ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペナントレース第14戦、VS阪神。

今日の見どころ…貫禄を示せるか。

横浜ベイスターズブログランキング:8位/野球ブログランキング:106位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。



(試合開始前情報)
相手は昨秋ドラフトで最も注目された大卒ルーキー。



-スタメン―
1:石川(遊)4-0、1失策
2:内村(二)4-1
3:モーガン(右)4-1
4:ブランコ(一)4-1、2三振、1失策
5:ラミレス(左)4-0
6:中村(三)4-2
7:荒波(中)4-2、1盗死
8:高城(捕)1-0、1四球
9:三浦(投)2-1

―途中出場―
渡辺直1-0、1併殺
金城1-0

―投手―
先発:三浦(7回、5奪三振、6被安打、4失点、2自責)
2番手:三嶋(1回、2奪三振、1被安打、無失点)



―試合―
0-4、エラーがらみの失点で流れを手渡す。

1回表:三者凡退。
1回裏:先発は三浦。三者凡退。

2回表:2死から中村が内角ストレートをヒットも、荒波は打ち上げて倒れる。
2回裏:三者凡退。

3回表:三者凡退。
3回裏:三者凡退。

4回表:2死からブランコがストレートをショート頭上へヒットも、ラミレスは高く打ち上げる。
4回裏:先頭の高いバウンドのゴロは中村がカットしようとしたができず石川も視界に入り内野安打、送って1死2塁。ここでブランコは難しいバウンドながら合わせきれずエラーし先制される。しかし後続を抑える。

5回表:1死から荒波が外角ストレートを流してヒットも、高城の打席で盗塁を試みるが送球が良すぎて刺される。2死から高城がストレートの四球、三浦が引っ張り三遊間でヒットとなり1・2塁。しかし、石川は倒れる。
5回裏:先頭にスライダーが甘く入りヒット、1死から三遊間にゴロが転がると石川は間に合いそうもない送球をまさかの悪送球にしてしまい1・3塁。ここでセーフティスクイズを決められる。さらに後続にタイムリー。続いて初球で盗塁される。するとまたタイムリーヒット。さらに暴投で2死2塁になるが、後続を抑える。

6回表:先頭の内村が引っ張りヒットも、後続は倒れる。
6回裏:三者凡退。

7回表:1死から荒波が流し打ちヒットも、代打・渡辺直は併殺。
7回裏:先頭にヒット、送りバントでピンチ。しかし後続を抑える。

8回表:三者凡退。
8回裏:1死から3塁打。しかし後続を抑える。

9回表:先頭のモーガンが引っ張りヒット、2死から中村がヒットでチャンス。しかし荒波は倒れる。



―打撃面―
スタメンに3番ライトのモーガン復帰。
(5回)
1死から荒波が3-1で外角高めに合わせヒットも、盗塁に失敗。
ここで高城がストレートの四球、まさかの三浦がストレートを狙いヒットで2死1・2塁。
しかし石川は力で押され倒れる。
(6回)
先頭の内村が出るが、続くモーガンはライナーで1死1塁。
後続も倒れる。
(7回)
1死から荒波が2安打目のヒットも、代打・渡辺直は投手ゴロ併殺。
(8回)
先頭のモーガンがヒット、2死から中村が2安打目となるヒットでチャンス。
しかし荒波は倒れる。

打撃陣は全体的にタイミングがずれていた。
一部タイミングが合っていた打者もいるが、序盤は全くと言っていいほど誰もあっていなかった。
中盤になってようやく捉え出したが、それでは遅かったか。



―投手面―
先発は阪神キラーのエース三浦。
(1回)
三者凡退。
いつもより明らかに立ち上がりが良いが、逆に不安になる。
(2回)
三者凡退。
ストレートが130km手前が常時という感じだが、いつもより丁寧に投げている様子。
(3回)
三者凡退。
ストレートがMAX137kmまで出るようになったので、ここから攻めの投球ができるか。
(4回)
先頭に弱い当たりも三遊間の連携が上手く行かず内野安打、送りバントでピンチ。
するとファーストゴロのバウンドに、ブランコは合わせきれないエラーで先制される。
(5回)
先頭に逆球スライダーが行ってしまいヒット、1死から緩い三遊間の打球に石川は追いつくのに精一杯だったが2塁に無駄な送球をしてしまい悪送球になってエラーで1・3塁。
ここでスクイズを警戒して外角に外そうとしたようなスライダーが2球逆球となり結果セーフティスクイズを決められてしまい生還を許す。
さらに後続にまたしてもスライダーが甘く入りタイムリーを打たれる。
続いて盗塁を初球スライダーで決められる。
するとまたタイムリーを打たれてしまう。
さらに暴投で再びピンチ。
しかし、後続を抑える。
(6回)
三者凡退。
(7回)
先頭にヒット、送りバントで1死2塁。
しかし後続を抑える。
三浦は完全に足を守備で引っ張られてしまった感じ。はっきりいって自責点0でもおかしくない。確かに3・4点目は余計だったと思うが、それでも代打で代えられるまで7回を投げ切った。今日に関しては責められる立場ではない。
2番手はルーキー三嶋。
(8回)
1死から流され3塁打にされる。
しかし、後続を抑える。
―三嶋は登板が増えているが、落ち着きが段々見えてきた。そろそろ厳しい場面での投入もアリかもしれない。



―守備走塁面―
4回のブランコのタイムリーエラー。
これはバウンドにグラブで合わせに行ったが、身体は正面に行かない分止められない。
ここは後ろに逸らさなければ1塁はアウトにできる。
ある意味で判断ミスという感じか。

5回の石川の悪送球。
これは余計な送球。
2塁に送球しても間に合わないタイミングだったし、体勢も悪く送球しづらい。
これがなければスクイズではなく、送りバントになるところだったので、重要なプレーだった。
これも判断ミスの1つだろう。

横浜ベイスターズブログランキング:8位/野球ブログランキング:106位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。


スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ペナントレース第16戦、VS広島。 | ホーム | ペナントレース第13戦、VS阪神。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。