ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第105試合目、横浜ベイスターズVS読売

4-3で逆転負け。

1 下園(中) 3-1
2 藤田(二) 3-1
3 内川(左) 4-2 2打点
4 ジョンソン(三) 4-1 1打点
5 佐伯(一) 4-0
6 吉村(右) 4-0
7 石川(遊) 4-1
8 細山田(捕) 2-1

代打
森笠 1-0
内藤 1-0
仁志 1-0

投手
1 ウォーランド 6回4失点(自責点3)
2 真田 1回無失点
3 木塚 1回無失点

今日は、ウォーランドがランナーを出しながらも粘りのピッチングをする。
すると、2回にジョンソンが先制ソロ、3回に内川のタイムリーで2点をリードする。
しかし、その裏、センター前ヒットで下園が返球の際にボールを逸らしてしまい1点を失う。
続く4回でも、無死満塁で併殺を取るものの同点になる。
5回表に内川が2打点目のタイムリーでウォーランドを一旦は救うが、
その裏に2点を取られて逆転されてしまう。

打撃陣は、取れるところでは取ったがチャンスを後半に作れなかったのがきつい。

投手陣は、ウォーランドが粘りながらも3回から5回までで4失点をして試合を作れなかった。
しかし、次の登板に向けては6回を三者凡退に抑えたことが良かったと思います。
真田・木塚は最少得点差で試合をとどめることはできましたね。
少し、木塚を使ったことに疑問はありますが。
いいところで使える投手ですからね。
大事にお願いします。

それにしても、吉村が打てませんね。
これはコーチとの関係なのでしょうか。
田代監督代行にアドバイスを求めているシーンも見られるので、デビュー当初の打撃を取り戻してもらいたいところ。
一方、内川は杉村さんに細かく指導を受けて上手く調整できているようです。
去年と違う点を指摘されて直したら状態が上がったということです。

今日は、下園にタイムリーエラーが出ましたが、
その前の回は背走キャッチを魅せてくれたので、プラマイゼロということで。
吉村の1回(?)の守備も良かったですね。
ああいった、守備が見られただけにウォーランドにはがんばって欲しかったですが。
こういう守備も、毎試合見せてくれれば投手陣も奮起してくれることでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第106試合目、横浜ベイスターズVS中日 | ホーム | 第104試合目、横浜ベイスターズVS読売>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。