ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第101試合目、横浜ベイスターズVS広島

6-3で勝利!

1 下園(中) 4-1
2 藤田(二) 3-0
3 内川(左) 3-1
4 ジョンソン(三) 3-2 1打点
5 佐伯(一) 4-1
6 吉村(右) 3-0
7 石川(遊) 3-2 3打点
8 武山(捕) 2-0

代打
森笠 1-0
細山田 2-0
金城 1-1

投手
1 吉見 6回3失点
2 真田 1回無失点
3 加藤康 1回無失点
4 山口 1回無失点

今日は、中盤まで同点という好ゲーム。
1回表に吉見が1失点をするが、
1回裏に下園が2塁打で出塁して、ジョンソンの犠牲フライで生還した。
2回裏には石川が足を生かして、相手のミスを2つ呼んで1ヒットで1点が入る。
4回には、石川がタイムリーで2点差のリード。
しかし、5回に吉見が2ランを浴びて同点に。
結局、吉見が6回を三者凡退に抑えたあと、交代。
7・8回とフォアボールを出しながらも要所を抑えて、流れを持ってくると、
8回裏に無死から連打でチャンスを作る。
ここで、佐伯が内野ゴロを放つが、これで内川が本塁憤死。
だが、広島サードが狭殺プレーで悪送球をして、
1塁ランナーのジョンソンが一気にホームイン。
さらに、その後は吉村の振り逃げもあって、再びチャンス。
石川が記憶に新しい、スクイズがここでも決まる。
これが2打点をたたき出すというスクイズになって3点リード。
最後は、山口がフォアボールを出しながらも抑えてゲームセット。

打撃陣は、エラーや好走塁でことごとく点にした。
2回の石川の盗塁からの呼んだ2つのエラーで、本塁生還というシーンもありました。
さらに象徴的なのは、8回の攻撃だろう。
先頭から2人がランナーとして出て、次の佐伯の時に内川が本塁憤死するも、相手のエラーで1塁ランナーが一気にホームをつく。
そのあとも、吉村が振り逃げで出てチャンスを作り、さらに暴投で広がる。
すると、石川が1死2・3塁からスクイズ。
これで3塁ランナーが生還と思いきや、つかんだ投手が三塁走者を見ないで1塁に送球。
この間に、吉村がそのプレーを見て生還。
なんと2ランスクイズとなる。
今日は、本当にエラーと好走塁のみで勝利した感じでした。
こういうゲームができると、打線が湿っている時でも勝てるようになりますね。

投手陣は、吉見が6回を3失点でゲームを作る。
5回裏に同点にされるも、サードのエラーで2死満塁のピンチを三振に斬って取る場面がポイントとなった。
ここを抑えたことで、流れをつかまれなくて済んだと言っていいでしょう。
7回も吉見がいっても良かったと思いますが、ここからは継投で。
真田・加藤康・山口と3人がフォアボールを出しながらも要所を抑えてゲームを締めた。

なんとなく、しっくりこないゲームでしたが、勝てましたのでいいでしょう。
いつもと違う、走塁に果敢な姿勢が見えたので、大きな収穫と言えそうです。
これを機に、走塁意識が高まるといいですね。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第102試合目、横浜ベイスターズVS広島 | ホーム | 第100試合目、横浜ベイスターズVS広島>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。