ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第125試合目、横浜ベイスターズVSヤクルト

2-6で敗戦。

1 下園(中) 3-2 1四球
2 藤田(二) 4-1
3 内川(左) 3-0 1四球
4 ジョンソン(三) 2-1 2四球 1打点
5 佐伯(一) 3-1 1四球 1打点
6 吉村(右) 4-2
7 石川(遊) 3-1
8 斉藤俊(捕) 2-0

代打
金城 2-0
桑原義 1-0
梶谷 1-0
内藤 1-0

投手
1 藤江 6回3失点
2 高崎 1/3回2失点
3 工藤 2/3回無失点
4 吉川 2回1失点

今日は、1回から2点を奪って良い感じ。
しかし、5・6回で逆転される。
その後は追加点を許すも、打撃陣がチャンスを生かせずにゲームセット。

打撃陣は、1回に4・5番で2点を奪う。
しかし、その後はチャンスを再三作るも得点には至らずに無得点。
特に、先頭が出た回は得点しておきたかったです。
また、5回の3フォアボールに1本のヒットくらいは絡ませていきたかった。
3~8回まではどこでも得点できた印象です。
つながりがないなぁという今日の打線でした。

投手陣は、藤江が5・6回で3失点と勿体ないピッチング。
しかし、試合は作りましたので最低限の評価は得られたと思います。
だが、その後のリリーフ陣が壊滅。
高崎・吉川で3失点。
工藤はいい仕事をしましたね。
こういうピッチングが常にできればいいですが、年齢もありますし、波はあって仕方ないでしょうか。
しかし、解雇まではする必要ありますかね?
チームへの波及を考えたときに、精神的支柱がいなくなることは必ずしもいい効果はもたらさない気がするのですが。
2軍と行ったり来たりでもいいので、チームにいることは重要だと思うのは私だけでしょうか。

それにしても、1番はしばらく下園でしょうかね。
打っているイメージはありますからね。
ただし、将来的には私的には中軸に育ってほしい…。
どちらかというと、7番に石川ということが勿体ないなぁと思うのです。
足もあるので、7番だと次は8・9番ですからチャンスを作っても無駄になってしまうケースが多い。
だったら、1番がいいでしょうね。
7番は影の4番ですから、ここはポイントゲッターがいいと思うので、下園や内藤あたりの打者がいいと考えます。
あくまで、私の理想ですので。

藤江はこれで次の登板は獲得しましたかね。
ゲームは作りましたので、機会を与えてやってほしいです。
これで小林・藤江が来季もローテに落ち着いてくれると、良い感じですよね。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第126試合目、横浜ベイスターズVSヤクルト | ホーム | 第124試合目、横浜ベイスターズVSヤクルト>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。