ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

号外)第3クール3日目、黒羽根の台頭

衝撃的なシーンだった。横浜のシート打撃で一塁走者の石川が二盗を仕掛けた。好スタート。投手の吉川が投じた球速が最も遅いカーブはショートバウンド。それでも黒羽根は、ノーステップで二塁へ送球してチーム一の快足を刺した。
「練習でやってきたことが出せた。監督にいいアピールができました」
プロ5年目で昨季1軍10試合に出場。遠投115メートルの強肩に定評はあった。日大藤沢では練習試合に登板して144キロを記録したこともある。だがノーコン。昨季から福沢バッテリーコーチとスローイング矯正に取り組んだ。振りかぶって上から投げ下ろす形から、コンパクトな動きで弓を引いて射るような投げ方に直すと送球が安定した。ロッテからFA移籍した橋本が右ひざ裏の張り、細山田が発熱で欠場する中、尾花監督は「黒羽根は目立ってる。走られないのが一番いい捕手。チームを強くするには生え抜きの成長が必要」と評価した。昨季は12球団ワーストだった盗塁阻止率・181の改善は大きな課題。プロ通算11試合出場の男が正妻争いに急浮上してきた。(サンスポ)


捕手争いで、黒羽根が好アピールしたようですね。
橋本や細山田が欠場する中で、自慢の肩を魅せましたね。
特に盗塁阻止率が酷かったですから、これを解決するにはうってつけの捕手。
スローイングが安定したとなれば、怖いものはないでしょう。
あとは捕手としてレギュラーになるために、リード面や打撃力を高めなければなりません。
まだ22歳ということもあるので、細山田と争って、3・4年後あたりに正捕手になれればと思います。

横浜ベイスターズブログランキング:4位/野球ブログランキング:53位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手と同じようにこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズキャンプ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<第3クール4日目、牛田の復活とランドルフの初ブルペン | ホーム | 第3クール3日目、小杉は本物なのか。>>

コメント

こういう見方がになると層の薄さってのが横浜はやはり改善しきれていませんね…。
まあ開幕に間に合ってくれればいう事なしですが(苦笑)
2010-02-14 Sun 17:38 | URL | ルッカ [ 編集 ]
確かに補強は進んだのですが、層は相変わらず薄いんですよね。
1人抜ければ代わりが…という状況ですから。
昨季までのように、誰を出そうか、といった絶望的な状況は回避できると思うのですが。
やはり層を厚くするには、数年かかってしまうでしょうね。
監督やコーチの質も大きく影響するのでしょう。

本当に開幕までに人数が揃っていることを願うばかりです。
2010-02-14 Sun 18:46 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。