ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

試合分析:ペナントレース第38戦、VS読売。

今日の見どころ…大卒ルーキーの先発初勝利なるか。

横浜ベイスターズブログランキング:9位/野球ブログランキング:126位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。





-スタメン―
1:荒波(中)4-0
2:内村(二)2-0、1四球
3:井手(左)4-1
4:ブランコ(一)4-0
5:中村(三)3-1
6:多村(右)3-0
7:石川(遊)3-0
8:鶴岡(捕)2-1、1盗刺
9:三嶋(投)2-0

―途中出場―
金城1-0
後藤1-0
山崎
ラミレス1-0

―投手―
先発:三嶋(8回、7奪三振、5被安打、4与四球、無失点)
2番手:山口(1回、無失点)
3番手:ソーサ(1回、2被安打、1失点)



―試合―
0-1、8回無失点のルーキーを援護できず。



―打撃面―
スタメンに井手を戻し、多村はそのまま。
(1~3回)
9人で倒れる。
(4回以降)
4回1死から内村が四球、井手の3-2カウントでエンドランの形となり進塁打もブランコは倒れる。
5回先頭の中村がチーム初ヒットも、多村の痛烈な打球は右を抜けず。
2死から鶴岡がヒットを打ち、石川が3塁へ。
しかし続く打者は三嶋で倒れる。
6回2死から井手がヒットも、ブランコは倒れる。
7回1死から多村がセンター前、石川は送りバントこそ失敗するが低めのボール球にバットを当てたらレフト線に落ちてヒットとなりチャンス。
しかし鶴岡は引っ掛け併殺。



―投手面―
先発は大卒ルーキー三嶋、2戦目の先発試合。
(1~3回)
立ち上がり先頭に四球も、後続のバスターを失敗させる。
しかし2回も先頭にコントロールミスし2塁打、四球2つなどで1死満塁。
しかしながら、後続を抑える。
さらに3回も先頭を今度は完全な投手ゴロに抑えたかと思いきや三嶋がファンブルし間に合わずも、後続を抑える。
(4~8回)
4回またしても先頭をヒットで出塁させるが、続く打者の時に盗塁を刺す。
5回は初の三者凡退も、6回2死から連打から満塁。
しかし後続を抑える。
7回は三者凡退。
8回も三者凡退。
―三嶋は立ち上がりから不安定だったが、中盤以降で修正をしてきた。ストレートを140kmを少しオーバーするくらいに抑えたことで一杯に放れた。どうしても球数が増えてしまい、最終的には140球という球数になってしまったが、終盤でも球の力は落ちていなかった。もう少し立ち上がりで上手くできれば良かったが、それでも粘って抑えたのだから文句ない。また、スタミナがある程度あることを証明してくれた。これで交流戦に入ってまずはローテに入れるか。

2番手は山口。
(9回)
三者凡退。
―山口はもう1イニング行けばと思ったが、少し前のカードで不安定な姿が見えたことが影響したか。ただ、山口は非常に落ち着いていた。これで2イニング目に打たれても後悔はなかったはずだが監督はそう考えなかったらしい。

3番手はソーサ。
(10回)
2死から合わされヒット、続いてカウントを取りに行ったような変化球が甘く入りタイムリー2塁打で先制。
―ソーサに10回を任せたが、2死からやはり鶴岡のリードでは活きないことが分かる連打。確かにソーサもスライダーを好んで投げる投手だが、いきなりかわしに行くのはせっかく力のあるストレートで三嶋が抑え込んでいたのに勿体ない。鶴岡は三嶋を中盤からスライダーで上手くリードをしてきただけに、同じタイプに近いソーサも同じように抑えられると踏んだのか分からないが。



―守備走塁面―
8回表の中村の守備。
バットが折れたことで非常に取りにくい体勢で捕球したが反転して素晴らしい送球をした。
また、そのハーフバウンドを取ったファーストのブランコも上手くハンドリング。
ある意味でブランコの方が難しい守備になったように思うが、やはり想像以上に上手い。



―采配・起用面―
10回のソーサへの継投。
これはもう1イニング後でも良かった。
せっかく前のイニングで打席を終えたばかりの2番に入れたこともあり打席はすぐに回ってこない状況にしたわけだし、山口自身9回は非常に安定していたので打たれても誰も責めることはできなかっただろう。
確かにリリーフには他に藤江・加賀・大原といるのだが、そのうち加賀と大原は2人で1イニングと見た方が良い。
しかも藤江は昨日逆転されているので、もう少し余裕を持った継投をした方が後々采配し易い。
結果的に続投させたら1点を取られなかったかは分からないが、継投はすればするほど調子のそこまで良くない日に当たっている投手が登板することになる。
なるべく良い状態で投げているなら続投をさせるべき。


横浜ベイスターズブログランキング:9位/野球ブログランキング:126位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。次の更新も期待してくださる方はワンクリックを。


スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<試合分析:ペナントレース第53戦、VS日本ハム。 | ホーム | 試合分析:ペナントレース第37戦、VS読売。>>

コメント

bay love ですこんばんは
今日の試合三嶋が4回までは感心しませんが5回から尻上がりに良くなりプラススタミナもある事を見せてくれたのは先発陣が手薄な今チームにとっては
非常に有難い事かと、、、
ただ今日の試合負ければ敗因があるのは当然なのですが 点を取られた回の松本への決め球がまったく理解に苦しみます、、、こういうときの定石としてHRバッターには変化球から入り 逆に松本の様なバッターにはパワーピッチャーのソーサのような投手の場合ストレートで押しまくるのが普通ですが2アウト取って2ストライクから変化球で勝負に行くとは、、
ここは打たれても良いからストレートで押しまくって欲しかった
案の上いやな予感が的中で坂本に決勝点を決められる始末、、、、

後心配な点は山口が結果オーライで押さえましたが
腕が下がり 球が来てなくてどこか体調が悪いのかと
思うほどストレートもきてない点です、今日だけだと良いのですが心配です

火曜日から交流戦ですが何とか5分で乗り切って欲しいところです、、、それと6,7回を任せられる投手がいない点ですか、、、小林寛が今のところ1番ましかと 後は投げてみないと分からない状態で非常に心配です3位に成れるか去年までと変わらないシーズンを送るか本当に勝負ところですね、、、、
では又。


2013-05-12 Sun 19:18 | URL | bay love [ 編集 ]
bay loveさんへ、こんばんは。

三嶋の投球は非常に嬉しい誤算ですね(笑)。
先発が不甲斐なさすぎるので、一石を投じて欲しいところ。

ソーサと鶴岡の相性が以前から私は気になっているのですが、仰る場面はまさにその通りだと私も思っていました。
球威のあるストレートなら押し込めたでしょう。

山口の状態は確かに良くないですね。
ただ、まだ押せていたので球威はあるのかと思いますが、勢いがありません…。
春先の状態は悪い投手ですが、痛めている箇所でもあるのでしょうか。

交流戦はとりあえず良い入り方をしたいですね。
楽天は調子が良いようなので1勝1敗で、日本ハムは最下位ですから、私は勝率自体を5分にしてほしいと期待しています。
この交流戦で、今シーズンの先行きが決まってくるでしょう。
先発不足が多少解消するのが特徴なので、これを機に投手陣が安定してくることを切に願います。
2013-05-12 Sun 21:02 | URL | baystars fan [ 編集 ]
三嶋と内海、球数が対象的でしたね。
勿体無いフォアボールを減らせばもう少し楽になれると思いますが

今日は、横浜で1番安心出来る中継ぎが打たれたのでしょうがないです。

最近、バントをここでさせるか
ここではさせないのか?
という場面がよくあります。

金曜日に、現地観戦しに行った試合、7回裏中村のタイムリーツーベースで後1点で追いつく場面。
ノーアウトだったので、ここはバントかなと思ったんですがしなくてその後、松本、ラミレスなど3人が倒れて同点にはならず。

今日の試合、結果的に石川打ちましたがランナーが入れ替わってもいいやぐらいで打たせてほしかったですね。
ちょっと弱気な感じがしました。


すみません。自分だけが感じただけですが








2013-05-13 Mon 01:15 | URL | 横浜魂 [ 編集 ]
横浜魂さんへ

三嶋と内海では投球術に差がありますね…
ただ、苦しんでいた序盤を乗り越えたら後半は安定したので次回は投球術を学んだ成果を見たいところ(笑)。

仰る通りまだ100球以上を投げ続ける体力はないと思いますので、球数を無駄に増やすのは何とかした方が良いですね。

金曜日の件については、私の見解だと松本に送りバントさせるのは拙いと思っていました。
松本は送りバントを何度も失敗しているだけに、大事な場面では打たせた方が結果は残るような気がします。
今のところは、打撃力でヒットを打つことができる状態なので、任せてやって欲しいですね。
とはいえ、バントの判断は相手の裏をかくということも考えてなのか、こちらの想定の裏をついてくる印象がありますね。
ただ、このこと自体は一貫性がないとも捉えられますが、逆に相手に変な疑いを抱かせることが可能です。
そういった意味では、バントに関しては見え見えでするより相手に悟らせない作戦もやっておくべきだと考えます。

しかしながら、何事も“意図”を感じる行動が重要なので、しっかりその作戦を取ってどのように得点するイメージを持っているかを伝えられるものであってほしいですね。

> 三嶋と内海、球数が対象的でしたね。
> 勿体無いフォアボールを減らせばもう少し楽になれると思いますが
>
> 今日は、横浜で1番安心出来る中継ぎが打たれたのでしょうがないです。
>
> 最近、バントをここでさせるか
> ここではさせないのか?
> という場面がよくあります。
>
> 金曜日に、現地観戦しに行った試合、7回裏中村のタイムリーツーベースで後1点で追いつく場面。
> ノーアウトだったので、ここはバントかなと思ったんですがしなくてその後、松本、ラミレスなど3人が倒れて同点にはならず。
>
> 今日の試合、結果的に石川打ちましたがランナーが入れ替わってもいいやぐらいで打たせてほしかったですね。
> ちょっと弱気な感じがしました。
>
>
> すみません。自分だけが感じただけですが
2013-05-13 Mon 20:04 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。