ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第十戦、横浜ベイスターズVSオリックスバッファローズ

*オープン戦は中継がほとんど無いため、結果に基づく解説となってしまいますので、不適切な発言を含むことがありますが、ご了承ください!


8-7で横浜ベイスターズのサヨナラ勝利!!!!!


1 松本(中) 5-2
2 仁志(二) 3-1
3 内藤(一) 5-2 2打点
4 吉村(右) 5-2 2打点
5 佐伯(指) 4-1 1打点
6 森笠(左) 3-1
7 藤田(遊) 5-2 1打点
8 野口(捕) 2-1
9 石川(三) 4-1

代打
ジョンソン(6回) 1-1 2打点
金城(9回) 1-1


投手
1 吉見 5・2/3回 5失点
2 加藤 1・1/3回 1失点
3 山口 1回 1失点
4 横山 1回1失点


本日は、初(!?)の先発全員安打で8得点のサヨナラ勝ち!!久しぶりにいいゲームになりましたね。攻撃陣では、やはり好調の内藤がまたしてもやってくれました。今日は2安打2打点。これでまたスタメン入りへ前進です!!また、吉村がお久の出場でこちらも2安打2打点。やはり悔しかったのでしょうね・・・。そして、見逃してはならないのが6回に出た新外国人・ジョンソンの代打2ラン。こちらも今後の活躍次第でスタメン入りを期待できそうです。
今日の試合は、3点ビハインドの9回に劇的なドラマがありました。まず、先頭・松本のヒットと仁志に代走として試合に出ていた山崎への四球で2人ランナーが溜まると、好調・内藤。ここでもしっかり役割を果たす、タイムリー2ベースヒット!!続く、4番・吉村の2点タイムリー2ベースでたちまち同点に!!そして、何故か佐伯がオープン戦にもかかわらず敬遠・・・。続く、代打・金城の右安打でチャンスを広げると、藤田のタイムリーヒットで試合を決めた。ノーアウトから1アウトもとらせず3点差を大逆転とは、やはり嵌ると怖い打線ということがよく分かったし、マシンガン打線も健在ですね。


一方、投手陣はというと、被本塁打5本と花火の連発。吉見が3被本塁打、加藤と山口が1被本塁打で試合をつくることは出来なかったのだが、よく勝ちゲームになったと思う。やはり、9回表を横山がきっちり3者凡退に仕留めたことが大きかったのですね。横山も石井が不調ならば、抑え候補と挙がるだけに好調維持が期待されます。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ベイスターズ特集2回目 | ホーム | 第九戦、横浜ベイスターズVS福岡ソフトバンクホークス>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。