FC2ブログ

ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペナントレース第13戦、VS阪神。

今日の見どころ…1点を早めに奪えるか。

横浜ベイスターズブログランキング:7位/野球ブログランキング:91位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。



(試合開始前情報)
今朝5時頃に大きな地震があった地方だが、試合は支障なく開催。



-スタメン―
1:石川(遊)5-2
2:内村(二)4-0、1犠打
3:多村(右)5-1、1打点
4:ブランコ(一)3-0、1四球
5:ラミレス(左)2-0、1四球
6:中村(三)4-1、1打点
7:荒波(中)4-2、1打点
8:鶴岡(捕)4-1、1打点、1盗刺
9:藤井(投)2-0

―途中出場―
松本1-0
下園0-0、1四球
山崎1-0、1併殺

―投手―
先発:藤井(5回、1奪三振、5被安打、2与四球、1失点)
2番手:加賀(1回、無失点)
3番手:大原(1回、無失点)
4番手:ソーサ(1回、1与四球、無失点)
5番手:三嶋(1回、1奪三振、無失点)



―試合―
6-1、1回のリードを継投で守り切る。

1回表:先頭の石川が引っ張りヒット、内村が送りバントで1死2塁。すると多村がセンター前に弾き返し先制タイムリーヒット。さらにブランコが四球。再びラミレスが四球で満塁。続く中村はセカンドゴロも封殺となり、多村が生還。ここで荒波が一二塁間にタイムリーヒット。続いて鶴岡が流してタイムリー2塁打。藤井は平凡なセカンドゴロになったと思ったが相手セカンドがトンネルし、荒波に続いて鶴岡もホームイン。
1回裏:先発は藤井。先頭を詰まらせるがショート石川の頭上になりヒット、2死から3-2でエンドランの形になってヒットとされ1・3塁。しかし後続を抑える。

2回表:三者凡退。
2回裏:1死から四球も、後続を抑える。

3回表:三者凡退。
3回裏:1死から低めを引っ張られショート頭上を越えられて3塁打。ここで四球。するとライトフライを打たれ、多村がバックホームしたが少し逸れて犠牲フライ。しかし後続を抑える。

4回表:2死から石川がセンター前も、内村は倒れる。
4回裏:先頭に0-2から甘く入りヒットも、続いて三振併殺。

5回表:三者凡退。
5回裏:1死から2塁打でピンチ。しかし、後続を抑える。

6回表:三者凡退。
6回裏:2番手は加賀。三者凡退。

7回表:先頭の代打・下園が高めのボール球で四球、1死から牽制悪送球で進塁。2死から多村が強いゴロを放つが相手サードに上手く捕られるも、送球が悪送球でエラーとなり2死1・3塁。再びブランコの打球がサードに捕られると、今度は送球も逸れず。
7回裏:3番手は大原。三者凡退。

8回表:先頭の松本は投手ゴロかと思いきや、相手投手が送球を横に逸らしエラー出塁。すると中村が高めをひっかけるが二遊間を抜きヒットで無死1・2塁。すると荒波が3塁側にセーフティバントし成功させ満塁。しかし鶴岡はインコースに詰まりショートゴロ本塁憤死。すると山崎もショートゴロを打ってしまい併殺。
8回裏:4番手はソーサ。先頭に四球も、1死から併殺。

9回表:三者凡退。
9回裏:5番手は三嶋。三者凡退。



―打撃面―
スタメンに一昨日代打で対左からホームランを放った多村が今季初スタメン3番ライト。
(1回)
先頭の石川が初球を引っ張ると一二塁間にヒット、内村がしっかり送って1死2塁。
ここで多村が低めをピッチャー返し相手投手を抜いて二遊間を破りヒット、石川が生還し先制タイムリーヒット。
さらにブランコが全くボール球を振る仕草を見せず四球で1死1・2塁。
するとラミレスも四球で歩いて満塁。
続く中村は詰まるが、その詰まりが幸いして封殺打となり1点を追加。
その上に荒波が引っ張りタイムリーヒット。
続いて鶴岡が流してファーストを強襲しタイムリー2塁打。
藤井は倒れるはずが、普通のセカンドゴロを相手西岡がトンネル、これで2・3塁走者が両方ともホームイン。
石川の1回2打席目はファーストゴロも、打者一巡して合計6点を先制。
(4回)
1死から藤井は簡単に倒れず粘りに粘って2死。
ここで石川がセンターへ弾き返しヒットも、内村は倒れる。
(5回)
先頭の代打・下園が四球も、石川は痛烈な打球がセカンド正面で1死1塁。
ここで暴投があり2進。
2死から多村の打球が捕られサードゴロかと思いきや、その送球が逸れてしまいエラーで2死1・3塁。
しかし、ブランコの痛烈な打球も捕られて、今度は送球が横には逸れず。
(8回)
先頭の松本は投手ゴロだったがエラーとなり、中村が引っ掛けながらヒットで無死1・2塁。
さらに荒波がバントを3塁側に転がし内野安打。
しかし鶴岡は詰まり本塁が刺されて1死満塁。
すると山崎もショートゴロで併殺。

打撃陣全体としては、1回の6点で既に十分の働き。
ただ、8回の無死満塁は逃してならないチャンス。
ここで1点でも入れば、その時点でゲームを決められる。
後続が鶴岡・山崎では致し方ないかもしれないが。

選手個人としては、今季初スタメンの多村が先制打。
凡退した打席も当たりの良いものは多い。
対左でしばらくスタメン起用されるかもしれない。

また、状態がまた上がってきたのが石川。
少し打率が落ちてきていたが、今日の打撃を見る限り問題なさそう。
2安打もそうだが、こちらも凡退の内容が良い。



―投手面―
先発は6回までが期待される左腕・藤井。
(1回)
先頭を詰まらせるがヒット、2死からヒットでスタートを切っていたため1・3塁。
しかし後続を詰まらせ仕留める。
(2回)
1死から四球も、後続を抑える。
(3回)
1死から引っ張られ空いていた左中間に行ってしまい3塁打。
ここで四球の後、犠牲フライを打たれて、1塁走者も2塁。
しかし後続を抑える。
(4回)
先頭に0-2から低め要求が高めに抜けヒットも、後続を三振に、エンドランの形でスタートを切っていた1塁走者を鶴岡が刺す。
すると内野ゴロで抑える。
(5回)
1死から引っ張られ2塁打。
しかし、後続を抑える。
―藤井はほぼ計算通りの結果、とはいえ6点リードなのだからという事実を考えると6回は投げ切ってほしい。状態はそこそこだったとは言っても、これで5回までなのは勿体ない。ただ、試合自体はしっかり作り、再三のピンチを犠牲フライ1点だけで抑えたので評価はできるが。

2番手はここまで成績は芳しくない右腕サイドスロー加賀。
(6回)
三者凡退。
―加賀は完璧に抑えた。少し成績が良くないのだが、これは徐々に回帰していくだろう。状態を考えても厳しい場面では厳しいというような感じでもない。吉川をセットアッパーに出すくらいなら、加賀を出した方が良い。

3番手はおそらく唯一信頼できる左腕・大原。
(7回)
三者凡退。
―大原は復帰してから既に4戦目だが、ほとんど完璧に抑えきっている。やはり7回を任せられる存在だと言える。これでもう1人ワンポイントの投手がいれば、そういう使い方に徹することができる。

4番手はセットアッパー・ソーサ。
(8回)
先頭に四球も、1死として併殺で切り抜ける。
―ソーサは先頭への四球がいただけないが、その後はコントロールを安定させた。このあたりの修正力が安定感を裏打ちしている。

5番手はある意味で抑えの経験をさせるのか三嶋。
(9回)
三者凡退。
―三嶋は初めてゲームを終わらせる役目を担った。将来的には山口の後釜になってもらえる素質があるだけに、こういった経験を所々で積ませてもらいたい。それにしても、今日は素晴らしい“力の抜け”方だった。彼の課題はどうしてもストレートが上ずってしまうことだったが、今日は球速を140km中盤に落としてストライクを先行させていた。もしかすると疲れで上手く力が抜けているのかもしれないが、この力加減を覚えて1つ安定感を身につけてほしい。



―守備走塁面―
3回多村のバックホーム。
タイミング的には良い球が返ればアウトにできた可能性はあるが、少し逸れてしまった。
その分1塁走者に進塁されたが、これは致し方ないと思われる。
実際、多村の強肩は健在であるし、少し逸れた分が小さければ刺せたかもしれない。
6点リードという状況なら無理をする場面ではないが、2死となったことを考えてもチャレンジして良いだろう。



(次試合情報)
明日の試合:DeNA(三浦)VS阪神(藤浪)

横浜ベイスターズブログランキング:7位/野球ブログランキング:91位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。


スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<ペナントレース第14戦、VS阪神。 | ホーム | ペナントレース第12戦、VS阪神。>>

コメント

bay love です、こんばんは
今日は3番多村で決まりでしたね昨日も左投手の時にスタメンと投稿してましたが(ブロガーさんとまったく同じ考え)こんなに早くチャンスが来るとは、これが見事はまり正直今日も多村がセンター前で繋がなかったら多分2-1か1-0で又負けていたでしょう、、、
これで前から一押しの松本を右の時、多村を左投手の時に使えば98年の佐伯、中根 の時のように使えるのではないかと、、(松本も3番で昔のスーパーカートリオの様に俊即が3人並び面白いのでは松本は下位では持ち味が生きないと思うので1度試して欲しいところです)

今日は謎の投手リレーも無く藤井を変えるタイミングもGOOD,

三嶋は私も前にも言ってましたが早く7回固定で、150kmトリオで球団の顔にしてほしい

明日は藤浪ー三浦なのでプロ野球の凄さを味わせて欲しいところ、、、なにやらいやな予感はしていますが(笑)
では又。
2013-04-13 Sat 19:10 | URL | bay love [ 編集 ]
bay loveさんへ、こんばんは。

私たちが希望した多村のスタメンが実現し、それが勝利に繋がりましたね(笑)。
3番松本を実現させるなら、今しかないでしょう。
ここで松本もチャンスをしっかり生かしてもらわなくてはなりませんが。

藤井の交代のタイミングは5点リードながら、あの内容だったので、6回の初めから代えるべきでしたからね。

三嶋に初めて試合を締める役回りを経験させましたが、これが良い内容で当たりました。
藤江や菊池あたりが戻ってくると、なかなか三嶋を7回に起用できなくなってくるでしょうから、今のうちに試してやってほしいですね。
これで成功すれば、念願の150kmトリオが実現ですか(笑)。

相手はルーキーと言えど昨秋のドラフトでの最高評価投手でしょうから、三浦も心して戦って欲しいですね。
いやな予感はこのチームの付き物ですし、エースらしく振り払ってもらいましょう。
2013-04-13 Sat 21:20 | URL | baystars fan [ 編集 ]
終盤がポイントとなるかと思いきや予想外です。
藤井も6回だろうと思ったのも外れました
今日のソーサはどういう意図で投げさせたと思いますか?
自分としては、三嶋に2イニング投げさせてあげたかったんですが
八回から投げさせて

ラミレスなんですが、今日に限らずあなたなら守備固めをどう使いますか?
私は、七回三点以上勝ち越しが私の中の理想です
八、九回なら勝ち越してれば点差に限らず守備固め。

中継ぎ弱いので逆転された後に、ラミレスの打席チャンスで回ってきて守備固め出さなきゃよかったみたいな後悔はしたくないですから


ラミレス守備問題は色々ありますが、打撃面では、全面的にラミレスを信用しているので自分としては今日の監督の判断が早いと思います
2013-04-13 Sat 23:02 | URL | 横浜魂 [ 編集 ]
横浜魂さんへ

本日のソーサの起用については、私も少し引っ掛かりました。
おそらく勝つという一心で8回に点を奪われたくないということの表れでしょうね。
8回に四球連発で崩れるようなタイプの投手を出せないと思ったのでは。

私もラミレスをいつ代えるかは難しい課題だと考えています。
これは状況次第ということになりますが、私も基本的には7回3点以上、あるいは6回4点以上のリード時には代えると思います。
ただ、私の場合は一律にこうするというのは性格上やらないはずなので、その試合の流れや継投、リリーフの状態等が重要なファクターになります。
確かに打撃面では私も信用していますが、彼をレフトで維持して逆転をされる可能性と代えて逆転される可能性を比べれば明らかに前者の方が高いように思います。
代えて後悔するより、代えずに後悔したくないのが私の性格なので、横浜魂さんよりは早めに代えるかもしれません。
2013-04-14 Sun 00:36 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。