ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第136試合目、横浜ベイスターズVS広島

5-9で敗戦。

1 金城(中) 4-1
2 藤田(二) 4-0
3 内川(左) 3-0 1打点
4 村田(三) 2-0 1四球
5 佐伯(一) 3-0
6 吉村(右) 4-2 1打点
7 石川(遊) 4-1
8 斉藤俊(捕) 2-0

途中出場
下窪 1-0
ジョンソン 1-1 1四球 1打点
内藤 2-0 1打点
新沼 1-0
松本 1-0

投手
1 吉川 1・0/3回6失点
2 松家 3回1失点
3 高崎 1回無失点
4 高宮 1回無失点
5 真田 1回2失点
6 工藤 1回無失点

今日は序盤から吉川が散々で1・0/3回で6失点。
続く松家も打たれて1失点。
2イニングで試合がほとんど決まってしまう。
打線は5回に吉村のソロで1点返し、6回に内川が犠牲フライでもう1点。
7回には相手のエラーで2点を加えて、この時点で3点差。
だが、真田が2ランを浴びて終了。
9回にジョンソンがソロで4点差にするのが精一杯だった。

打撃陣は今日もなかなか出塁に苦しむも、チャンスを得点にはつなげられた。
だが、そのチャンス自体が少ないので得点もソロ2本と犠牲フライ・エラーの3点のみ。
チャンスメイクができない試合にしては5点は取れたほうだと思うが…。

投手陣は吉川が使えないピッチングで、試合を崩してしまった。
3点差になると、今度は真田が2ランを打たれる。
これも地味に大きかったです。

今日はジョンソンが本塁打でチームトップとなる。
おそらくジョンソンは退団情報にも挙げられていませんから、残留でしょうね。
私としてもジョンソンはもう1年残しておいて良いと思います。
が、野手の補強は必要でしょう。
もう一人連れてきたいですかね。
日本野球経験のある打者がいいとは思うのですが。

吉川が先発で結果を残せませんでしたね。
吉川もそろそろ立場的に危ういですから、今年のオフも危険な選手に挙げられるでしょう。
松家や牛田あたりが先発テストを受けても面白いですが、ないですかね??

金城は今日もヒットでじりじりと3割に近づいています。

吉村がきっかけをつかむ日は来るのでしょうか。
今日の2安打がいいきっかけになりませんかね。
何とか今年中にスランプは抜けてほしい。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第137試合目、横浜ベイスターズVS広島 | ホーム | 第135試合目、横浜ベイスターズVSヤクルト>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。