ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペナントレース第6戦、VSヤクルト。

今日の見どころ…高崎の復帰今季初登板。

*なお、今日は4回裏からの観戦になります。

横浜ベイスターズブログランキング:7位/野球ブログランキング:96位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。





-スタメン―
1:石川(遊)4-0、1四球
2:内村(二)4-1、1死球
3:モーガン(右)3-1、1犠打
4:ブランコ(一)4-1
5:ラミレス(左)3-2、1打点、1四球
6:中村(三)3-0、1四球
7:荒波(中)4-3、1打点
8:高城(捕)2-0
9:高崎(投)2-0、1犠打

―途中出場―
多村1-0
鶴岡1-0
金城
渡辺直1-0

―投手―
先発:高崎(7回、5奪三振、4被安打、2与四球、1失点)
2番手:吉川(1回、1奪三振、無失点)
3番手:山口(1回、1奪三振、1与四球、無失点)



―試合―
2-1、復帰した高崎が今季初勝利



4回裏:三者凡退。

5回表:三者凡退。
5回裏:2死からソロを打たれて同点になる。さらに2塁打を打たれるも、後続を抑える。

6回表:先頭の内村がヒット、モーガンがバントを試みて送った形になりチャンス。2死からラミレスが四球、中村も四球で満塁。ここで荒波が3-0から3-2にはなったが、センターへのタイムリーヒットで勝ち越す。この後代打・多村を出すが倒れる。
6回裏:先頭にヒットも、後続を併殺。

7回表:2死から内村がセーフティバントを引くとボールは足に当たりデッドも、モーガンの当たりは痛烈なファーストゴロ。
7回裏:先頭に際どいインコースはボールと判定され四球、送りバントで1死2塁。しかし後続を抑える。

8回表:1死からラミレスがセンターへのヒット、2死から荒波が流してヒットでチャンス。しかし鶴岡はうちあげポップフライ。
8回裏:2番手は吉川。三者凡退。

9回表:三者凡退。
9回裏:3番手は山口。1死からストレートの四球、後続の三振も盗塁で2死2塁。しかし後続で相手2塁走者が飛び出したのを見て、鶴岡が2塁へ送球し走塁死させる。



―打撃面―
(6回)
先頭の内村がヒット、モーガンがバントをして1死2塁。
ここでブランコの飛球は捕られて2死2塁。
続くラミレスが四球、中村が連続四球でチャンス。
すると荒波がセンターへ弾き返し勝ち越しタイムリーヒット。
しかし、代打・多村は倒れる。

(7回)
1死から1999本目となるラミレスのヒット、2死から荒波がヒットで1・2塁。
しかし鶴岡は打ち上げてしまう。

全体としては、もう少し取れたような気がする内容だが、良いスイングはしている。
それぞれが果たすべき役割を分かっているように思う。

選手個人としては、何といってもまず荒波の猛打賞。
状態ほど率が残っていないのだが、これは正面をつく当たりが多いことにも起因している。
たまたまヒットになっていなかっただけで、昨日も良かった。
オープン戦から力強い打球を飛ばし続けているが、本当に覚醒したとすればチームにとっては心強い。



―投手面―
先発は復帰したエースになりたい高崎。
(4回)
三者凡退。
(5回)
1死から中村が三遊間の打球をファインプレーしてサードゴロ。
2死から同点ソロを打たれる。
さらに外角にスライダーを持ってきたが、上手く打たれ2塁打でピンチ。
しかし、ここは抑える。
(6回)
先頭にヒットも、後続をすぐ併殺。
(7回)
先頭に際どい球ながら四球、送りバントで1死2塁。
しかし後続を抑える。
―高崎は4回から見たが、ストレートの球速が出ていないようだった。ただ、コントロールはいつもより良かった。内外角にしっかりつけていたし、打たれてもそれを上手く打たれているという感じ。復帰したばかり、今季初登板ということを考えれば完璧だったと言っても良いのでは。

2番手はソーサかと思いきや、セットアッパー起用となる吉川。
(8回)
三者凡退。
―コールされた時は何かの間違いかと思ったが、素晴らしい投球をして良い方に期待を裏切ってくれた。今季入って接戦のビハインドで不甲斐ない投球をしていただけに、ものすごく不安だったが、セットアッパーとしては厳しい場面で落ち着いて投げていた。いつもはボールが先行していたが、今日はストライクを2・3球で2つ重ねた。これだけの投球を見せられると、恐れ入ったという感じだが、はたして今後はどうだろう。

3番手はもちろん今度こそ正攻法で山口。
(9回)
1死からストレートの四球を出してしまい、盗塁も決められて2死2塁。しかし後続の打席で相手のボーンヘッド。
―山口は今日も落ち着いて投げてはいたが、少し抜け気味。状態は悪くなさそうなので心配は少ないが、ストレートの四球は何とか防いでほしい。



―守備走塁面―
1回の石川の牽制死。
これはハイライトでしか見ていないが、初回相手の先頭に対する四球でリズムを崩せそうだった時のもの。
逆に流れを手放すことになりかねないので、しっかり集中してもらいたい。

9回の鶴岡の2塁走者に対する牽制。
これはよく動きを見ていたベテランらしい落ち着いたプレーだった。
一度握り直しても正確な送球をすればアウトにできると瞬時に理解したようだ。
その前の盗塁を刺せなかったシーンも悪い送球ではなかったし、高崎が投げている途中からのマスクもしっかり守ったので今日の勝利の立役者であることは間違いない。



(次試合情報)
明日の試合:DeNA(藤井)VSヤクルト(石川)

ラミレスが1999本目のヒットを打ったので、明日は王手をかける試合。


横浜ベイスターズブログランキング:7位/野球ブログランキング:96位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。


スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<試合分析:ペナントレース第7戦、VSヤクルト。 | ホーム | ペナントレース第5戦、VS読売。>>

コメント

土屋の選手登録

これは何を意味するのでしょうか?
先発 中継ぎ どちらにしても左がいませんからね
ただファームを見てると中継ぎのような


三嶋なんですが先発をやらせたいなと私は思います。
オープン戦でも悪くはなかったと感じますが
井納も、凄い悪かったわけではないので楽しみです
2013-04-06 Sat 13:16 | URL | 横浜魂 [ 編集 ]
横浜魂さんへ、お久しぶりです。
昨日のコメントも拝見致しました、ご丁寧に挨拶をして頂きありがとうございます。

さて、土屋の選手登録については、試合を見ていく限り、中継ぎのやりくりをするための昇格だと思われます。
吉川をセットアッパーで起用するとなると、その前のリリーフが1人足りなくなります。
また、神内あたりも大事な場面で起用しても良いような結果を出しているので、今のうちに楽な場面で若い左腕に経験を積ませる意味合いも込めて昇格させたのではないでしょうか。

三嶋を先発テストしてみては、ということですね。
私もいずれテストしなければいけないと思います。
ただ、少しリリーフの状況が良くないため、三嶋に経験を早く積ませて厳しい場面で出したいというのが本音でしょうね。
私もセットアッパーを吉川に任せたまま前半を乗り切ることができるとは思っていないので、三嶋をとりあえず中継ぎで起用していき経験を積ませた方が良いように考えています。
2軍にいる昨年セットアッパーも担っていた投手たちが1軍で働き始めたら、そのタイミングでの先発テストが良いように思います。

井納に関しては、先日のピッチングは見られなかったですが、みなさんのコメントを拝見しても内容は悪くなかったようですので、私も楽しみにしています。
2013-04-06 Sat 17:49 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。