ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

試合分析:2013ペナントレース開幕戦、VS中日。

今日の見どころ…開幕戦は勝利で飾りたい。

横浜ベイスターズブログランキング:8位/野球ブログランキング:95位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。



(試合開始前情報)
開幕投手は左腕の藤井を指名。
中畑監督の完投指令も。



-スタメン―
1:石川(遊)4-2
2:内村(二)2-0、1犠打、1四球
3:モーガン(右)3-1、1失策
4:ブランコ(一)4-2、3打点
5:ラミレス(左)4-2、1併殺
6:筒香(三)4-0
7:荒波(中)4-0
8:高城(捕)4-1
9:藤井(投)1-0、1犠打

―途中出場―
梶谷1-0
松本1-0
金城

―投手―
先発:藤井(6回、4奪三振、6被安打、4与四死球、2失点)
2番手:吉川(1回、1奪三振、2与四球、無失点)
3番手:ソーサ(1回、1奪三振、3被安打、1失点)
4番手:山口(1回、1奪三振、無失点)



―試合―
4-3、開幕戦アウェーで勝利

1回表:先頭の石川が初球をピッチャー返しでヒット、内村が送りバントで1死2塁。しかしモーガンは三振。だが、ブランコが追い込まれながら三遊間を抜き先制タイムリーヒット。さらにラミレスが外角を流してヒット、ブランコが3塁へ。ただ、筒香はインコースに手が出ず三振。
1回裏:先発は藤井。先頭1球目はカーブでストライク、2-2からレフトフライで1死。この回を三者凡退。

2回表:先頭の荒波も初球を打ったが相手ライトにファインプレーされ1死。しかし高城の当たりは詰まりながらヒット、藤井が3-1から送りバントで2死2塁。しかし石川はショートゴロ。
2回裏:先頭に低めがはずれ四球、続いて初球を打たれヒットでピンチ。ここで1-1から甘く入り左中間を抜かれタイムリー2塁打も、1塁走者を中継プレイで憤死。続くファーストゴロで2死3塁。後続に四球。しかし投手の打席に回して三振。

3回表:1死からモーガンが3-2として真ん中を振りぬき痛烈な打球を打つが相手ファーストの真正面。この回は三者凡退。
3回裏:先頭にストレートの四球、送りバントで1死2塁。ここで外角を引っ張られヒットで1・3塁。しかし変化球でかわして内野フライ。さらに初球で内野フライを打たせる。

4回表:三者凡退。
4回裏:1死から高めに抜けてしまいヒットを打たれるが、モーガンが正面に入ってしまったことで逆に捕りにくくなったか後逸しエラーで3塁へ。ここで谷繁に対してインコースのスライダーを要求するが完全に引っ掛かってしまって思い切りデッドで1死1・3塁。しかし後続を抑える。

5回表:三者凡退。
5回裏:1死から外角を打ちあげられるが意外に伸びてフェンス直撃3塁打。ここで犠牲フライ。すると続いて右打ちでヒットも、後続を抑える。

6回表:先頭の内村は痛烈な打球も落ちずレフトライナーで1死。しかしモーガンが変化球を引っ張りライト前も、ブランコは内野フライで2死1塁。ここでラミレスが右打ちして一二塁間を破りヒット、ただモーガンは3塁へ狙うときに滑り2塁どまり。ここで筒香はバットを折られる。
6回裏:三者凡退。

7回表:三者凡退。
7回裏:2番手は吉川。先頭にストレートの四球、送りバントで1死2塁。するとまたストレートの四球で走者を出してしまう。ここで3-2と粘られて逆球で三振にするが、2人の走者はダブルスチールの形になって2死2・3塁。しかし、後続を抑える。

8回表:先頭の石川が2塁打、内村が送りバントの構えはあったが結果四球で無死1・2塁。ここでモーガンが送りバントを失敗したかに見えたが、相手投手が捕った後相手サードがベースにつくのが遅く投げられなかったか、1塁に送球してくるがこれも暴投になりタイムリーエラーで同点。するとブランコが右打ちで勝ち越しタイムリーヒット。ただ、ラミレスは併殺。
8回裏:3番手はソーサ。1死から難しいセカンド後方への打球になり内村がファンブルしていたが、ライトのモーガンがすぐ後ろにいてそれを捕球しアウト。

2死から連打でピンチとなると、ショートの頭上へタイムリーヒットを打たれてしまう。しかし、後続は抑えて1点リードを守る。

9回表:先頭の荒波がまた強い当たりを打つがこれも正面で1死。結局三者凡退。
9回裏:4番手は山口。三者凡退。



―打撃面―
(1回)
先頭の石川が相手の初球を捉えヒット、内村が送ってチャンス。
しかしモーガンはオープン戦の不調から抜け出せていなかったか、たった3球で三振。
ここでブランコも簡単に追い込まれたが、3球目のフォークを見送ると、この後タイムリーにして先制。
さらにラミレスも簡単に追い込まれたが、同じように3球目のフォークを見送ると、流してヒットで2死1・3塁。
しかしながら、復帰したばかりの筒香はモーガンと同じくインコースに手が出ず。
(2回)
荒波の打球は惜しくも捕られるが、1死から高城がヒット、藤井が送って2死2塁。
しかし石川は正面にゴロを転がす。
(3回)
三者凡退も、モーガンにオープン戦で見られなかった痛烈なライナー。
バットが下から出ていくことをやや修正してきているかもしれない。
オープン戦の最終戦で少しそれまでとは違う内容だったので、今後もよく見るべき。
(4回)
2イニング連続三者凡退。
やはり荒波の打球は強い。
なお、筒香も2打席目倒れるが、まだ体重がバットに乗っていない。
(5回)
1死から前の打席で良い打撃を見せたモーガンがここでもヒット性を飛ばし、今度はヒットになる。
ブランコは打ち上げるが、ラミレスが右打ちで2死1・2塁。
しかしまだ本調子でない筒香は倒れる。
(8回)
先頭の石川が3塁線を破り2塁打でチャンス。
すると内村が送りバントかと思いきや相手の制球が定まっておらず四球、モーガンのバントを相手がミスを2つ犯しタイムリーエラーで同点。
こうなるとベイスターズの流れで好調ブランコが叩いて勝ち越し2点タイムリーヒット。

全体的に誰が打っても、打球は良かった。
三者凡退が続いたイニングはあったが、それでも当たりは良いものが多い。
まだシーズンは143試合、しっかり打者には強い当たりを飛ばし続けてもらいたい。

選手個人は、何といってもいきなりの古巣に対して3打点を挙げる活躍のブランコ。
おそらく明日のスポーツ紙一面だろう…。
それは良いとして、とにかくオープン戦から調子が良い。
追い込まれても低めのフォークには手を出さないし、手を出しても当たってファール。
あまり中日時代には勝負強さが見られないところがあったが、今日のような姿を見せられると勝負強さもありそう。

一方でオープン戦不振だった外国人・モーガン。
ただ、私が個人的に当ブログでも振れたが、オープン戦最終戦で少し違う打撃を見せていた。
それがたまたまだったのか、それとも何か修正したのかと思って開幕を迎えたが、今日を見る限り少し修正しているのは確かなようだ。
今日のようなスイングなら簡単にポップフライということはないだろう。
しばらく様子を見たい。



―投手面―
先発は自身久しぶりの開幕先発となる藤井、とりあえず5回まではゲームを作りたい。
(1回)
すべて外野フライで三者凡退。
ストレートは130km中盤出ている。
(2回)
先頭への四球からピンチを作ると、すぐさまタイムリーを打たれてしまい同点。
しかし2人目の走者を荒波・石川の中継プレイで憤死させる。
すると後続を藤井が上手く打ちとる。
(3回)
またしても先頭への四球からピンチを作る。
しかし、後続を高城のリード通りに投げて内野フライ2つで切り抜ける。
(4回)
1死からヒットを許すとシングルヒットかと思いきや、モーガンが後逸してしまい3塁に進められる。
するとデッドでピンチを拡大したが、後続を抑える。
(5回)
1死から外野フライのような当たりながら伸びてしまい3塁打を打たれると、すぐ犠牲フライで勝ち越される。
(6回)
相手下位打線を三者凡退。
―藤井は2・3回の先頭への四球が痛かったものの、6回を2失点に仕留めた開幕投手としての姿は見事。やはり経験者なだけに落ち着きを見せている。オープン戦でベイスターズの先発陣にとっては最も良い投手だったので、これくらいの投球はもちろん期待していたが、それに応えてくれるのはさすが。今年も彼に勝敗はつきにくいかもしれないが、安定して6回3失点という結果を続けてほしい。

2番手は移籍してきた吉川、オープン戦では技巧派に変わった姿を見せた。
(7回)
先頭へストレートの四球を連発してしまい1死1・2塁。
さらに三振の間にダブルスチールのような形になり2・3塁となるが、後続を内野ゴロに仕留める。
―吉川はそもそも1点差で登板させるだけのオープン戦での状態ではなかっただけに、少し起用には疑問符。ただ、他の救援陣もあまり出来が良くなかったので1点差リードではないため仕方ないかもしれない。とはいえ、四球連発、特にストレートの四球というのは何とも情けない。今日の藤井の投球を見ていたはずだが、先頭への四球の怖さを忘れてしまっていたか。明日以降の投球では見たくないシーンである。

3番手はオープン戦で良い球威を見せていたセットアッパー・ソーサ。
(8回)
2死から3連打で1点を奪われる。
―ソーサはボールに力はオープン戦の時からあり、今回もそれは変わっていない。あまりこの3連打は心配することはないだろう。投げている球は悪くないし、やや高い球はあるものの、全体的に球はベルトより下。どちらかというと、高城の方がまだソーサをどうリードすべきか探っている感があり、そちらの方が気になる。このあたりは何試合かバッテリーを組んで感覚を掴んでほしい。

4番手はあまり春先調子が良くない、それを象徴してか昨年開幕戦でリードを守れなかった山口。
(9回)
三者凡退。
―山口は昨年よりさらに力感のないフォームで150km台のストレートを立て続けに投げて抑えきった。昨年の引き分けは悔しかったはずだし、気合いも入っただろうが、それでも落ち着いて低めに投げ切ってくれた。こういうところで三者凡退を取れて初めて守護神といえる。



―守備走塁面―
2回の荒波→石川→高城の中継プレー。
ここで一気に逆転されるか、同点で止めるかは大きい。
このプレーのおかげで藤井は後続を抑え、同点にとどめることができた。
こうした1つのプレーがプロ野球では後々響く。
また、少しオープン戦を通じて、荒波→石川のところで乱れがあっただけに、ペナント開幕戦でいきなり良いプレーが見られたのはファンにとって安心材料になるだろう。

4回のモーガンの後逸。
これは頂けるプレーではない。
少し荒っぽいところが守備でも見られるが、それは送球の不安定さだけではない様子。
結局9回に守備交代をさせられるということに繋がってしまった。
元々メジャーでは守備力も評価されていたはずなので、日本の球場などに慣れればおそらく少なくとも最終回に守備固めを出さなければいけないようなことにはならないと思われるが…。
ただ、良いプレーも1つあったことは確か。
8回の内村がファンブルしたところで、ボールをしっかり見ていたのだろうか代わりに捕球。
1度ファンブルしている打球だけに難しい捕球だろうが集中していた証拠。



(次試合情報)
明日の予告先発:DeNA・三浦VS中日・大野

横浜ベイスターズブログランキング:8位/野球ブログランキング:95位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。


スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<試合分析:ペナントレース2013季開幕カード第2戦、VS中日。 | ホーム | 2013年第2回アンケート結果。>>

コメント

前回のコメント返信ありがとうございます!!
さて、ついに開幕しまして初戦見事勝利でしたね!!おめでたい♪
今年一年期待の持てる試合展開でこれからのシーズンが楽しみになりました!!!!!
まだまだ見方が初心者なので、なるほどなぁとブログを読みながら解釈させていただいてます。
また読みにきます♪まずは一勝!!!!
2013-03-30 Sat 01:44 | URL | どさんこベイスターズファン [ 編集 ]
bay love です、こんにちは
開幕戦勝つのはいつ以来か、う~ん勝つのはやはりいい気分です、I FEEL SO GOOD(笑)
今日の試合も押されていたのは吉川登板の時くらいであとはベイペースで来ていたのではないか、苦手な名古屋ドームでこれは大きい
あの場面吉川登板と言う事は加賀、三嶋は先発につかうつもりか??
ブランコの活躍は予想どうりでしたが、あと山口の成長、石川、荒波、ラミレス、など楽しみな選手が多く
これで上昇気味のモーガン、あと筒香ですか(今日くらいにクリーンヒットがほしいところ)
調子を上げてくるとどこからでも点が取れる打線になるのではないかと、

それと試合で一番驚いたのは高城の成長で何気に普通にやっているのが本当に驚かせます
リード面、どっしり感、ランナーが出たときの走者への気配りとまあ~ここまでやってくれたら問題ないかと あと250打ってくれたら大合格でしょう、、、
今日も三浦なので接線に持ち込んで勝ち越しをきめてほしいところ
では今日も楽しみましょう、、では。

2013-03-30 Sat 10:01 | URL | bay love [ 編集 ]
bay loveさんへ、こんにちは。

私も非常に気分が良いです、ME TOO!!
少し中盤で中日ペースにはなりましたが、そこで中日に引き離されなかったことで流れが戻ってきたのでしょうね。
私もあの場面で吉川を登板させるということは、加賀あたりを先発に回すのかと思ってしまいます。
ただ、オープン戦で加賀は1度も長いイニングを投げていないので、この時点で先発登板させるのはギャンブルでしょう。
三嶋の場合はあり得ますね。
オープン戦序盤は先発して複数回経験していますから。

打撃陣はやはり上昇気味に見えるモーガン、そして復活してくれないと困る筒香の2人が活躍すれば、仰る通りどこからでも間違いなく点が取れますね(笑)。

高城は本当に普段通り、落ち着いてリードしています。
彼も打つようになって、.250くらい打ったとすればチーム打力も上がりますね。
三浦をしっかりリードしてもらいましょう。
2013-03-30 Sat 13:01 | URL | baystars fan [ 編集 ]
どさんこベイスターズファンさんへ

当ブログでの私の方針としては、コメントに返信を可能な限りしていくというものなので、今後もなるべく返信させていただきます。

では、開幕勝ち越しを狙って応援しましょう。
2013-03-30 Sat 13:03 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。