FC2ブログ

ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

試合分析:ペナントレース第20戦、VS中日。

今日の見どころ…今季初の3タテを狙う。

横浜ベイスターズブログランキング:12位/野球ブログランキング:216位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。



(試合開始前情報)
非常に寒い。



-スタメン―
1:石川(遊)4-2、2四球
2:内村(二)6-3
3:多村(右)1-0
4:ブランコ(一)4-2、1本塁打、1打点、2四球
5:ラミレス(左)2-1、1四球
6:梶谷(三)6-1、1併殺
7:松本(中)5-2、1犠打
8:高城(捕)5-1、1打点、1犠打、3盗許
9:三浦(投)2-0

―途中出場―
金城5-0
下園2-1、1四球
後藤1-0
渡辺直1-0
三嶋1-0
山崎

―投手―
先発:三浦(6回、3奪三振、5被安打、2与四球、1失点)
2番手:大原(1/3回、1被安打、1与四球、1失点)
3番手:加賀(2/3回、無失点)
4番手:ソーサ(1回、1奪三振、2被安打、1失点)
5番手:山口(1回、1奪三振、1被安打、無失点)
6番手:三嶋(2回、4奪三振、無失点)
7番手:吉川(1回、3与四球、無失点)



―試合―
4x-3、開幕カードに実現できなかった3タテを実現

1回表:先発は三浦。先頭に外角を流されヒット、エンドランで強い当たりを打たれるが梶谷が飛びつきサードゴロも進塁打で1死2塁。2死から暴投。しかし後続を抑える。
1回裏:先頭の石川が引っ張りヒット、内村がセーフティ気味にバントすると相手ファーストの焦りを誘いオールセーフで無死1・2塁。ここで多村は弱いショートゴロになるが、石川が3塁へ。すると暴投で先制点。しかし後続は倒れる。

2回表:1死の後、なぜか多村が守備交代。すると四球。ここで外角低めをヒットにされ1死1・2塁。しかし後続を抑える。
2回裏:三者凡退。

3回表:先頭に高めをヒットも、エンドランの形でライトフライにして1死1塁。2死からカーブのタイミングで盗塁。しかし後続を抑える。
3回裏:1死から石川がストレートの四球、内村がエンドランで引っ張り進塁打で2死2塁。しかし金城は倒れる。

4回表:三者凡退。
4回裏:先頭のブランコが内角を引っ張りレフトスタンドへソロ。するとラミレスがボテボテのショートゴロに全力疾走して内野安打、1死から松本が引っ張りヒットでチャンス。ここで高城は併殺コースのサードゴロに見えたが、相手サードがトンネルしてラミレスが生還し、なおも1死1・3塁。しかし三浦のスクイズは正面に転がってしまい、松本のスタートも遅く失敗。石川が再びストレートの四球も、内村は打ち上げてしまう。

5回表:1死から投手に甘く入りソロ。2死からヒット、四球でピンチ。しかし、後続を抑える。
5回裏:1死からブランコが連日のバットを折りながらのヒット、ラミレスが四球で1・2塁。しかし梶谷はセカンド正面で封殺となり2死1・3塁。松本は当たりが弱く倒れる。

6回表:三者凡退。
6回裏:2死から石川がポテンヒット、内村がランエンドヒットの形になり狭くなった二遊間を抜けてヒット、石川が3塁へ。しかし金城は倒れる。

7回表:2番手は大原。先頭にストレートの四球、ヒットで無死1・2塁。ここで送りバントされ1死2・3塁。3番手は加賀。ここで逆球になり犠牲フライ。しかし後続を抑える。
7回裏:1死から下園が詰まるも二遊間にヒットも、梶谷も同じような打球を打つが抜けず併殺。

8回表:4番手はソーサ。先頭に高めをヒット、1死から盗塁。2死からストレートで押すが全てストレートが同じ高さに集まったこともあり合わされタイムリーヒットで同点。しかし後続は抑える。
8回裏:先頭・松本が痛烈な当たりを打ち相手セカンドに捕られるも悪送球となり内野安打、高城が1球でしっかり送って1死2塁。しかし後続は倒れる。

9回表:5番手は山口。2死から一二塁間をブランコがダイビングキャッチしようとしたが捕り切れず内野安打も、後続をライトフライ。
9回裏:先頭の内村が流して痛烈な当たりを相手サードが弾く間に内野安打、続く金城に送りバントの構えがあったが内村が盗塁を成功させる。しかし金城は三振し、ブランコが敬遠され1死1・2塁。さらに下園が四球で満塁。しかし梶谷は正面の内野ゴロで2死満塁。松本は打ち上げて倒れる。

10回表:6番手は三嶋。三者凡退。
10回裏:三者凡退。

11回表:三者凡退。
11回裏:2死からブランコが敬遠。しかし下園は倒れる。

12回表:7番手は吉川。先頭に抜けて四球、送りバントで1死2塁。ここで敬遠。2死から四球で満塁。しかし後続を抑える。
12回裏:先頭の梶谷が高いバウンドを打ち相手の悪送球もあって内野安打、松本が送りバントで1死2塁。すると最近全くヒットが出なかった高城が初球を捉えてレフトフェンス前まで運びサヨナラタイムリー2塁打。



―打撃面―
スタメンにサードで梶谷。
(1回)
先頭の石川が引っ張りヒット、内村がセーフティ気味にバントをすると1塁もセーフで無死1・2塁。
すると多村の打球で1死1・3塁になって、暴投があり石川が生還。
なおも1死2塁だったが、後続はポップフライ。
(3回)
1死から石川がストレートの四球、内村がエンドランで進塁打となり2死2塁。
しかし金城は倒れる。
(4回)
先頭のブランコが4試合連続本塁打のソロ。
無死からラミレスがボテボテのショートゴロで全力疾走し内野安打、1死から松本がヒットでチャンス。
すると高城の当たりは併殺になりそうだったが、相手サードがタイムリーエラー。
しかし、三浦はスクイズをするも、セーフティスクイズだったのか松本のスタートが悪く還れず。
ここで石川が再びストレートの四球で2死満塁。
しかし、内村は打ち上げてしまう。
(5回)
1死からブランコがバットを折っても打球が速くヒット、ラミレスがボール球に手を出さず四球でチャンス。
しかし梶谷は強い当たりもセカンドゴロ、だが相手ショートが焦ったか手につかず封殺止まりで2死1・3塁。
だが、松本も倒れる。
(6回)
2死から石川がラッキーなヒット、内村がランエンドヒットの形でヒットコースを破りヒットで石川が3塁へ。
しかし金城は倒れる。
(8回)
先頭・松本が痛烈な当たりを止められるが内野安打、高城が1球目で送ってチャンス。
しかし後続は倒れる。
(9回)
先頭の内村が痛烈な当たりを放って相手サードを強襲して内野安打、金城の打席でバントかと思いきや盗塁を仕掛けて無死2塁。
1死からブランコが敬遠される。
さらに下園が四球で満塁。
しかし昨日のヒーロー梶谷は高めのボール球を抑えてしまい内野ゴロで2死満塁。
ここで松本が粘るが高めを捉えられず。
(11回)
2死から無走者にも関わらずブランコが敬遠される。
しかし下園は倒れる。
(12回)
先頭の梶谷が高いバウンドを打って相手の悪送球もあって内野安打、松本が送りバントで1死2塁。
すると当たりの止まっていた高城が甘い球を見逃さず引っ張ってサヨナラタイムリー2塁打。

全体として、良い感じで繋がりはあった。
ただ、最後の1本が5回以降全く出なかったのが相手に流れを渡してしまった要因。
どこかで1本出ていれば、救援陣がもう少し楽な投球ができたのだが…。

今日のヒーローの高城、ここまで不振が続いていたが、やっと1本出てサヨナラ。
前々から思うが、何か持っている選手である。
捕手なのでそれほど打ちまくる姿は期待していないが、彼が打つとその前までの打者が良い並びをしているので、相手は9番しか楽に抑えることはできない。
高望みはしないが、打率.250くらい打ってくれるとありがたい。

それにしても、ブランコが圧巻。
最終的にはランナーがいないにも関わらず敬遠されてしまうという事態。
やはりハマスタとの相性が良いようだ。

一方で全く当たりが出なかったのが、昨日のヒーロー・梶谷と多村の緊急交代で起用された金城。
やはりモーガン、多村と抜けてしまうと、昨年穴だったライトの問題が出てくる。
ただし、今年は松本の調子がしばらく良いので、荒波が復帰してくれれば2人で右中間を組むことも可能だ。
…それにしても、多村は大丈夫なのか。
どこで怪我をしたのかすらよく分からないが、ベースを踏んで捻ったか、ゴロのカバーで挫いたか。
彼はとんでもないところで怪我をする選手なので全く驚きはしないが、ベンチで見せていた姿から考えれば大けがではなさそう…であると期待したい。



―投手面―
先発は対中日で昨季相性の良かったエース三浦。
(1回)
先頭に流されヒット、ここでエンドランの形をとられて痛烈な当たりを打たれるもサード梶谷がダイビングしてサードゴロで1死2塁。
2死からワンバウンドで高城は止めるが1塁側に少し弾き暴投。
しかし後続を抑える。
(2回)
1死からなぜか多村が途中交代、お決まりの意味不明な怪我の仕方か。
すると動揺したわけではないと思うが四球で1死1塁。
ここでヒットを打たれピンチ。
しかし後続を抑える。
(3回)
先頭にヒットも、続く打者の送りバントを2度ファールさせて追い込むとエンドランの形にはなるがライトフライで1死1塁。
2死からカーブのタイミングで盗塁をされると、高城は素晴らしい送球をしたが間に合わず。
しかし後続を抑える。
(4回)
2死から強い当たりを梶谷が体で止めサードゴロとなり三者凡退。
(5回)
1死からまさかの投手にソロ。
ただ、2死からのピンチは抑える。
三浦は油断したか。
(6回)
三者凡退。
―三浦はいつも通りの立ち上がりでピンチを切り抜けて、そこから修正してきた。投手にソロを打たれるというのは何とも言い難いが、いつもソロ1本は打たれる投手なので誰に打たれたにせよ良いとしたい。交代時期としてはもう1回投げられる感じはあったが、少し6回にストレートが沈み気味になってきていて、打順のめぐりも丁度だったので良い判断だったと個人的には思う。今日もあまり状態は良くないように思えたが、徐々に状態を高めている。前回のように守備が足を引っ張らなければ、これくらいの粘りの投球ができる。

2番手はセットアッパー起用となる左腕・大原。
(7回)
先頭にストレートの四球、逆球をヒットされ無死1・2塁。
ここで送りバントをされると、サード梶谷が突っ込みすぎベースカバーに戻れず、大原が3塁へ送球できず。
―大原は先頭への四球が全てだったが、バントの処理に関しては梶谷が足を引っ張った。実質的にはマウンドを降りた状況は1死1・2塁という感じ。復帰してから非常にピッチングが良かったので、この起用自体の間違いはないだろう。本当なら大原をワンポイント含みで起用したいので、7回をしっかり締めてくれる投手が他に出てきてほしいが。

3番手は久々にセットアッパー起用になる加賀。
(7回1死2・3塁)
ここで逆球になり犠牲フライ。
しかし、後続を抑える。
―加賀は開幕直後あまり状態が良くないと判断されセットアッパーどころか楽な場面で投げていたが、昨日信頼を取り戻した様子。本当なら大原を大事なワンポイントとして残しておきたいところもあるので、現状なら加賀を7回に固定したい。とはいえ左に打たれるのが多いので、現状でのベストな選択は大原と加賀を合わせて7回を抑えきるということかもしれない。また、流れもあまり良くなかったこともある。

4番手はセットアッパー・ソーサ。
(8回)
先頭に高めへスライダーが抜けてヒット、1死から盗塁を試みられ高城が握り直して間に合わず。
ここでストレートで押すが、変化球を上手く使えなかったこともありタイムリーヒットで同点。
しかし後続は抑える。
―ソーサは状態が悪かったわけではないし、特に責められるポイントはない。ただ、高城がストレートを同じコースに構えて投げさせたのがいけなかったように思う。おそらく1球でも内角にストレートを持ってくれば良かっただろうし、1塁が空いていたので歩かせても良いくらいのリードをしてもらいたい。このあたりは高卒2年目の経験のなさの表れでもあるので、今後学んでいってほしい。

5番手は抑えの山口。
(9回)
2死からブランコが飛びつくが内野安打も、後続をライトフライ。
―山口は今日も無失点。もう1イニング行ってもという感じだったが、このところ登板が続いていることもある。

6番手はルーキー三嶋。
(10回)
三者連続三振。
(11回)
三者凡退。
―三嶋は絶好のアピール機会を獲得し成功した。元々ルーキーとはいえ、中継ぎの一角で期待できる力はあるので、私を含めファンの中でも手薄な7回を彼に任せたらどうかという意見もあるくらいである。その中でまだ僅差でのアピール機会がほとんどなかったので、今日の2イニングは大きな意味がある。私だったら3イニング目も行かせたが。

7番手は駄目なときはどうにもならない吉川。
(12回)
先頭に3-2から高めに抜けてしまい四球、送りバントで1死2塁。
ここで敬遠。
2死から3つ目の四球で満塁。
しかし後続を何とか正面。
―吉川は昨日良い仕事をしていたが、セットアッパーとしては怖い。危うく自爆しそうになっていたが、ぎりぎりで踏ん張ったような形。やはりもう少し楽な場面で投げさせるべきだろう。



―守備走塁面―
1回の梶谷のファインプレー。
無死1塁からのエンドランの形だったため3塁線を破られたら大ピンチになる。
元々立ち上がりの悪い投手の先発なので、このプレーは非常に大きかった。


横浜ベイスターズブログランキング:12位/野球ブログランキング:216位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。


スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<試合分析:ペナントレース第21戦、VS読売。 | ホーム | ペナントレース第18戦、VS中日。>>

コメント

bay love です、こんばんは
なんともしまりの無いゲームでしたが、勝ててよかったかと、、、
今日の試合勝ったから消えてしまっているか知れないが 7回大原と加賀の順序が逆だと思うし金城がセカンドごろか送りバントをしっかりしていればもっと早く終わっていた試合、、まあ三嶋と高城が自信を付けてくれたからプラスになればと

しかし三嶋は本当に調子も良いし今日の影のヒーローでしょう、これで7回を任せても良いのではどれだけ投げれば首脳陣も気がついてくれるのか(笑)
ホップするストレートを投げられる投手など滅多にいないのに、、、、
しかし2アウトランナーなしの敬遠とはブランコ恐るべしですね 私も初めて見ました(星稜の松井以来か?)、、、

さあこれで巨人、阪神、6連戦何とか上位にくらいついいてほしいところ、、、多村と中村?が心配ですが
森本、小池あたりを1軍に上げたほうが良いのでは
それと筒香がHRを打ったそうです1軍も近いかも
では又。
2013-04-21 Sun 20:17 | URL | bay love [ 編集 ]
bay loveさんへ、こんばんは。

やはり私もその2点は気になります。
加賀をこれまでセットアッパーとして使う感じがなかったですが、使う意思があるなら逆の方が良かったと思います。
確かにピンチになれば、右打者が続く2番以降の打順に当たりますが…。
また、金城は代打で使うべきだとなおさら思ってしまいました。
荒波が抜けたのが影響してしまいましたかね。

本当に三嶋の使い方は考えてほしいですね。
ここまでアピールすれば、失敗してもいいので7回をしばらく任せてやって欲しいものです。
力が今までは入りすぎるシーンが多かったですが、抜き方を覚えたように思うので。
ブランコ敬遠は象徴的でしたね…。
プロではなかなか例がないでしょう。

この6連戦は真価を問われますね。
ここで5割以上で乗り切れれば…
多村と中村、私も心配です。
中村は終盤に代打で出てくると思っていたのですが…。
仰るように森本や小池あたりを上げてくるべきかもしれません。

筒香の情報は嬉しいですね。
中村も状態が心配ということもありますし、元々1シーズン計算できない年齢に来ているので、彼の存在は戦力的にも重要ですから。
周りの打者の調子に乗せられて、筒香も覚醒してくれることを願います。
2013-04-21 Sun 20:51 | URL | baystars fan [ 編集 ]
こんばんは。寒い中、現地観戦しておりました。スタジアムで感じたことを書かせていただきます。

その前に多村。私も友人も周囲も、また怪我⁈という雰囲気でしたが、どうやら夫人の出産立ち会いの為…だそうです。(ラジオ放送→インターネット掲示板情報です)
なので一安心ですね。


で、スタジアムでの感想。
まずは総論としては、ベイスターズファン、そしておそらく選手が、Aクラス常連のドラゴンズに気後れしていない雰囲気である。
なので、同点に追いつかれても、周囲から、イヤイヤまだ同点だから大丈夫!アウト1個ずつ行こう!と前向きな声かよく聞こえました。私も同感。
また、対ドラゴンズに限ってですが、打者・投手共に質が上回っているとも感じました。ベイスターズの中継ぎは失点こそありましたが、大原→ソーサ→山口→三嶋は安心出来る並びでした。唯一吉川はかなり危険でしたが…
対するドラゴンズ、何とか抑えてはきたものの、最後は新人が登場。ベイスターズは下位打線に向かうところでしたが、スタジアムが相手投手を飲み込む雰囲気になりました。


ただ、その中での課題。5番打者。ラミレスがリードの展開の早い回でベンチに下がった場合、5番との力の差の兼ね合いで、今日の様な敬遠が増えると思います。
また現状ラミレス不振なので、例えばベイスターズ僅差で追いかける展開で1アウトランナー無し、打者ブランコ敬遠→ラミレス併殺狙いという手段を使われるかもです。

なのでベイスターズは早急に5番対策をしないと、ブランコを活かせなくなってしまうかもしれません。ダントツ最下位チームの4番なら勝負してもらえますが、もしベイスターズがAクラス争いを演じる。あるいは他球団に手強いチームと認識されればされるほど、ブランコへのマークが厳しくなるかな…と。

長文、駄文失礼いたしました。
2013-04-21 Sun 23:47 | URL | タカミー [ 編集 ]
タカミーさんへ

私も多村の情報を調べてみましたところ、スポニチでは太もも張りで交代と書かれていました。
実際本日付で抹消されていますが、どちらが本当なのでしょう。

実は私も2戦目の観戦に行きました。
3戦目での雰囲気は、2戦目にも感じたところなので、やはり今季はファンも意識が違うなという印象ですね。

仰るような敬遠策多用ということは考えられます。
ブランコで勝負してほしいということであれば、5番に強力な打者を置かなくてはなりませんね。
ラミレスが入っているうちは勝負強さは健在なのであまり相手も走者を溜めたくないと思うでしょうが、ラミレスの交代後は考えなくてはいけません。
荒波が復帰すれば、多村をベンチに置くというようなことでもできますが、その多村が怪我っぽいという情報もありますので、個人的には2軍から勝負強い小池を連れてきた方が良いのではないかと思います。
2013-04-22 Mon 18:56 | URL | baystars fan [ 編集 ]
多村と渡辺が二軍落ち

モーガンも一昨日、おちましたね


昨日の、ゴーイングというニュース番組で江川さんが中畑監督に色々と質問していました。

その中で、中畑監督は井納に本当に期待しており将来のエース候補など言っていました。
ラミレスの使い方は、勝ち試合を落としたくない
投手のモチベーションを下げない為にも中盤で変えるのもこれからあるって言っていました。

自分としては一昨日の満塁の時みたくチャンスで強いし、ブランコから勝負を避けさせない為にも終盤がいいですが
2013-04-22 Mon 19:00 | URL | 横浜魂 [ 編集 ]
横浜魂さんへ

主力として期待されている3人が抜けてしまいましたね。
逆に誰を2軍から上げてくるのかが楽しみではありますが。

ラミレスの使い方は、中畑監督の方針も間違いではないですし、横浜魂さんのような考えも理解できてしまうので、はっきりいって考え方1つでしょう。
確かに勝負強い打者を残して終盤の1点を取りたいというのもありますし、逆に痛い1点を防ぎたいという考え方があります。
問題は、ラミレスが終盤に奪える得点期待値と守備の緩慢さから生まれる失点期待値。
前者が上回ると見る人から見ればラミレスを出来る限り引っ張りたいと思うでしょうし、逆ならラミレスを早めに代えたいと思うでしょう。
実際どちらの方が高いのですかね。
2013-04-22 Mon 19:30 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。