ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

試合分析:ペナントレース第8戦、VSヤクルト。

今日の見どころ…今季初の3タテを狙う。

横浜ベイスターズブログランキング:7位/野球ブログランキング:99位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。



(試合開始前情報)
予想より早く雨雲が抜けたようだ。
ただ、プレイに支障が出るくらいの強風。



-スタメン―
1:石川(遊)4-2、1四球、1盗塁
2:内村(二)3-0、1犠打
3:モーガン(右)2-0、2三振
4:ブランコ(一)5-4、3本塁打、4打点
5:ラミレス(左)4-0
6:中村(三)3-1、1本塁打、1打点、2四球
7:荒波(中)4-0
8:高城(捕)4-1
9:三浦(投)1-0

―途中出場―
多村1-0
金城2-0、1打点、1四球
梶谷2-2
松本1-1
渡辺直1-0

―投手―
先発:三浦(3回、2奪三振、6被安打、4失点)
2番手:三嶋(1回、1奪三振、無失点)
3番手:土屋(1回、無失点)
4番手:佐藤(1回、1被安打、無失点)
5番手:吉川(1回、4被安打、3失点)
6番手:神内(1回、1被安打、4与四死球、3失点)



―試合―
6-10、追い上げるが救援陣2人の失態で足りず。

1回表:先頭の石川が3-2から高めを左中間に弾き返しヒットも、内村は連日の強硬策で内角高めを振りぬくがレフトフライで1死1塁。ここで後続も倒れる。
1回裏:先発は三浦。1死から初球カーブを狙われたかヒットも、後続を抑える。

2回表:1死から中村が四球、荒波の打席で高めの抜け球を取り損ねパスボールがあり2進。続く荒波は良い捉え方をしたが上がり過ぎライトフライ、中村が3塁へ。しかし高城はインコースに詰まる。
2回裏:先頭に外角ストレートを流されると風にも乗ったのかレフトスタンドにぎりぎり入ってしまいソロで先制。続いて低めを引っ張られ連続ソロを浴びる。さらに真ん中ストレートをこれまたソロになる。2死からヒットも、後続を抑える。

3回表:1死から石川がストレートを見逃し四球も、内村はストレートに空振り2死1塁。ここで盗塁を決める。しかしモーガンは再び三振。
3回裏:1死から今日4本目のソロを打たれる。2死から2塁打も、後続を抑える。

4回表:先頭のブランコが内角を捌いてレフトへのソロ。1死から中村が再び四球も、後続は倒れる。
4回裏:2番手は三嶋。3者凡退。

5回表:1死から石川がやや詰まってセンター前に落ちると、相手センターがバウンドに対応できず後逸し2塁へ。ここで内村がライトにフライとし、石川が3塁へ。しかし代打・金城は3-1から内角を打ち損じ倒れる。
5回裏:3番手は土屋。三者凡退。

6回表:先頭のブランコが3-0から高めのストレートをバックスクリーンへ2打席連続ソロ。1死から中村が3-1から内角寄りストレートをレフトスタンドへ振り抜きソロ。
6回裏:4番手は佐藤。2死から初球を引っ張られヒットも、後続を抑える。

7回表:先頭に代打・梶谷を送ってセンターに弾き返しヒットも、石川の打球は痛烈だったがセカンドライナー、しかし梶谷は飛び出さず帰塁。ここで内村が初球でセーフティ気味の送りバントで2死2塁。すると金城が3-2からワンバウンドを見逃して四球になり1・2塁。するとブランコが2-1から真ん中を高く打ち上げるも、二塁後方に落ちて記録は同点タイムリーヒット。ラミレスは倒れる。
7回裏:5番手は吉川。2死からセンターに弾き返されヒット、内角をレフト線に2塁打を打たれピンチ。ここで初球スライダーが甘く入り2点タイムリー2塁打。さらにタイムリーを打たれる。

8回表:2死から高城が外角を流してヒット、梶谷がまたしてもセンター返しヒットで1・2塁。しかし石川は勢いが足りず投手を越えたが破れず。
8回裏:6番手は神内。先頭に逆球が続き四球、送りバントでピンチ。さらに四球で1死1・2塁。三度四球。ここで押し出しデッド、タイムリーヒット、暴投で失点を重ねる。

9回表:先頭の松本が初球を強振して右中間を抜いて3塁打。金城のセカンドゴロで松本が生還。続くブランコが今日3発目のソロ。



―打撃面―
(1回)
先頭の石川が上手く弾き返しヒットも、内村は今日も送りバントではなく強硬策を取るがひと伸びなくレフトフライで1死1塁。
ここでモーガンは内角攻めにあいストレートを見逃し2死。
するとブランコも引っ掛けて倒れる。
(2回)
1死から中村が低めを見極め四球、パスボールでチャンス。
さらに荒波のライトフライで中村が3塁へ。
しかし、高城はストレートに力負け。
(3回)
1死から石川が四球、2死から盗塁でチャンスメイク。
しかしモーガンは2打席連続でストレートを見逃し。
(4回)
先頭のブランコが内角低めを引っ張りソロで1点を返す。
1死から中村が2打席連続四球も、後続は倒れる。
(5回)
1死から石川が良い当たりに見えたがやや風の影響で詰まったか、センター前に落ち相手の対応もあって2塁打。
ここで内村が流し打ちしてライトフライも、2死3塁に変わる。
しかし代打・金城を出すも倒れる。
(6回)
先頭のブランコが3-0から高めストレートに全く振り負けず風もあっただろうがバックスクリーンへ2打席連続ソロ。
1死から今度は中村が3-1からの甘いストレートをレフトスタンドへソロを打つ。
(7回)
先頭の代打・梶谷がセンター前にヒットも、石川は惜しくもセカンドライナー。
しかし、この打球で梶谷は飛び出さない。
1死から内村が初球セーフティで送りバントとなりチャンス。
2死から金城が3-2からのフォークに全く反応せず四球を選ぶと、ブランコがラッキーなタイムリーヒットで同点。
ただ、ラミレスは高めを打ち上げる。
(8回)
2死から高城が上手く流してヒット、梶谷も逆らわず高いバウンドで投手を越えてヒットで1・2塁。
しかし石川は梶谷の同じような打球も二遊間を抜けず倒れる。
(9回)
先頭の松本が速い打球で内野を破り3塁打。
金城のセカンドゴロの間に1点を入れる。
さらにブランコが今日3本目のソロで追撃。

打撃陣全体としては、控えも含めてやはり良いスイングを続けている。
多少点差があっても追いつける。
それは首脳陣も同じ思いで采配にも表れている。
特に先頭の石川が好調で出塁する試合が目立つが、簡単に内村が送らない。
エンドランすら使わないのはどうかと思うが、簡単にバントをしていては相手に脅威とならない。
続くモーガンも足は早く併殺になりづらいので、こういった強硬策も今後とも多用していくだろう。

選手個人としては、ブランコを取り上げる他ない。
確かにどの打者を見ても良いスイングはしているが、この選手の打球は違う。
言葉は悪いが、馬鹿みたいに打球が飛んでいく。
特に3本目の神宮レフトスタンド上段への打球は凄まじかった。
すべて走者を置かなかった場面というのが何とも惜しいが。



―投手面―
先発はエース三浦、前回は8回途中2失点で勝利。
(1回)
1死から緩いカーブを初球に持ってきたがヒットも、後続を抑える。
立ち上がりがいつもより良い。
(2回)
先頭にストレートを流されソロ。
さらに3-2からの低め逆球ながらスライダーを内角厳しいところに投げたが上手く引っ張られ再びソロを打たれてしまう。
2度あることは3度あるのか、今度は真ん中のストレートをソロにされて3者連続。
さすがに4者連続はならずレフトフライに抑えたが、これも風で深いフライになる。
続く投手への高いバウンドを三浦が弾くと、丁度ショート石川のところに入りゴロで2死。
ここでライトへ強い打球を打たれると、風で伸びると判断したかモーガンは突っ込めずヒット。
しかし、後続を抑える。
あまりに風が強すぎて、そこまで飛ばされるコースではなくてもスタンドに入ってしまっている。
(3回)
1死から前のイニングに続いてソロ。
2死から引っ張られ2塁打にされるが、後続を抑える。
―三浦は完全に強風に負けてしまったという感じ。いつも風が強いと彼の投球が荒れる印象があるのは確か。特にスライダーを右打者のインコース、左打者のアウトコースに持ってくることがあるのだが、その球が完全に逆球になってしまっていた。これが使えないとピッチングの幅が狭くなってしまう。今日の投球は忘れて次回に挑むだろう。交代時期に関しては、もう1イニングいって打順が回ってくるのでとは思ったが。

2番手は三浦とは対照的な剛腕・三嶋。
(4回)
3者凡退。
―1イニング交代時期が早かった気がするが、本人はしっかり準備していた様子。今日はさほど荒れるストレートではなく、真ん中から低めに集まっていた。コースも内外角に投げ切れていたし、今日のような投球なら厳しいところでも投げられるはず。

3番手は昨日プロ初勝利の左腕・土屋。
(5回)
2死から投手ゴロに当たるが、その後機敏なフィールディングを見せて自ら処理し投手ゴロ。
怪我もなさそう。
―土屋は今日も良い走りがあって、コントロールもよく出来ている。昨日も追い上げムードをもたらした投手で、今日も味方の逆転に向けたムードを作り出すことができた。良いフィールディングもあったし、この2日間の大きな収穫。

4番手は開幕から少し不甲斐ない投球が目立つリリーフ佐藤。
(6回)
2死から甘く入りヒットも、後続を抑える。
―佐藤も良い投球。特にあまり得意では元々ない対左で3つのアウトを取れたのがアピールに繋がるだろうし、彼がワンポイントで起用できるなら他の救援陣の使い方も安定してくる。昨季セットアッパーもやっていた大原慎が上がってくると、佐藤にとっては厳しいので、その前にアピールを続けなければならない。

5番手はセットアッパーに入って良い投球を直近2試合続けている吉川。
(7回)
2死からセンターへヒット、レフトへの2塁打を打たれて2・3塁。
ここで2点タイムリー2塁打を甘いスライダーで打たれてしまい勝ち越される。
さらに余計なタイムリーを打たれてしまう。
―吉川にはやはりセットアッパーを担うのは重荷なのではないだろうか。確かにここ2試合抑えているが、正直安定感がない。たまに同点やビハインドが苦手な投手はいるので、もう1度セットアッパー起用をテストしても悪くはないが、もう1度失敗すれば神内あたりも試した方が良い気がする。同じ打たれるのなら、将来性のある三嶋の方が良い。

6番手は左腕リリーフ神内。
(8回)
先頭に球が浮き四球、送りバントでピンチ。
ここでまた四球、またしても四球で1死満塁。
すると押し出しデッド、タイムリーヒット、暴投で3点を献上。
―神内はオープン戦でもあったが、四球連発で崩れる。投げている球自体はさほど悪くないのだが、あまりにコントロールができず。これでは安心して勝ちゲームでは投げさせられない。

投手陣の方は少しリリーフの起用を考えなければいけない。
現在は吉川をセットアッパーでテストしているが、あまりに安定感に不安がある。
まだ今日の神内のように与四球連発で崩れたわけではないが、彼もボール先行になりやすい。
今の投手陣でこのような投手を7回に出さなければいけないのであれば、それこそルーキー三嶋を起用してはどうか。
将来を考えても、山口の後継は彼が筆頭になるのは間違いない。


横浜ベイスターズブログランキング:7位/野球ブログランキング:99位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。


スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<試合分析:ペナントレース第9戦、VS広島。 | ホーム | 試合分析:ペナントレース第7戦、VSヤクルト。>>

コメント

某サイトの記事にもありましたが、ラミレスは下でしばらく守備練習に取り組んだ方がいいのではないでしょうか。確かに外国人で2千本は凄い記録だと思いますが。
あと、好調の荒波の打順を上げてはと考えてしまうのですが…。
2013-04-07 Sun 17:42 | URL | トリモノ [ 編集 ]
bay love です、こんばんは、
7回は同点にしてこれからというムードぶち壊しでしたね、吉川を使う事自体謎だが百歩譲ってミレッジのところは加賀でしょう 打たれるのを待っているようなベンチワークも大疑問、、、
正直今のベイスターズの状態 戦力は98年にも負けてないと今日の試合 攻撃力を見ていても私は感じています、、、ただ唯一の違いは監督、投手コーチの勝負勘、誰が使えるか使えないかを見極める眼力と流れを掴む勝負勘でしょう
これで巨人戦と今日の試合勝てる試合を落とし、選手がどっと疲れた試合になったのではないかと、、

とにかく今のベイに足りないのは投手力ではなくそれをどう使うかだと思っています 去年は戦力不足であまり表に出てこなかったですが、戦える戦力が出来てくると目立ってくるのがベンチワーク、、、なんとかしてほしいところ、

私も7回三嶋大賛成です早く形を固めた方が、
田中、加賀、神内、とかうまく使えば他のチームにも引けは取らないはず
もう吉川は3点ビハインド位の試合で使うべきで佐藤も左のワンポイント位で十分、、9日からの広島戦今のチーム状態なら2勝1敗でいけるのでがっちり行ってほしいところ、、、、では又
2013-04-07 Sun 18:38 | URL | bay love [ 編集 ]
トリモノさんへ

確かにラミレスに守備練習をさせても構わないチーム状態ではあると思います。
ただ、はたして練習をしたところで向上をするのかは怪しいですが…。

荒波の打順については、7番では勿体ないという声が大きくなってきたような気がしますね。
楽に打った方が良い結果を残せるタイプだと考えられますが、6・7番以外であれば3番でも良さそうです。
1番となると変に意識しそうなので、今と同じように打席に入れる打順が良いはず。
ただし、7・8・9番と楽に思われてしまうスタメンはやめた方が良いので、荒波とモーガンを単純に入れ替えるのは拙いかと。
3番に荒波なら、6番にモーガンを置き、7番に中村などの方が良さそうです。
2013-04-07 Sun 18:39 | URL | baystars fan [ 編集 ]
打線が、せっかく追いついたのですが、終盤での大量失点これでは勝てませんよね。

自分としては、土屋のところでもう少し投げさせてもよかったんじゃないかと
6回裏岩村 武内と左が続いたわけですから
土屋は日ハムの時は先発中継をしていたのでいけると思いますが

最後二人が三点ずつとられましたがベンチには
加賀 ソーサ 山口しか残っていませんでしたから仕方なく投げさせるしかなかったんでしょうね

中継を見れなかったので、分かりませんが神内のほぼ自滅は風の影響でしょうか?




2013-04-07 Sun 19:06 | URL | 横浜魂 [ 編集 ]
bay loveさんへ、こんばんは。

仰る通り、吉川に首脳陣は期待しているということなのでしょうが不明な起用ですね。
加賀をどう使う気なのか、さっぱりわかりませんし。
これで先発しないとなれば、なおさらよくわからない…。

確かに投手力自体に問題があるというより、その起用の方が問題だという意見もありますよね。
私もその点は否定できませんね。

さて、仰るような救援陣起用をしてくるでしょうか。
問題の広島戦ですが、ここで勝ち越せたら、きっと良い起用をしたのでしょうね。
2013-04-07 Sun 23:17 | URL | baystars fan [ 編集 ]
横浜魂さんへ

あまりに救援陣が不甲斐ないですね。
そのまま勝てたかどうかは分かりませんが、少なくとも流れは打線が持ってきたわけですから。

実は私も土屋にもう1イニング行ってもらえば、と思っていました。
結局佐藤も良い投球をしたのでよかったですが、はっきりいって1イニングで交代すると後々疲れが溜まってきますからね。
個人的には、その前の三嶋1イニングも三浦の続投で後ろ倒しにすべきだったと思いますし。

神内のところは余計な投手を使わないということで仕方なかったと思いますが、吉川のところは考えた方が良かったかもしれません。

神内のピッチングは風がもう弱くなってきていたと記憶しています。
多少はあったかもしれませんが、そこまで風は影響なかったように見えました。
三浦とは違ってスライダーが風に流されたり、抜けたりという感じではなく、どちらかというと引っ掛けたようなボール球が多かったはずです。
2013-04-07 Sun 23:25 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。