FC2ブログ

ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

試合分析:ペナントレース第28戦、VSヤクルト。

今日の見どころ…ブランコ対バレンティンのホームラン競争。

横浜ベイスターズブログランキング:17位/野球ブログランキング:288位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。



(試合開始前情報)
雨も考慮して早めにリードしたい。



-スタメン―
1:石川(遊)4-0
2:内村(二)4-0
3:井手(左)3-1、1四球
4:ブランコ(一)4-1、1本塁打、2打点
5:中村(三)3-2、1本塁打、1打点、1四球
6:金城(右)3-2、1打点、1四球、1盗塁
7:松本(中)4-2、1打点
8:鶴岡(捕)3-1、1四球、1併殺
9:井納(投)2-0

―途中出場―
後藤1-0
梶谷0-0、1盗塁
ラミレス1-0

―投手―
先発:井納(6回、3奪三振、9被安打、2与四球、4失点)
2番手:加賀(2/3回、無失点)
3番手:菊池(1/3回、1被安打、無失点)
4番手:山口(1回、1奪三振、1与四球、無失点)
5番手:ソーサ(1回、1被安打、1与四球、無失点)



―試合―
5-4、ソーサのクローザー起用で勝つ



―打撃面―
2回に初ヒットとなる金城の痛烈な内野安打から、好調・松本に繋いでバットを折りつつもポテンヒット、金城の好判断もあって同点タイムリーヒット。
しかしその後は甘い球はあるものの捉えきれず。
ただ、6回に1死から井手がヒットを打つと、ブランコがやや詰まりながらバックスクリーンに2ラン。
すると後続の中村が右方向へ同点ソロ。
さらに松本が2本目のヒット、鶴岡がライト線に落として2塁打を放ち2死2・3塁。
しかし後藤はついバットを出してしまい倒れ同点どまり。
続くチャンスは8回1死から中村がヒット、その代走・梶谷が盗塁。
ここでベテラン金城の一塁戦を破るタイムリーヒットで勝ち越し。
続いて松本がエンドランだったような形で空振りしてしまうが、相手捕手の送球も逸れて結果的に盗塁。
2死から鶴岡が1-1となったところで山口がネクストバッターサークルに入り、結果敬遠策を取られるが、代打・ラミレスを誰が思いついた奇策か送る。
しかしラミレスは倒れる。

それにしても、松本がよく打っている。
オープン戦の時から個人的に早くスタメンで起用してほしいと思っていたが、彼の状態が落ちる前に続けてスタメン起用され始めてホッとした。
荒波が1軍練習に帰ってきている様子だが、ライトは相変わらず空くので松本がそこにハマってくれれば良いし、ラミレスも状態が上がるまでは守備を考えてもあまりスタメンでは出せないので、多村が帰ってきても継続して使えるだろう。
松本自身、元来から勝負強さはあったので、井手と松本を入れ替えても面白いかもしれない。
3番松本という案は入団当初から言われていたが、そろそろ考えても良い。



―投手面―
先発の井納は初回に先頭への四球からピンチを招き、後続に外角偏重になり先制打。
同点に追いついてくれた次の回・3回の先頭を再び出塁させてしまうが後続を四球1つに抑える。
しかし4回にまたしても先頭を出塁させ、1死からヒットで繋がれると、投手にまで高めをヒットされ、後続に2点タイムリーで勝ち越される。
ただ、3点目を入れられてから吹っ切れたのか腕の振りが良くなった。
結局6回4失点と試合は作ったが、やはり勝つためには要所で慎重になるのが目立つ。
3回に3点取られてから、1死2・3塁のピンチを抑えた時の投球を見直して欲しい。
2番手の加賀、3番手の復帰した直後の菊池で同点後を凌ぐと、4番手に出てきたのが8回で山口。
その山口が8回に先頭打者を四球で歩かせるが抑え、8回裏の攻撃もあってか9回に抑えとしてソーサを送る。
その9回にピンチは招くものの、ストレートで勝負し凌ぐ。
最後粘られたが、これは内角ストレートを1・2球前に使っておけばもっと早く片づけられたはず。
鶴岡は元々かわすリードをする捕手だが、これが攻めの投球をすべき投手には合っていないのだろう。
加賀は外のスライダーでかわしにいく投球になるので構わないが、井納・菊池・山口・ソーサというところは攻撃的なリードをする捕手の方が良い。

復帰した菊池は、まだ良い状態ではなさそうに見える。
ただ、昨年のシーズン開幕時もこんな感じだったし、コントロールはある程度まとまっているので1軍でそこそこ結果を出せると判断したことは伝わってきた。
これで大原・藤江に続き、昨年のセットアッパーの1人・菊池も戻ってきたことになるので、ようやく後ろが安定してくれるだろうか。



―采配・起用面―
今日のポイントの1つにもなった8回の山口の起用。
おそらくソーサの不安定さが怖いということでこのような起用になったのだろうが、最終的にはクローザーでソーサを起用することになった。
2人とも抑えてくれたので万事には至らなかったが、攻撃との噛み合いで大きな選択をすることになった。
8回裏あと1点入れたいか、それとも次のイニングを山口に任せたいか。
天秤にかけた結果、得点を優先させたということ。
どうやら中畑監督の考えでは「同点なら山口・ソーサを2イニングずつ」起用する方針だったらしい。
確かにそれを考えれば、山口の方を先に出して8・9回と行かせる選択は納得できる。
もちろん8回に藤江などを挟むことが正攻法なのだろうが、実際の野球はPS3のゲームではない。
相手が想定していないことをたまにやれば、次は相手が勝手に考えてくれる。
そうなれば、正攻法の威力が増すはず。
そこまで考えてのことかは分からないが、意図は感じられる采配だったので悪くなかったと私は判断する。

このときにラミレスは凡退してしまったが、ソーサが一発を打たれるイメージがあまりなかったので、個人的にはもう1点を取りに行って良かったと思う。
代打で出すのも勝負強いラミレスであるし、そもそもこのチームは打力がウリなので積極的に行った方が良いだろう。

また、わざと山口をネクストバッターサークルに立たせて鶴岡を敬遠させるというアイデアがあったのかどうかは分からないが、こういった策はあって良い。



(次試合情報)
明日の先発:DeNA(小杉)VSヤクルト(赤川)

横浜ベイスターズブログランキング:17位/野球ブログランキング:288位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。


スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<試合分析:ペナントレース第29戦、VSヤクルト。 | ホーム | 試合分析:ペナントレース第26戦、VS阪神。>>

コメント

こんにちは。
私的には打撃不調に陥った石川をこのままスタメン1番に起用するのには反対です。井手は率も残しているのでいまのまま3番で、松本は盗塁数こそすくないものの足があり長打力も最近ついてきているので1番松本もありかと思います。ショートは7番で梶谷を。
今年はチームの成績はいまいちですが、野手の控え選手が成長しているのであれこれ考えられるだけ楽しみがありますね。
2013-04-30 Tue 18:57 | URL | タンタン [ 編集 ]
昨日は、現地観戦しました。
土屋に期待してましたけどね。
中畑監督のように、初回のストレートの四球が打撃陣の闘志に水をさした形だったと私も思います。

せっかくのチャンスだったんですがね。二軍落ちになりましたね。

小林、菊池をあげてきましたね。
小林には特に期待してます。
四球を出さなければいい成績出せると思うんですが
嬉しい事に、現地で三嶋が見れた事がよかったです。
球威があるのでファールボールが前に飛ばない。改めていい投手だと思いました。
奪三振が今、チームトップです。



三嶋の、評価は上がらないもんですかね?

攻撃なんですが、何故三番に、金城、中村を使わないのかが少し疑問です。
共に、得点圏は三割あるので期待出来るとおもうんですけど。
梶谷の時もありましたよね。

松本は、好調ですね。
あんまり考えさせて打たせたくないので今の打順でいいかなと思います。

2013-05-01 Wed 00:15 | URL | 横浜魂 [ 編集 ]
タンタンさんへ
お返事が遅くなり申し訳ありません。

仰るように、石川が不調なら守備も危ういので1番スタメンに反対する声は大きくなりそうですね。
そういった意味では、梶谷との競争を行うべきでしょう。
私も1番松本という案はアリだと思います。

控え選手も充実しているのは明らかなので、スタメンにも競争意識を持ってもらわなくてはいけませんね。
2013-05-01 Wed 19:00 | URL | baystars fan [ 編集 ]
横浜魂さんへ
お返事が遅くなり、申し訳ありません。

現地観戦お疲れ様です。
土屋はリリーフでアピールしていただけに残念でしたね。
やはり四球で崩れると…。

仰るように小林寛にしても四球連発が問題になる投手で、それがなくなれば安定感は出そうなタイプです。
それが入団当初から変わらない課題として残ってしまっているのですが、それが改善されていれば大いに期待できますね。

三嶋の評価は安定感に欠けるだけに難しいのでしょうね。
私は良い評価をしているのですが、起用する首脳陣からすると怖いのかもしれません。

3番に金城を使わない理由は昨年の勝負弱さも一因でしょうかね。
あまりケースバッティングはできないタイプなので、6番あたりを打たせている今の形の方が良いような気が私はしています。
ただ、梶谷を起用するよりは金城を3番に置いた方が良いかと思いますが。
中村に関しては、ラミレスを5番に据えない場合は、ブランコを敬遠させないためにも必要な5番打者なのでしょう。
ラミレスを5番に据えた場合は別で、こちらは下位に長打の怖さがあるということを印象付けるためでしょうか。

松本、本当に良い状態です。
しばらくは楽に打たせた方が良いでしょうかね。
私は好調ながらも1・2番と4番を繋ぐことはできていない感のある井手より、松本を3番に入れた方が打順が繋がるかと思ってはいます。
2013-05-01 Wed 19:08 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。