ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

キャンプメンバー発表。

横浜は26日、沖縄・宜野湾市立野球場で行われる1軍キャンプのメンバー39選手を発表した。新人の全7選手は湘南(2軍)からスタート。佐伯や金城らベテランも、まずは湘南でじっくり調整する。
この日、自主トレーニング視察に横須賀市長浦町のベイスターズ総合グラウンドを訪れた尾花高夫監督は、「みんな、かなりいい状態に仕上がっている。1年目(の選手)でも使えると思ったら使う」と期待していた。
日程は、1軍は2月1日から同28日まで。湘南は同1日から同17日まで沖縄・嘉手納町営野球場で、20日から横須賀で。
1軍メンバーは次の通り。
【投手】山口、吉川、弥太郎、小林太、高宮、清水、三浦、藤江、木塚、吉見、高崎、寺原、ブーチェック、真田、篠原、石井、加藤、ランドルフ【捕手】橋本、細山田、黒羽根、武山【内野手】山崎、内川、石川、藤田、村田、稲田、カスティーヨ、高森、梶谷【外野手】スレッジ、松本、吉村、大西、早川、内藤、桑原義、下園

沖縄春季キャンプの1軍メンバー39選手の顔触れが明らかになった。移籍の6選手と新外国人3選手が名を連ね、競争が激化しそうだ。
新人7選手は全員が湘南からスタート。高校生の5選手は「まずは体づくり」という当初からの方針に沿った形だが、即戦力として見込んでいた加賀と福田も1軍スタートとはならなかった。尾花監督は「張り切りすぎて、けがでもされたら困る。プロのペースに慣れてもらって、必要ならいつでも1軍に上げる」と話す。
随所に選手の体調への配慮がうかがえる。「しっかり食事と休養を取ることが大事だから」と、夜間練習を行わない方針を打ち出した。もちろん、練習をおろそかにするわけではない。「やるべき練習をしっかりやったら(午後)5時くらいまでかかるんじゃないか」と、昨年より練習時間は長くなる見込み。めりはりを大切にするのが尾花流だ。
同じく湘南スタートのベテラン佐伯、金城については「実力は分かっているので、ゆっくりやってもらいたい」と指揮官。「一人でも多くの若手の実力を見極めたい」という狙いが根底にある。
5年ぶりに1、2軍が同時に沖縄入りすることになったのは、「第1クールから一度は2軍の練習も見たい。きらっと光るものがあるかもしれない」から。戦力分析を改革の手始めとする。(神奈川新聞)


いよいよキャンプ開始です。
例年と違って、期待感のある春季キャンプですから、楽しみですね。
さて、1軍・2軍メンバーが確定したようですが、私はあまり毎年気にしてはいません。
むしろ、キャンプ途中での1・2軍入れ替えに注目しています。
ここで状態が分かってきますからね。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
にほんブログ村
↑本日分からランキングに力を入れようかと思い、バナーを載せました。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手と同じようにこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ記事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今季の戦い方は!? | ホーム | 2010年春季キャンプ方針>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。