ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第122試合目、横浜ベイスターズVS阪神

4-2で勝利。

1 下園(中) 3-0
2 藤田(遊) 3-0
3 内川(左) 4-3 3打点
4 ジョンソン(三) 4-0
5 佐伯(一) 4-1
6 吉村(右) 3-1
7 山崎(二) 3-1 1打点
8 武山(捕) 4-1

投手
1 ランドルフ 7回2失点
2 真田 1回無失点
3 山口 1回無失点

今日は、期待のランドルフが登板。
そのランドルフは1回の無死からのピンチを討ち取って一安心。
すると、3回表にフォアボール3つで2死満塁のチャンスをもらう。
ここで内川が走者一掃の3塁打を放って、3-0。
しかし、4回裏に死球からピンチを作ると内野ゴロで1点を失う。
さらに、5回裏に3連打で1点を取られて1点差。
いやな流れでしたが、6回表に山崎がタイムリーを放って、佐伯は憤死するも1点を追加した。
この裏を抑えて、ランドルフは降板。
あとはセットアッパーを真田が担って、山口がストッパーとして最後を併殺に打ち取りゲームセット。

打撃陣は、やはり内川頼み。
3回のチャンスで打ったのも内川、6回のチャンスメイクも内川。
やはり内川はチームにとって欠かせません。
それにしても、その後の4番が良ければより点数が稼げますが。
3回も3点のあと、2死3塁でジョンソンでした。
6回の1死1塁でジョンソンがつなげていれば、ということも。
結局は2死1塁からつないで点数を取れましたけど。

投手陣は、ランドルフがかなり通用しているようです。
7回まで6安打、5四死球を出しながらも2点にまとめるピッチングをした。
ピンチになっても動じない姿勢がいいですね。
真田も山口も役目を果たしてくれました。
今日は投手陣に感謝です。

内川の打率がこれで、.325になりました。
再び首位打者の筆頭候補として1打席も無駄に出来ない戦いが始まります。
残りは22試合です。

ランドルフはどこの球団相手でも通用しそうな感がありますね。
あとはあの読売を潰せるか。
これを試してほしいところです。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第123試合目、横浜ベイスターズVS阪神 | ホーム | 第121試合目、横浜ベイスターズVS阪神>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。