FC2ブログ

ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

試合分析:ペナントレース第26戦、VS阪神。

今日の見どころ…9連戦を勝ち越すためには負けられない。

横浜ベイスターズブログランキング:11位/野球ブログランキング:178位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。



(試合開始前情報)
穏やかな天候。



-スタメン―
1:石川(遊)4-1、1四球
2:内村(二)4-1
3:井手(左)2-1、1打点、1四球、1併殺
4:ブランコ(一)4-0
5:中村(三)4-2、1併殺
6:金城(右)4-2
7:松本(中)4-1、1本塁打、2打点
8:高城(捕)2-0、1盗許
9:三浦(投)2-0

―途中出場―
後藤0-0、1四球
桑原
ラミレス1-0
鶴岡0-0、1盗許
梶谷1-1
下園1-0

―投手―
先発:三浦(6回、2奪三振、7被安打、3与四球、4失点)
2番手:藤江(1回、1奪三振、1与死球、無失点)
3番手:加賀(1回、1奪三振、無失点)
4番手:ソーサ(1回、2被安打、1失点)



―試合―
3-5、三浦の不調が響く。

1回表:先発は三浦。三者凡退。
1回裏:先頭の石川が引っ張りヒットも、内村は送れず粘るが三振で1死1塁。ここで井手は併殺に倒れる。

2回表:先頭に逆球となり2塁打でピンチ。するとすぐ外角を捉えられ2ランで先制される。続いてスライダーが抜けてヒット、ここでもすぐに初球を長打されタイムリー2塁打。この後は何とか三者凡退。
2回裏:2死から金城が良い所に転がすと相手の送球も逸れて内野安打になり、松本が内角高めを捉えて2ランホームラン。

3回表:1死から四球、盗塁でピンチ。さらに四球で1死1・2塁。しかし、後続を抑える。
3回裏:1死から石川が四球、内村が石川の速いスタートながらエンドランの形で当てに行き2度ファールするが最後で引っ張り一二塁間を破るヒットで1・3塁。ここで井手が1塁走者のスタートも高めをレフトに運び犠牲フライで同点。

4回表:先頭に際どい内角へ行くが四球、1死から送りバントで2死2塁。しかし後続を抑える。
4回裏:先頭の中村が引っ張りヒットも、金城は進められず1死1塁。しかし後続は倒れる。

5回表:三者凡退。
5回裏:三者凡退。

6回表:1死からヒット、続いて右中間に長打コースで抜かれかけたが金城は回り込んで1・3塁。ここで犠牲フライで勝ち越される。すると続く投手に軽くストライクを取りに行ってしまい2塁打で2死2・3塁。しかし後続を抑える。
6回裏:先頭の井手が四球も、1死から中村は併殺。

7回表:2番手は藤江。先頭に0-2から引っ掛かりデッド、進塁打で1死2塁。しかし後続を抑える。
7回裏:先頭の金城が投手強襲安打も、松本は送れず1死1塁。しかし後藤が四球でチャンス。後続は倒れる。

8回表:3番手は加賀。三者凡退。
8回裏:1死から井手が痛烈な流し打ちヒット、2死から中村も流してヒットでチャンス。しかし金城は倒れる。

9回表:4番手はソーサ。先頭に詰まらせながらポテンヒットで転がった跳ねた角度が悪く2塁打でピンチ。1死から打たせるが高いバウンドでタイムリー。さらに盗塁で1死2塁。しかし後続を抑える。
9回裏:1死から梶谷が内角側に流れた甘い球をセンターへヒットも、後続は倒れる。



―打撃面―
(1回)
先頭の石川がヒットで出塁するが、内村は2度ファールで送れず、その後は粘るが三振で1死1塁。
井手は併殺に仕留められる。
(2回)
2死から金城が転がすと相手の送球ミスもあって内野安打を打つと、松本が絶好球を弾き返し2ランホームランで1点差。
(3回)
1死から石川が四球、内村が2度エンドランのイメージで当てに行きファールするがヒットで繋いで1・3塁。
すると井手の時に1塁走者が動くと、井手が高めをレフトに犠牲フライで同点。
(4回)
先頭の中村が引っ張りヒットも、後続は進めることすらできず。
(6回)
先頭の井手が四球も、ブランコは痛烈なレフトへのライナーで1死1塁。
ここで中村は引っ掛けて併殺。
(7回)
先頭の金城がピッチャー強襲内野安打も、送りバントの失敗が目立っている松本にまたしても送りバントさせるが失敗し1死1塁。
しかし後藤が四球を選びチャンス。
だがラミレスは内角に詰まり2死1・2塁。
さらに石川も詰まる。
(8回)
1死から井手、2死から中村が流してヒットで1・2塁。
しかし金城は倒れる。
(9回)
1死から捨て身の代打・梶谷を送りヒットも、後続は倒れる。

全体としては、あと1本が出なかった。
三者凡退は1イニングのみで、残った中で先頭・1死からの出塁があったのは7イニング。
どうしても長打の多い打線は繋がりが悪いということも傾向として出易いが、それにしても効率が悪すぎた。

少し気になるのは、調子の良い松本に終盤で送りバントをさせるシーンが目立つこと。
当然送れば貴重なチャンスになるが、調子のいい打者にバントをさせる必要があるのか。
そして送りバントがあまり上手くなさそうな選手にさせる必要があるのか。
これを考えた方が良い。
画一的な作戦は、人間がやるスポーツでは通用しない。



―投手面―
先発はエース三浦。
(1回)
三者凡退。
ストレートを内外角にコントロールできているが、シュートがまだまだ。
(2回)
先頭にシュート回転し逆へ流れ2塁打。
ここでややストレートが中に入ったか読まれたようなスイングで2ランで先制される。
さらにヒット、2塁打で失点を重ねる。
この後は粘って抑える。
(3回)
1死から四球、盗塁で高城の送球は逸れてしまい刺せず、さらに四球で1死1・2塁。
しかし、後続を抑える。
(4回)
先頭に四球、1死から送りバントで2死2塁。
しかし踏ん張る。
(5回)
3人をすべてレフトフライに抑える。
(6回)
1死からヒット、続くヒットを金城がシングルで止めるが犠牲フライで勝ち越される。
続く投手に甘く入り2塁打で2死2・3塁。
―三浦は終始球が高い。立ち上がりは上手く抑えていたが、内容としては相手の打ち損じ。ただ、悪いながらも試合を作ったのはさすがエースとは言える。普通の投手がこの内容なら炎上していただろうし、6回のマウンドにはいない。

2番手は復帰して2戦目の藤江。
(7回)
先頭に内角へ流れデッド、続くファーストゴロをブランコが上手く処理したが目の前の1塁ベースを踏んで2塁へ送球するも刺せず1死2塁。
しかし後続を抑える。
―藤江はしっかりコースに決まっていた。この投球で僅差の勝ち試合でも使ってもらえるようになるだろう。大原を本来はワンポイントでも起用したいので、彼を7回に据えるのでは。

3番手は最近セットアッパーとしても起用される加賀。
(8回)
三者凡退。
加賀は逆球もあったがコースは良く打たせて取ることができた。これくらい落ち着いて投げられるなら左でもそう苦労しないと思うが、それが上手くいかないのだろうか。

4番手はセットアッパー・ソーサ。
(9回)
先頭に不運なヒットとバウンドで2塁打となりピンチ。
1死からこれも高いバウンドが悪いコースに飛びタイムリーになる。
すると隙を突かれて早すぎるスタートを切られ、ソーサがそれを見ていなかったのかそのまま投げてしまい盗塁される。
しかし後続は抑える。
―ソーサは状態が悪かったというより、詰まらせ過ぎて不運が起きたというイメージ。あまり気にすることのないマウンドだったと思うが、試合的には痛い点。内容で気になるのは、鶴岡とのサインが合わずテンポが悪くなってしまったこと、これが隙を生み早すぎる盗塁スタートにも反応できなかったのだろう。



(次試合情報)
明日の先発:DeNA(土屋)VSヤクルト(松岡)
*土屋が移籍後初先発

横浜ベイスターズブログランキング:11位/野球ブログランキング:178位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。


スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<試合分析:ペナントレース第28戦、VSヤクルト。 | ホーム | 試合分析:ペナントレース第21戦、VS読売。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。