーガンは本当にメジャーで280打っていたのかという点です4月、5月一杯くらいは見守らなければならない点は私も判っているのですがオープン戦を見ている限りは????
多村、松本、などもいるわけですからもう少しこの2人にも先発のチャンスを与えるべきでは
まあ~モーガンもやばい雰囲気は感じているでしょうが(笑)
あと3,4試合でモーガンにも爆発していいときの感じをとりもでして欲しいところですがどうなる事か

あとそれと前の守備に不安があった石川にいいプレイがありましたね
では又。
2013-03-20 Wed 17:28 | URL | bay love [ 編集 ]
bay loveさんへ

そうですね、例年よりは良い状態だと私も思っています。
やはりチームの凝集性がアップしていますね。

田中に関しても同じ見立てです。
かわすような投球が合っていない気がしますね。

とりあえず筒香は6番か7番で気楽に打たせるべきだと思います。
それができる構成ですし。

モーガンはもしかすると、よく外国人で見られるペナントに入らないと気合いが入らないタイプなのかもしれませんが、ちょっと内容が良くないですよね。
とはいえ、メジャーで.280打ったのは確かなんですから、1度掴めば状態を一気に高められる可能性も。
ただ、そうは言っても、同じライトで仰るような戦力も存在するわけですからチャンスを与えるべきですね。
特に多村はもう力は分かっていますが、松本は何か昨年のオフから掴んだのではないかと思われるわけですし、その確認はすべきでしょう。

石川は以前より守備力が上がってきたことは確かなので、少し感覚を取り戻せばある程度守れると私は思っているのですが(笑)。
2013-03-20 Wed 21:16 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。