ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

3月22日、オープン戦VS西武

今日の見どころ…オープン戦の最後に西武3連戦。

横浜ベイスターズブログランキング:5位/野球ブログランキング:66位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。



(試合開始前情報)
開幕投手含め、スタメンもほぼ決定的なメンバーで試合開始。



-スタメン―
1:石川(遊)3-1
2:内村(二)3-2
3:モーガン(右)3-1
4:ブランコ(一)3-0、3三振
5:ラミレス(左)2-0
6:中村(三)2-0
7:荒波(中)2-0
8:高城(捕)2-0、1盗許
9:藤井(投)2-0

―途中出場―
梶谷

―投手―
先発:藤井(5・2/3回、1奪三振、3被安打、無失点)
2番手:加賀(2/3回、2奪三振、1被安打、無失点
3番手:佐藤(0/3回、1与四球、無失点



―試合―
0-0、7回表1死1・2塁現在。

1回表:先発は藤井。3人をショートゴロで抑える。
1回裏:先頭の石川が初球を叩きセンターへのヒット。内村は初球で良いバントを見せるが惜しくもファール、2球目もバントでファール、ここからボールを3つ見逃すとエンドランの形を取ってポテンヒットになり無死1・2塁。しかしモーガンは3-1から高い球を強打するがポップフライ。さらにブランコはフルスイングもタイミングが合わず三振で2死1・2塁。ラミレスもポップフライで後続が3者凡退。

2回表:1死から低めを上手く捌かれヒット、さらに一二塁間を抜かれてヒットを打たれると、3塁を狙われるとモーガンの送球も逸れて1死2・3塁になる。しかし続くサードゴロで相手3塁走者を送球が逸れながらも、高城がブロックし憤死させ2死1・3塁。1-2から1塁走者が盗塁し、ワンバウンドでは送球できず。しかし後続を落ちる球で三振。
2回裏:三者凡退。

3回表:三者凡退。
3回裏:三者凡退。

4回表:三者凡退。
4回裏:先頭のモーガンが少し詰まったような当たりだがセンターへのヒットも、ブランコは三振で1死1塁。さらにラミレスもまたポップフライ。中村も倒れる。

5回表:三者凡退。
5回裏:三者凡退。

6回表:先頭に外角高めをヒット、送りバントでピンチ。ここで後続をサードゴロに仕留めると、2番手・加賀に代わる。ここで右の外国人をスライダーで仕留める。
6回裏:1死から内村が外角寄りを流してレフト前も、モーガンの打席でランエンドヒットの形を取ったが打ち上げてしまいポップフライで2死1塁。さらにブランコはまたまた三振。

7回表:1死からインコースが逆球になり甘くなってしまい2塁打でピンチ。ここで3番手・佐藤へ交代。しかし後続を四球で歩かせる。すると4番手・三嶋を投入。ここで中継終了。



―打撃面―
(1回)
先頭の最近あまり調子が良くなさそうだった石川が初球を振り切りヒット、内村がポテンヒットでチャンス。
しかし、後続クリーンアップが3人とも倒れる。
(4回)
先頭のモーガンが良いコースに打ちヒットも、再びクリ―アップと勝負強い中村も倒れる。
(5回)
1死から内村がヒットを打つが、モーガンが簡単に打ち上げ、ブランコは3打席連続三振。



―投手面―
先発は開幕投手として指名されたとの情報が出た藤井。
(1回)
比較的ベイスターズの中では初回安定感はある。
3人をすべて低めで打たせ、石川が3本ゴロを捌く。
ストレートは136km出ているし、飛び上がるようなフォームも見せていて調子がよさそう。
(2回)
1死から連打とモーガンの送球が高く、そして逸れた分で2・3塁のピンチ。
しかし中村と高城のプレーもあってホームで刺すと、後続を三振に仕留める。
(3回)
三者凡退。
非常に切れのあるストレートが続いている。
(4回)
打たせて取る内野ゴロ3本。
(5回)
ここも打たせて三者凡退。
(6回)
先頭にヒット、送りバントでピンチになるが、後続を内野ゴロで2死2塁として交代。
―藤井はまさに昨シーズン見せた6回途中での交代となったが、素晴らしい投球を見せてくれた。このまま続投しても6回を抑えきれそうな感じはしたが、昨年の姿を見る限りこの6回を投げ切れないというピッチングが目立ったので、1点も奪われてはいけない場面では交代せざるを得ないシーンが今年も多いと思われる。もし援護が3点くらいあれば続投するシーンになるだろうが、あまりに6回に崩れることが多かったので、今年は2点差以内なら機械的にこういった交代をしていくのも一手。

2番手は完全にリリーフでの開幕が確定したと思われる加賀。
(6回2死2塁)
後続を三振。
―加賀の状態は悪くなかったが、イニング跨ぎという難しさもあって7回1死から2塁打を打たれてしまった。課題の左打者ではなく、右打者へインコースに投げなければいけない球が逆に行った。これはコントロールミスだろうが、彼は右相手だとアウトコースのスライダーを最終的に振らせたいという投球をするので、インコースに見せ球を使えると空振りをしてくれる可能性が高まる。もう少し早いカウントでインコースに投げなくてはいけないと思うが、このあたりは高城がどう考えているか。

3番手は左のワンポイント的な起用の佐藤。
(7回1死2塁)
ファーストストライクをあっさりと取ったが、ワンポイントとして一番やってはいけない四球を出してしまう。
―佐藤は元々左打者に強い投手ではないだけに、ワンポイントで使うこと自体どうかとは思うが、彼はそういったところで期待されて使われている以上、結果を出さないと生き残れない。その中での四球という結果は厳しい。ワンポイントといっても、起用される場面はセットアッパー的なシーンが多い。私は彼を起用するなら無死無走者から投げさせた方がよさそうに見えるが、これが左腕リリーフの特殊性か。



―守備走塁面―
2回のモーガンの送球。
これもそうだが、肩は悪くないものの送球が逸れてしまう。
であれば、中継を使って処理すれば良いのだが、全く中継がカットできない送球をしてしまったため、打者走者まで2塁へ行かせてしまった。
こういうところがメジャーとの野球の違いだろうか。

横浜ベイスターズブログランキング:5位/野球ブログランキング:66位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。


スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<3月23日、オープン戦VS西武。 | ホーム | 2013シーズン開幕投手は予想外!?>>

コメント

bay love です、こんばんは
藤井に決まったみたいですね、ま~今日の投球を見たら納得かも
それにしても三浦、藤井、ソト,神内、加賀、小杉、三嶋、それと田中健次郎、佐藤称万、あたりですか
今年のベイスターズの投手は以外なほど出来が良くベイらしくないオープン戦になっております(笑)
やはり今日の試合を見ていてもやはり3番、6番、
を打つバッターですか、、、中村は例年どうりやってくれるとして3番を打つモーガンですか1,2番が当たっていて4,5番、7番も好調なだけにこれでモーガンが280の打率を見せてくれれば本当に今年のベイは楽しみかも、、、

ただスタートダッシュが弱いチームほど大事なので
監督がどう思っているか 駒はあるだけにうまくやって欲しいところですが
筒香が帰ってきたら3番 荒波、6番 筒香、7番 多村もありかと3番 筒香 6番 多村、7番 荒波 ももちろんありで(私の中ではこれでいってほしい気持ちが強いですが)、、、
とにかくモーガン待ちですね

では又。


2013-03-22 Fri 17:46 | URL | bay love [ 編集 ]
bay loveさんへ、こんばんは。

仰る通り、藤井のオープン戦の投球、特に今日の投球を見ればほとんどのファンは納得の指名でしょうね(笑)。

私は投手陣全体に関しては、まだまだ悲観的な見方を持っていますが、bay loveさんからご覧になってそういったコメントが頂けるということは心強いですね。

3・6番に関して、私も一番気がかりに思っています。
やはりモーガンがどれだけ打つか。
3番ですし、4・5番の打点に直結しますからね。
現状、3番を任せられる打者が他に見当たらない以上はこれでいくしかないのかもしれませんが。
ハマってくれることを祈りましょう。
2013-03-22 Fri 22:09 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。