ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

修正)オープン戦9試合目、VSオリックス

一部、私の考えが誤解されそうな箇所が気になったので修正しました。


オープン戦8試合でまだ白星のない横浜に、主砲村田の1号本塁打が飛び出した。初回、巨人から移籍のオリックス木佐貫から左中間への特大先制3点弾。前日13日の阪神戦終了後「ベンチの雰囲気は悪くないが、打線が線にならない」とチームの現状を口にした村田だが、四球、死球と相手がくれた好機をひと振りでものにした。2打席目にも左前打を放ち、打率4割台をキープ。昨季2度の戦線離脱から、けが防止のため大好きな酒を断ち、5キロ減量に成功。飛距離に影響が出るのではと懸念されたが、それも心配なさそうだ。(スポニチ)


6-3で、ようやく初勝利。

1 内川(一) 4-0
2 早川(中) 3-0 1四球
3 カスティーヨ(二) 3-0 1死球
4 村田(三) 4-3 1HR 3打点
5 スレッジ(左) 3-0 1四球
6 吉村(右) 2-0 1死球
7 橋本(捕) 4-1 1打点
8 下園(指) 4-0
9 稲田(遊) 3-2

途中出場
金城 0-0
山崎 0-0
野中 0-0 1盗塁
大西 0-0
内藤 1-1 1打点
藤田 0-0

投手
1 三浦 5回、被安打4、2失点
2 高宮 1/3回、無失点
3 小山田 2/3回、被安打1、無失点
4 篠原 2/3回、被安打1、1失点
5 真田 1/3回、被安打2、無失点
6 加藤 1回、無失点
7 ブーチェック 1回、与四球1、無失点



投手陣からいきましょう。
今日の先発はオープン戦2試合目の登板となった三浦。
4回まで被安打1と、スロースターターの三浦にしては不気味(笑)なピッチングを披露。
だが、5回に1死からヒットを打たれ、2死となるも連続タイムリーを浴びて2失点。
6回は高宮がワンポイントリリーフに成功し、1死から小山田が被安打1で3アウト。
7回は篠原が登板するも、先頭の左打者・T-岡田にソロを打たれる。
その後2アウトを取ったところで、真田に交代。
連続ヒットを打たれるも、北川を打ち取って3アウト。
8回には加藤が登板、彼が三者凡退に抑えて流れを作る。
3点リードで迎えた9回には、抑え候補のブーチェックが登板。
2死から四球を与えるも最後抑えてゲームセット。
初セーブを挙げました。
投手陣はブーチェックが9回2死から与えるまで、1つの与四球もなかったことが評価できますね。

調整に苦労している三浦は4回までほぼパーフェクト。
5回に3安打を浴びて2失点しましたが、さすがベテランと言っていいでしょう。
上手く合わせてきているみたいです。
5回にいきなり3安打浴びたのは、おそらくスタミナ面でしょうかね。
こういうところはベテランの調整力で補ってもらいたいところ。
あと1試合、先発予定があるようなので、そこで6・7回を無失点投球してくれたらもう安心でしょうね(笑)。
開幕戦に間に合いそうで、ホッとした試合になりました。
とはいえ、もう1試合先発させると言っても、開幕前になってしまうと考えられます。
どれだけ開幕の前に休めるのか、という点もありますからね。

投手陣で気になったのは、篠原でしょうか。
やはり完全に復活するには無理がありそうですが、貴重な左腕ですからね。
ベテランらしくシーズンに入ったら調整完了しました、なんてことないでしょうか。

抑え候補のブーチェックは、余計な四球があったものの抑えて一安心。
ここで失点しましたなんてことがあったら、おそらく抑えの問題が本格的になっていたはずです。

続いて打撃陣、今日の打順は一捻りしたものであった。
1・2番は出塁率重視ということで内川・早川の2人。
3・4・5番は好調のカスティーヨ、村田、不調のスレッジの3人。
6・7・8・9番の下位打線は吉村・橋本・下園・稲田の4人。
1回、1死から連続死四球でチャンスを得ると村田がオープン戦初ホームランで3点を先制する。
その後、再び連続四死球でチャンスを得たが、ここは橋本が併殺打。
2回、1死から稲田がヒットを打つも内川・早川が凡退。
3回、また1死から村田がヒットを打つもスレッジ・吉村が凡退。
4回、2死から稲田の2塁打のあと、内川の放った打球にバルディリスがタイムリーエラーで1点を追加。
5・6・7回と三者凡退で終わり嫌なムードになるも、8回表を三者凡退で終えて流れは渡さない。
すると8回1死から村田がヒットを打つと、2死から内藤・橋本の連続タイムリーで2点を追加。
結局打線は7安打6得点。
効率は良かったが、1回の村田のホームランの後にもう1・2点欲しかったというところですね。

今日は無得点の解消のため、打順をいじりました。
しかし出塁率を重視したはずの1・2番は合計で7-0、四球1つとエラーでの出塁のみに終わりました。
3番に抜擢されたのはカスティーヨ、好調でしたが今日は3-0と裏目。
また、9番に入った稲田が仕事を果たしましたね。

気になるのはやはり5番のスレッジ。
打率が.050を切ってしまいました…
今日、内藤がタイムリーを打っていますので次の試合にはレフトに内藤を検討してみては。
しかし、そろそろペナント前に調子を上げなければいけない時期に来ています。
スレッジに当たりが出ることを期待しましょう。

横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:75位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手と同じようにこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<オープン戦9試合消化、残りはあと6試合…只今、1勝6敗2分 | ホーム | 更新)オープン戦8試合目、VS阪神>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。