FC2ブログ

ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

3月21日、オープン戦VS読売。

今日の見どころ…DHを使わずに2試合沈黙する打線。

*本日も3時までの中継ということです。

横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:69位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。



(試合開始前情報)
全く天候の心配はない。



-スタメン―
1:石川(遊)3-0
2:内村(二)3-0
3:モーガン(右)1-0、2死球
4:ブランコ(一)3-1、1打点
5:ラミレス(左)3-1
6:梶谷(三)3-0
7:荒波(中)2-0
8:高城(捕)2-0、1盗許
9:三浦(投)1-0

―途中出場―
後藤1-0
松本

―投手―
先発:三浦(5回、3被安打、1与四球、1失点)
2番手:神内(1回、無失点)
3番手:加賀(1回、3奪三振、1与四球、無失点)



―試合―
1-1、7回裏2死1・3塁現在。

1回表:先発は三浦。三者凡退。
1回裏:2死からモーガンがワンバウンド気味のデッドも、ブランコは打ちあげすぎ外野フライ。

2回表:1死から3-0でカウントを整えるが粘られ甘く抜けてしまいライトの横を破られるが、モーガンが上手くフェンス際を捌き1塁で止める。しかしエンドランで良い所に転がされて内野安打となり1死1・2塁。ここで三浦がサードゴロに仕留めると、梶谷が良いグラブ捌きで2塁に送球し内村も良い送球を見せ併殺。
2回裏:すべて良い当たりだが三者凡退。

3回表:三者凡退。
3回裏:三者凡退。

4回表:先頭に外角がはずれ四球、盗塁。さらに進塁打で1死3塁。ここで初球から甘く入り犠牲フライで先制。
4回裏:三者凡退。
*ブランコが自打球でつま先付近に当てた状態が少し気になる。

5回表:先頭にヒット、送りバントでピンチ。ここで真ん中に入るが、ブランコがファインプレーでファーストライナーで2死2塁。さらに後続を抑える。
*どうやらブランコの動きをみる限り大丈夫そう。
5回裏:三者凡退。

6回表:2番手は神内。三者凡退。
6回裏:三者凡退。

7回表:3番手は加賀。1死から外角に抜け四球も、後続を連続三振。
7回裏:1死からモーガンが2つ目のデッドを受けると、ブランコが粘り最終的には左中間へタイムリー2塁打で同点。するとラミレスがバットを折って詰まるが良いところに転がり内野安打、代走・松本は自分より右の打球だったので動けず1死1・2塁。しかし梶谷は正面のセカンドゴロ封殺、ここで中継終了。



―打撃面―
(7回)
モーガンがまたデッドを受けると、チーム初ヒットがブランコに出てモーガンが全力疾走で同点のホームへ。
さらにラミレスが内野安打も、梶谷は倒れ2死1・3塁。



―投手面―
先発はエース三浦、開幕投手の最有力候補。
(1回)
課題の立ち上がり。
三者凡退。
ストレートは常に135km前後と前回より出ている様子。
(2回)
1死から決め球を欠きチャンスを作られるが、後続を守りもあって併殺。
少しフォークが抜けている。
(3回)
変化球の制球が安定し、三者凡退に抑える。
(4回)
先頭への四球、盗塁でピンチ。ここから進塁され、犠牲フライで1点を先制される。
(5回)
先頭にヒット、バントでピンチも、後続をブランコの守備もあって凌ぐ。
―三浦は5回1失点と十分な結果を残した。ただ、フォークがほとんど決まらなかったのが気になる。そのせいか、追い込んでから決め球がなく、1人に対して球数がかかってしまうということが目立った。とはいっても修正してくるだろうが、シーズンでは配球も考えた方が良い。やはりかわす投球は合っていないのだろう。そのあたりも昨シーズン組んでいたバッテリーで結果も出しているので、信頼してみたい。

2番手は中1日で神内。
(6回)
三者凡退。
これまではストレートがほとんど130km中盤だったが、今日はMAX140kmを記録。
―神内はおそらくオープン戦最も良い状態でこのゲームに臨んだはず。非常に力がボールに伝わっていた。おそらく以前見せていた力投派としての姿がこれだろう。この投球なら中継ぎでも使える。一応小杉と井納が結果を出したので、彼を開幕時点では中継ぎで使う算段だろう。

3番手は先発の噂もある加賀。
(7回)
1死から四球も、後続を2人三振。
―加賀は先発の可能性もあったが、どうやら中継ぎ起用の方針か。課題の左打者に対しては1四球あったが、続いて左2人を三振に取った。鍛えているシンカーはややコントロールミスして内よりに入る球が多かったが、それでも良い高さに投げている。シンカーはどうしても外角低めに投げざるを得ないので、インコースへのストレート・スライダーを上手く使ってほしい。



―守備走塁面―
今日初めてサードの守備を見ることになった梶谷。
2・3回の3つのゴロの捌き方を見る限り、サードの適正もありそう。
元々肩は強いし、あとは3塁線への速い当たりにどう反応するかを見たい。

3回のブランコの守備。
捕っては欲しい打球ではあったが、相手の俊足をしっかり頭に入れてそのあと素早いトスを見せた。
三浦もベテランながら、よく走った。
オープン戦のブランコの1塁守備を見る限り、イメージよりだいぶ安定している感がある。
トスも上手いし、投手との連携も問題ない。
バント守備はさすがに鈍いだろうが、そこまでシーズンを通して守備で足を引っ張るようなことはないのかもしれない。



(次試合情報)
明日の先発は藤井ということ。
既に開幕ローテは決まっている感があるが、調子が良い投手なので期待したい。

横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:69位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。


スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2013シーズン開幕投手は予想外!? | ホーム | 3月20日、オープン戦VS楽天。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。