ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

試合分析:ペナントレース第34戦、VS広島。

今日の見どころ…相手は天敵の1人。

横浜ベイスターズブログランキング:9位/野球ブログランキング:142位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。



(試合開始前情報)
またしても松本がスタメンを外れる。



-スタメン―
1:荒波(中)4-1、1打点、1四球
2:内村(二)4-1、1犠打
3:井手(左)5-1、1打点、2三振
4:ブランコ(一)3-1、2四球
5:中村(三)3-1、1四球
6:金城(右)3-1
7:石川(遊)4-1、1四球
8:鶴岡(捕)5-1、2打点
9:井納(投)2-0、1打点、1犠打

―途中出場―
ラミレス0-0、1四球、1打点
モーガン1-0
白崎
山崎1-0
松本1-1
後藤0-0、1死球

―投手―
先発:井納(5・0/3回、4奪三振、6被安打、3与四球、3失点)
2番手:加賀(1回、1奪三振、無失点)
3番手:大原(1回、1奪三振、無失点)
4番手:藤江(1回、1奪三振、無失点)
5番手:山口(1回、1被安打、1与死球、無失点)



―試合―
7-3、天敵を相手が潰してくれてルーキー初勝利



―打撃面―
(1~3回)
2回先頭のブランコが四球、中村がセンターへのヒットで1・2塁。
すると金城がバントファールの後、投手強襲内野安打で満塁になると、1死から鶴岡のセカンドゴロを相手セカンドが落球し2塁送球もセーフで1点を先制。
さらに井納のセカンドゴロも相手セカンドがファンブルして1点を追加。
3回先頭の石川が四球、鶴岡が打ったセカンドゴロを三度相手セカンドがエラーし1・2塁。
さらに井納は送りバントを苦手そうに1球目を空振り、2球目をストライクでも見逃しで0-2になるも最終的に送りバントを決めると1死2・3塁。
すると荒波のヒット性を捕られるが犠牲フライになる。
(4回以降)
6回1死から石川が流し打ちヒットも、鶴岡の打席で動けず。
7回先頭の荒波がストレートの四球、内村が送りバントで1死2塁。
2死からブランコが再び四球で1・2塁、中村もストレートの四球で満塁。
ここでとっておきの代打・ラミレスを送るとこれも四球になり押し出し。
8回2死から荒波・内村・井手の3連打で1点を加える。
9回1死から好調ながらスタメンを外れていた松本がライトへ2塁打を放ち、2死から鶴岡がタイムリーヒット。

全体としては、相手のミスに上手く漬けこんだ形というよりほぼ自滅してくれたというイメージ。
タイムリーエラーあり、四球連発押し出しまであり。
ただ、8・9回の追加点は自ら取って大きな得点だった。

それにしても、松本を外さず使って欲しい。



―投手面―
先発はルーキーの井納。
(1~3回)
立ち上がりにいきなりヒット、送りバントでピンチになるが抑えると、2・3回は三者凡退。
(4~6回)
4回1死から高めを流されヒット、再び流されヒットでピンチ。
しかし後続を連続三振。
5回先頭にライトポール際まで流されてソロも、1死からヒットの後併殺。
6回先頭に四球、盗塁を試みられると鶴岡が握り変えて間に合わず無死2塁。
ここでさらに四球を出し、2点タイムリー2塁打を浴びてしまうと交代。
―井納はタテに落ちる球を全くと言っていいほど振ってくれず苦しんだ様子。四球も、それまでのカウントを整えるのに落ちる球を使っていたのだが入らなくて悪くなっていた。何とか勝ち投手の権利は持ったまま、加賀が抑えてくれたが、何となく中継ぎの方が良いのではと個人的には思い始めた。おそらく三嶋よりは先発向きだと思うが、落ちる球の精度を高めないとカウントが取れない今日のようなピッチングになる。

2番手は加賀。
(6回途中)
無死2塁から、後続の送りバントを失敗してもらい抑え切る。
―加賀は本当によく抑えた。相手に左打者がいなかったことが救いだったのかもしれないが、このピンチを無失点にくぐり抜ければ文句ない。本来は菊池の投入だったと思うが、右打者が3人続くということを見て加賀を使ったのだろう。

3番手は大原。
(7回)
三者凡退。
―相手は右の代打を使ってくるが、大原は昨年あたりから右打者も抑えられるように成長。これが1イニング任せられる所以。ただ、貴重な勝ち試合で送れる左腕なので、できれば7。8回を藤江・ソーサあたりで賄ってほしい。

4番手は藤江。
(8回)
三者凡退。
―藤江は復帰してから好投が続いているが、今日はソーサの代わりに8回を担当。3点差なので昨年の感覚を取り戻すには絶好の機会だったのでは。彼がセットアッパーで今後回ってくれれば、ソーサと並んで7・8回で使っていける。

5番手はセーブがつかない場面となったが山口。
(9回)
先頭にデッド、1死からヒットでピンチ。
しかし後続を抑える。
―山口は4点リードだったが、先頭に対するデッドは大量失点につながりかねないので余計。ただ、そこから粘って抑えたが。あまり状態の方が良くないので、球が暴れているが1点も取られなかったのは成長か。



―采配・起用面―
5回の井納続投。
これは中継ぎの疲労感というのもあってのことだと思うが、井納の状態を見れば交代時期。
本当なら6回に打席が回ってくるイメージで、石川に盗塁を試みさせ、失敗すれば6回に代打、成功ならここで代打という作戦を取るべきだったのではないだろうか。



(次試合情報)
明日の先発:DeNA(小杉)VS広島(大竹)

横浜ベイスターズブログランキング:9位/野球ブログランキング:142位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。


スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ペナントレース第36戦、VS読売。 | ホーム | 試合分析:ペナントレース第33戦、VS広島。>>

コメント

bay love です、こんにちは
山口ですが4点差の楽な場面であの投球 あの表情では本当にどうなってしまったのか 、
以前の3点差サヨナラのトラウマがあるのかまったく
自信が感じられず ソーサと山口の入れ替えも考えた方がいいかも、、、、、加賀美 ソト が復帰すれば以前からの提案 三島をセットアッパー、クローザーにするのもありかも(ふてぶてしい面構えも良い)

それと私も松本をスタメンで使わないのが理解出来ないがどれだけアピールすればレギュラーになれるのか、、、、6番でうまくいっていたのに

では3タテめざしてがんばって欲しいところ(3タテ、、いい響き(笑)  では又。

2013-05-08 Wed 11:06 | URL | bay love [ 編集 ]
bay loveさんへ、こんばんは。

仰る通り山口はかなり心配ですね。
元々広島戦は得意そうでないのですが、あの4点は響いているかもしれませんね。
三嶋のセットアッパー案、復活でしょうか。

松本はどうして使わないのでしょうね。
何も汚点はないはずですが。
2013-05-08 Wed 18:55 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。