FC2ブログ

ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

試合分析:ペナントレース第29戦、VSヤクルト。

今日の見どころ…カード勝ち越しなるか。

横浜ベイスターズブログランキング:16位/野球ブログランキング:282位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。





-スタメン―
1:石川(遊)3-1、1四球
2:内村(二)2-0、1打点、2犠打
3:井手(左)5-2
4:ブランコ(一)4-1、1本塁打、2打点
5:中村(三)5-1、1本塁打、1打点
6:金城(右)5-1、1本塁打、1打点
7:松本(中)3-1、1四球
8:鶴岡(捕)2-2、2四球
9:小杉(投)

―途中出場―
下園0-0、1四球
小林寛1-0
ラミレス1-0
山崎1-1
白崎1-1
山口1-0

―投手―
先発:小杉(2・2/3回、2奪三振、5被安打、3与四球、3失点)
2番手:菊池(1/3回、無失点)
3番手:小林寛(2・2/3回、2奪三振、2被安打、3与四死球、無失点)
4番手:加賀(1/3回、無失点)
5番手:藤江(1回、無失点)
6番手:ソーサ(1回、1奪三振、1被安打、無失点)
7番手:山口(2回、1奪三振、2被安打、1失点)



―試合―
5x-4、金城が2試合連続ヒーローでカードを勝ち越し



―打撃面―
打撃陣はようやく3回に反撃するが、ここは四球3つに犠牲フライ1本のみ。
ただ、ノーヒットで1点を早めに返せた。
そして続く4回には中村が日米通算2000本安打となる2試合連続のホームランで1点を返す展開に。
しかし5・6回はチャンスメイクをしたものの、2死からブランコ・ラミレスが倒れてしまう。
だが、7回2死から井手がしぶとくヒットを打つと、ブランコが初球の変化球をとらえてレフトスタンドへ逆転2ランホームラン。
とはいえ、再び8・9回はチャンスを作るも後続が続かず。
しかも悪いことに8回は松本が牽制死、9回はブルペンの頭数もあって山口に代打を送ることができなかったという失態。
この後流れが相手に傾いたか一度は追いつかれるが、10回に今度は金城が引っ張りサヨナラホームラン。

選手個人としては、大卒ルーキーの白崎にプロ初ヒット。
今日上がってきたばかりの内野手だが、石川がやや状態を落としているだけに、白崎のスタメンも近いうちに見られる可能性がある。
彼の場合は1番タイプではないので、スタメンなら松本を1番、白崎を下位に入れるなどという形になるとは思うが、梶谷も2軍に行ったので、せっかくならチャンスを与えても良いのでは。
逆に大ベテランの域に達してくる中村が日米通算2000本安打をホームランで達成。
特に本人は日本のみで2000本安打というのに拘りがあるようなのでセレモニー等は行われなかったが、おめでたいことである。
ドラ1・白崎の2000本安打も将来は見たいものだ。



―投手面―
先発の小杉は1回の先頭打者に内角を攻めるが転がったコースが悪くヒットを打たれると、後続の右打者相手に内角を投げ切れず四球、タイムリーを許す。
3回も右打者への内角が悉く真ん中に入り当たりはあまり良くないが2塁打の後タイムリーを2本打たれる。
すると4回は右打者への内角に意識付けができる球を投げられたが、四球を2つ出してしまい途中交代。
このピンチを昨年の火消し男・菊池がフォークを多投してしっかり抑えきる。
続く小林寛は課題の四死球が各イニングに出てしまうが、何とか無失点に抑え、3度目は加賀が抑えきる。
ただ、ここで加賀を出してしまい、次のイニングで打席が回ってきたことで7回は最近上がってきたばかりの藤江を使わざるをえなくなる。
本来なら7回頭から加賀を使いたかったところだろうが、藤江も打たせて取りしっかり抑えてくれた。
すると味方が逆転してくれ、8回をソーサが2死から不運なヒット・盗塁でピンチはできるが抑える。
しかしながら、流れの悪い9回に山口が終始球が浮いてしまい掴まり同点にされる。
ただ、試合としては味方がサヨナラ勝ちしてくれたので、イニング跨ぎの山口に勝利がついたが。

今季初登板となった小林寛だが、やはり課題は与四球。
これがなくならないと、今日のように変なところで代えられてしまう。
彼の場合は四球さえ出さなければ安定感が出そうなので非常に勿体ない。
いつも何気なく投げていられれば良いのだが、小杉と同じく力みがまだ出てしまうのだろう。
もう1軍経験は重ねているので、そろそろ四球で崩れる形は減らしてほしい。



―采配・起用面―
8回のソーサを4番に入れ、ブランコをおろしたことについて。
結果として、9回に4番の打席が回ってきてしまい、山口がそのまま打席に入ることになってしまった。
ここはブランコを下げなければ敬遠策だっただろうが、それでも中村が後続にいる。
8回の状況はまだ1点リードだったので追いつかれることも考えておくべき。
たまに守備でエラーは犯すが、そこまで足を引っ張る感じではないので、置いておいても良いだろう。

次に投手のやりくりについて。
結局最後は投手1人しか余っていないという状況になってしまったが、序盤から中盤にかけて余計な投手をつぎ込んでしまったことが影響している。
菊池・加賀といったところが1/3回でマウンドを降りてしまったことが厳しくなった要因。
個人的には勝つためには信頼できる投手を出さざるを得ない場面だったと思うので、こういった状況にしてしまった方が問題だと判断する。
ただ、小林寛の投げている球自体は悪くなかったので、ピンチとはいえ代えなくても良い場面だったように思う。
ここで加賀を使わなければ、9回に山口をそのまま打席に立たせなくても良かっただろう。
確かに結果論だが、まだ6回だったことを考えると加賀を起用するのは早計だったのではないか。


横浜ベイスターズブログランキング:16位/野球ブログランキング:282位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。


スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<試合分析:ペナントレース第30戦、VS中日。 | ホーム | 試合分析:ペナントレース第28戦、VSヤクルト。>>

コメント

一軍と二軍とは全然違うと思いますが、小林は二軍では四球が減っていました。

けど一軍では当分は、大事な所よりビハインドの場面で使われると思います。

二軍の投手成績を見たんですが、左の先発候補がいません。
鄭もまだ上げれる状況ではないと思います。
可能性は、ゼロではないですが。

次に先発候補で上がってくるのは、伊藤かと

小林と伊藤共に二軍では5試合で
約25回投げています。
二軍のローテーションの一角を背負ってました。

五人で回すのもいいと思いますが、六人にした場合誰が上がるのか楽しみです。

左がいませんからね、監督も本当に土屋に期待していたんでしょうね。

左の先発を補強する日も遠くはないでしょうか。
2013-05-01 Wed 22:21 | URL | 横浜魂 [ 編集 ]
横浜魂さんへ

なるほど、小林寛は2軍では26イニング5与四球ということで抑えられているのですね。
ただ、1軍の本日の試合では2与四球ということなので、仰るように違いがあるようです。
四球から崩れるタイプでは一見ないために突然四球を出してしまうのはどうにかなりそうな気はするのですが、精神的な問題なのでしょうか。

左の先発も確かにいませんね。
唯一上げられるとすれば、リリーフをやっていた神内でしょうか。
元々オープン戦では先発としても調整していたわけですし。

右は仰るように伊藤が次に来るでしょうね。
昨年も終盤投げて通用していましたし、個人的にも見たい投手の1人。

右左に関わらず先発を補強しなければなりませんが、特に左についてはソトが結果を残せていないのでフロントも動いていると思います。
獲得してチームバランスが崩れるという状況でもないので、早めに良い投手を見つけてほしいものです。
2013-05-01 Wed 23:26 | URL | baystars fan [ 編集 ]
bay love ですこんにちは、
勝つには勝ちましたが2013年ベイお得意の試合運びでなんとも(笑)
今日の収穫は小林寛が唯一まともな投球をしていたことでしょうか コントロール ストレート、変化球共に良くこれなら勝ち試合のリリーフ 先発の谷間で使えるかも

白崎もこれ以上しびれるとこがない場面の守備固めでしたが 難しい当たりをセカンドフォースアウトにしてやはり何か持っているのか(初打席初ヒットも含めて) 私としてはショート白崎、セカンド石川、内村 他であらそってほしいので、1,2番が共に疲れている現在 ショート白崎、セカンド山崎(良く振れている)
と言うのもありでは 1番白崎と言うのもありだと思うので(優勝した時の阪神の真弓のように)ぜひためしてほしい、、、、

今日も謎の鶴岡のピンチでのHRバッターにコントロール悪い山口に内角高目を要求すると言う狂った リードがありましたが(構えた時にいやな予感がしましたが) それと壊れた3塁馬場コーチの本塁突入もくるっている いくら2アウトとはいえ、、、、

中日3連戦は表ローテなのであまり冒険は出来ないかも知れないがそろそろいろいろ打順を試す時ではないでしょうか ブランコ頼みがすぎるのでは それと2軍で普通に試合に出ている多村が1軍に上がってこないのが不思議ですが モーガンですか??

苦手意識がなくなりつつある中日、広島、6連戦何とか3勝3敗以上で乗り越えなんとか取り残されないようにがんばって欲しいところです、、、それと山口はこのペースで行くと20勝出来る計算に成るので久しぶりに横浜から最多勝投手出現ですか(笑)

では又。


2013-05-02 Thu 11:22 | URL | bay love [ 編集 ]
bay loveさんへ
お返事が遅くなり申し訳ありません。

打力のチームらしい勝ち方でしたね。
ホームで憤死させたり、といったあたりも象徴的のような感じです。

仰るように小林寛は課題が与四球ということは変わっていませんが、投げている球自体は力があるのである程度は投げられそうです。
白崎・山崎といったところも試す価値がありそうなので、石川・内村に負担軽減や競争意識をもたらしてほしいですね。

多村には、まだ不安があるのでしょうかね。
かなり軽いけがでも長引くのが彼ですが。

さて、6連戦どうなることか。
2013-05-03 Fri 09:15 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。