ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第133試合目、横浜ベイスターズVSヤクルト

2-5で敗戦。

1 金城(中) 4-2
2 藤田(二) 3-0
3 内川(左) 3-3
4 村田(三) 4-0 1打点
5 佐伯(一) 4-2
6 吉村(右) 4-1 1打点
7 石川(遊) 4-0
8 武山(捕) 2-0

途中出場
森笠 1-0
松本 1-0

投手
1 ランドルフ 6回5失点
2 木塚 1回無失点
3 松家 1回無失点

今日はランドルフが先発して、期待のゲーム。
1回から1点を先制すると、4回にも1点を追加。
しかし、その裏に一挙に同点にされる。
すると、5回裏にも2ラン、6回裏にもタイムリーで6回で5点を失う。
打撃陣は得点をなかなか入れるチャンスも作れずに、無得点。

打撃陣は金城と内川で2回の得点シーンを演出していく。
1回は村田の内野ゴロで1点が入るが、5回は金城が本塁憤死で無得点。
残りは4回の得点シーン以外に得点の機会すら作れなかった。

投手陣はランドルフが誤算。
ヤクルト相手にはどうでしょうと思いましたが、序盤は通用していたが、
4回に一気に3安打打たれて崩れ、5・6回と失点してしまった。

金城が今日もマルチヒットで完全に復調してきた感じ。
まだ判断するのには早いと思いますが、一時的な復調は確実ですね。
これが長期的に続けばいいのですが。
打率は.270ではなく、.280に乗りました。
このペースで3割を目指してもらいたいですね。

内川が今日は3安打で.323に。
故障明けできついところもあると思いますが、首位打者の可能性は十分にありますので、
頑張ってもらいたいです。

ランドルフはヤクルト戦には弱いですかね?
まだ分かりませんが、おそらくどこかに穴がありますので、もしかしたら弱いかもしれませんね。
どちらにしても、上位球団に強い投手であればいいのですが、来季までそういった評価は持ち越しておいた方がいいでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ドラフト特集 PART 1 | ホーム | 第132試合目、横浜ベイスターズVS阪神>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。