ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

3月23日、オープン戦VS西武。

今日の見どころ…西武3連戦を勝ち越せるか。

横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:70位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。



-スタメン―
1:石川(遊)3-1、1犠打
2:内村(二)4-0、2失策
3:モーガン(右)4-0
4:ブランコ(一)4-3、1本塁打、1打点
5:ラミレス(左)3-1、1併殺
6:渡辺直(三)3-0
7:荒波(中)4-1、1打点
8:高城(捕)3-1、1打点、1盗許、1失策
9:鄭(投)1-0、1犠打

―途中出場―
松本1-0
梶谷1-1
山崎
後藤0-0、1四球
小池
中村1-0
鶴岡0-0、1盗許

―投手―
先発:鄭(6回、1奪三振、3被安打、2与四球、2失点)
2番手:神内(1回、1被安打、1与四球、1失点)
3番手:ソーサ(1回、1奪三振、無失点)
4番手:山口(1回、1奪三振、無失点)



―試合―
4-3。

1回表:三者凡退。
1回裏:先発は鄭。1死から四球、外角を上手く流されヒットでピンチ。ここでインコースに投げた球が抜けてしまい高城は捕れずパスボール、1死2・3塁。ここから外角高めに甘くスライダーが入りレフト前に2点タイムリーで先制される。ここでストレートの四球、1死1・2塁。しかし、この後は低めに制球し併殺。

2回表:先頭のブランコがインコースを引っ張りレフトスタンドへソロ。
2回裏:三者凡退。

3回表:三者凡退。
3回裏:三者凡退。

4回表:三者凡退。
4回裏:先頭にやや甘く入りヒット、1死からヒット性の打球がマウンドで失速するも内村がジャックルしてしまいエラーで1・2塁。しかし後続を落ち着いてインコースに配球でき抑える。

5回表:先頭のラミレスが低めを上手くサード頭上へ持っていくと、相手レフトの守備力を把握してのことか全力疾走で2塁を奪いチャンス。しかし渡辺直は右打ちできずサードゴロ。だが、荒波が流した打球が相手レフトの左側を抜き守備力の低さもあってか追いかけ方が悪く同点タイムリー3塁打。さらに高城が右打ちするとライト前へのタイムリーヒットで勝ち越す。鄭は初球バントで高めのボールに手を出してファール、2球目をしっかりバントし2死2塁で再チャンス。ここで石川が繋いで2死1・3塁。すると相手の菊池が暴投し、高城が生還し石川も2塁へ。内村は倒れる。
5回裏:先頭の難しいゴロを渡辺直が軽く捌いてファインプレーで1死。後続も抑える。

6回表:1死からブランコが折りながら難なく内野を越えヒットも、ラミレスは併殺。
6回裏:三者凡退。

7回表:三者凡退。
7回裏:2番手は神内。1死から四球、この後高城がワンバウンドを止めるが相手がそれを見て遅らせてスタートを切ったところ、高城が2度ほどグラブを叩いてから投げたために間に合わず結果盗塁で1死2塁。2死から初球で逆球となりタイムリーを打たれる。しかし、後続は石川が3塁後方に切れていくフライに飛びつく。

8回表:先頭の途中出場した梶谷が流してヒット、石川が2球目で送りバントに切り替え成功。ここで内村は初球を引っ張るがセカンドゴロ、しかし進塁打となり2死3塁。モーガンは詰まりショートフライ。
8回裏:3番手はソーサ。三者凡退。

9回表:先頭のブランコが決して軽打ではないが流してヒット、松本は初球バントでファール、3球目に前へバントするが上げてしまい相手捕手がファンブルするも1塁走者はスタートがこれでは切れず封殺。しかし代打・後藤が四球でチャンス。だが、荒波の当たりは大きかったが前進守備の外野を越えず2死1・2塁。中村は押されてファーストファールフライ。
9回裏:4番手は山口。先頭の正面のセカンドゴロを内村が何を思ったか弾き無死1塁。ここで盗塁を試みられ、捕手は肩の強くない鶴岡で成功される。この後ライトフライで1死3塁。続く打者で追い込んだ後甘い変化球が行ってしまったが見逃してくれて2死。この後も凌ぐ。



―打撃面―
(2回)
先頭のブランコが逆球を引っ張りソロ。
(3・4回)
どちらも三者凡退だが、粘るべき打者が粘って球数を増やしている。
(5回)
先頭のラミレスが疾走して2塁打にすると、1死から荒波が連日の長打で同点。
すると少し状態が落ちていた高城が流してタイムリーヒットで勝ち越し。
ここで投手の鄭がバントを決めて2死2塁のチャンスを作ると、石川が繋いでヒットとし1・3塁に拡大。
この後で石川がスタートを切ったのか、相手捕手が腰の浮いた捕球を試みて暴投に繋がり追加点。
(8回)
先頭の梶谷がヒット、石川が送りバントで1死2塁。
ここで内村が進塁打を打ち2死3塁も、モーガンは詰まる。
(9回)
先頭のブランコが3安打となるヒットも、松本が送りバントを失敗し1死1塁。
それでも代打・後藤が四球を選びチャンスになる。

打撃陣は今日全体を通じて粘りのある崩し方ができたのでは。
ここまで打てない場合は簡単に終わってしまっていたが、点が入らなくても今日は粘って球数を投げさせた。
それが逆転劇に繋がったということだろうか。

打者個人としては、やはりブランコと荒波の好調ぶりは目を見張る。
どちらも1本出ると、2本目以降が出やすいタイプだと思うが、丁度この2人の調子の良い波が重なっているのだろう。
(表の)4番、そして裏の4番がどちらも心強いと、一気に集中打で逆転ができるということを示している。
あまりに3番モーガンが簡単に倒れるので、荒波を3番に上げたらどうかということも言われていそうだが、あまり荒波には多くを考えさせない方が良いだろう。
ケースバッティングができるタイプではなく、思い切り振るタイプ。
オープン戦もあと1試合しかないことも考えれば、このまま荒波には開幕を迎えてもらうべきだろう。



―投手面―
先発は阪神からの移籍で育成から支配下登録された鄭凱文。
(1回)
1死から四球、ヒットの後2点を奪われる。
続いて再び四球でピンチを作るが、併殺を取る。
立ち上がり動くストレートは140km手前、利き手の方向に沈むシンカー(チェンジアップ?)、スライダーを投げている様子。
(2回)
味方が1点を返してくれた抑えなければいけない回。
三者凡退。
(3回)
連続三者凡退。
2度の投手ゴロも難なく捌いている。
(4回)
先頭にヒット、1死から内村のエラーがあってピンチになるが、後続でインコースを上手く使う。
(5回)
チームが逆転した、ここも抑えなければいけないイニング。
渡辺直のプレーもあって、三者凡退。
(6回)
三者凡退。
ゴロアウトが二桁に乗る。
―鄭は6回2失点と結果もそうだが、失点したのは多くの投手の課題とする初回のみ。ということで、味方が追い上げムード、勝ち越した後、をしっかり抑えられたのが内容の良さを物語る。特別“これ!”という球はないのだが、ストレートは動くし、他の変化球も小さめの変化で打たせて取ることができる。何となく抑えている感が強いが、ゴロアウトが多い投手はゲームを作れる。ベイスターズには先発がどうしても足らないので、また1人名前が挙がったのは嬉しいことだ。個人的にはスタミナを見るために、もう1イニング見たかった。だが、球数89球まで見ることができたので、そこまでは投げられるスタミナがあることが分かった。特に球威が落ちた感じや、コントロールが悪くなった印象はないので、そんなに課題というほどのものではないかもしれない。

2番手は左腕・神内。
(7回)
1死から四球、ディレードスチールをされ1死2塁。この後3塁に進まれると、後続にタイムリーを打たれる。
―神内は7回2点リードというセットアッパーが投げるポジションで良いアピール機会だったが、余計な四球を出してしまい1点を奪われた。どうしても鄭もそうだが、打たせて取る投球をしなければならない投手にとって与四球は致命的になる。

3番手はセットアッパー・ソーサ。
(8回)
三者凡退。
―ソーサはまだ少し高城との呼吸があってないところはあるが、それでもテンポよく抑えた。前回炎上しただけに、今日8回1点リードという緊迫した場面で抑えてくれて一安心。少し中継ぎ投手陣が不安な状況だが、セットアッパーとクローザ―だけは安定して抑えてほしい。

4番手はクローザ―・山口。
(9回)
先頭で何も難しいポイントはなかったゴロを内村が弾きエラー、盗塁で無死2塁。
しかし後続を3人で断ち切る。
―山口は昨日も緊張感のあるピッチングになってしまっていたようだが、今日は味方のエラーで引き分けにされる手前だった。内村がエラーをしなければ三者凡退だったかもしれないが、春先の彼の状態はいつもこんな感じである。何とか春先をこうして粘りの投球で抑え、だんだんと調子を上げていけば十分だろう。内村は感謝しなければならない。



―守備走塁面―
高城の7回の対応についてだが、ワンバウンドを捕った後、相手が遅れ気味にスタートを切ってくることはシーズン中そこまで多くないかもしれないが油断せず素早く処理しないといけない。

そして内村の2失策。
たまになんでもないミスを犯すのが昨シーズンも見られたが、今日のように痛いところで失策すると、元々課題の多い投手陣にさらなる重い負担となるだろう。
失策自体は付き物だし、逆にファインプレーも多い内村なのである程度は許さなければならないが、どう考えてもエラーしようがない9回のようなセカンドゴロは堅実に捌いてほしい。

横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:70位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。


スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<3月24日、オープン戦VS西武。 | ホーム | 3月22日、オープン戦VS西武>>

コメント

お久しぶりのコメント失礼します。
荒浪の打撃の好調ぶりがすごいですね!オープン戦だけで今日含めて16打点だと思いますが、良く振れて、勝負強いですね。
この調子で開幕したとして、6番って面白いのでは?と思いました。
打撃に力強さと勝負強さがあるので、クリーンアップの残した仕事をしてもらい、先頭バッターとして出塁すれば、上手く行けば上位に繋がり大量得点も望めるかと。
色気を出して、ホームランを狙う必要はないと思いますが、外野の間を抜ければ三塁打。外野がもし下がれば、ヒットゾーン拡大。また強いゴロを放てば内野も下がらざるをえない。つまり内外野ともに厄介な存在になり得る。結果打率も期待出来ると思います。

一番怖いのが、打順が目まぐるしく変わることでの不振。首脳陣には早く彼の仕事場を確定させてあげて欲しいです。
2013-03-23 Sat 18:22 | URL | タカミー [ 編集 ]
タカミーさんへ、お久しぶりです。

仰る通り、荒波は確かに昨季も良い時は止めようがないくらいの好調になる選手ですが、ここまで良いと本当に凄いですよね。
なるほど、私も実は今季キャンプくらいまでは6番でどうかと思っていました。
6・7番は役割が似ていますが、仰る通り今のように勝負強さがあれば走者がより多くいそうな6番もアリですね。
元々私が6番でと考えていたのは、足を使える機会が7番より6番の方がありそうだと思っていたからなのですが、どちらにせよ6番案もアリだと思います。
後ろに中村や筒香といったあたりがいれば、仰るようなホームランへの色気も出にくいかと。

ただ、ご参考までに私がこの案を現在封印しているのは、荒波に長打が多く出ていることが理由です。
逆に考えれば、荒波が7番を張り長打を打てるなら、6番には他の人を置き気軽に打ってもらう方が良いのではということもあります。
6番にいやらしい打者を置くことも可能ですし、筒香はまだ若いですから、彼が復帰して後続に心強い打者がいる環境の方が良いような気もしますし。
どうしても7番の次が負担の大きい捕手になるので、出来る限り7番には走者を一掃してもらう必要があるんですよね。
そう考えれば、現状大きな打球を打ち続けている荒波をそのまま7番に据え続ける方が良いのかもしれないと今は思っています。
もし筒香を3番に入れたとして、6番にまだ日本の野球に慣れていないモーガンを下げることもアリですしね。

タカミーさんの荒波に対する最大の危惧、これも同感です。
彼には自由に打ってもらうのが一番だと思いますので、目まぐるしい起用の変更は適さないですね。
2013-03-23 Sat 19:59 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。