ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

オープン戦11試合目、VS中日

横浜はスレッジが5日以来の2号本塁打を含む2安打を放った。先発の柱となる清水は8安打されたが要所を締め、6回1失点。中日は山井が6回5安打2失点で先発入りへ前進。2度目の登板の岩瀬は7回を三者凡退に打ち取った。(スポニチ)


5-3で2勝目。
相手打線はDH制適用、こちらはDH制なし、という点がありましたが勝利しましたね。

1 石川(遊) 3-2 1四球 1盗塁
2 稲田(一) 2-1 2犠打
3 カスティーヨ(二) 4-2 2打点
4 村田(三) 4-1 1打点 
5 スレッジ(左) 3-2 1HR 1打点 
6 吉村(右) 2-0 1四球
7 橋本(捕) 4-1 1打点
8 金城(中) 3-0 1死球
9 清水(投) 2-0

途中出場
藤田 0-0
高森 0-0
山崎 0-0
大西 0-0
佐伯 1-0
松本 0-0
下園 1-0
野中 1-0
内藤 0-0

投手
1 清水 6回、被安打8、1失点
2 木塚 2/3回、被安打1、無失点
3 加藤 1/3回、無失点
4 真田 1回、無失点
5 ブーチェック 1回、被安打3、2失点  


今日はここまで2試合に先発した清水。
自責点0でなかなかの調整ができていますね。
1・2回、先頭にヒットを打たれるも後続を抑える。
3回は三者凡退で終える。
4回に再び先頭が出るも、無失点。
5回には4度目の先頭のヒットが出てまた無難に抑えるかと思いきや、2塁打を浴びて無死2・3塁の大ピンチ。
しかし、ここも後続を完璧に封じて無失点。
粘りのピッチングをしていたが、6回に2死から3連打を打たれて1点を返される。
7回は木塚が登板すると、2死からヒットがあったものの、加藤が抑える。
8回は少し調子を落としている感のある真田、ここは三者凡退で信頼を少し回復したか。
9回は抑え候補のブーチェックが登板したが、3連打で2点を失い不安を残した。

打撃陣は石川と稲田の1・2番で挑む。
1回先頭の石川が四球を選ぶと、稲田が送って早速チャンスが来る。
しかしカスティーヨと村田が凡退して得点ならず。
2回、ここも先頭のスレッジがヒットで出塁するが後続が上手くつなげない。
3回も先頭の石川がヒットを打つと、盗塁と稲田のバントでチャンスを作る。
しかしここもカスティーヨと村田が凡退して得点ならず。
4回に先頭のスレッジがソロを打って1点を先制する。
5回は1死から石川が2本目のヒットとなる2塁打を放つとカスティーヨがタイムリーツーベースを打つ。
6回には1死から吉村が四球を選ぶも、代走松本が盗塁を成功できない。
7回は三者凡退。
8回は先頭の稲田が内野安打で出塁すると、カスティーヨが今日2本目のタイムリーツーベースで3点目。
さらに村田がタイムリーで4点目、2死から橋本がタイムリーで5点目。

気になるのは4イニングで先頭を出塁させた点ですが、上手く試合をまとめましたかね。
6回の1点は2死走者なしからの失点でしたので、勿体ない感じもしますが。
さすがにロッテのエースをやっていただけあるなぁというオープン戦でした。
おそらくこれでオープン戦の登板は最後となると思います。
また登板したら申し訳ないですが(笑)。

今日の1・2番は石川・稲田のコンビ。
石川は2-2の1四球で3度出塁に成功し、1盗塁も記録して、1番定着にアピール。
石川は同じくショートもできる野中との争い、内川とはどうなんでしょう??
稲田はバントを2つ決め、小技ができることもアピールしました。
稲田は藤田との2番争いになるのでしょうか、守備位置がファーストとサードを守っているのでスタメンは難しいとは思いますが、セカンド・ショートも一応できるようなのでどうでしょうかね。
セカンドやショートはできるだけでは仕方なく、個人の守備力とコンビネーションも必要事項ですからね。

先ほど挙げた内川はスタメンから外れましたが、レギュラーはほぼ確実な選手ですよね。
稲田の起用はおそらくオープン戦のアレでしょうから。
ただ、本来の3番でカスティーヨがいい活躍をしています。
となると内川は1番というのが浮かびますが、すると最近アピールしてきた野中や石川という足の使える選手がいますね。
私の頭には数年前から内川を2番にという考えがあるのですが、ここには藤田や早川などがいますね。
しかも内川は小技が使える感じがしないですから。
やはりカスティーヨが打撃も通用するとなると打順に悩みますね…(笑)。
しかも3番で結果を出しているのでさらに。
嬉しい悩みですが。
ちょっとこの話は特集することにしますね。

今日の問題はブーチェック。
4点差と比較的楽な点差ということで抑えの役回りではないですが、2失点。
そろそろ抑えの候補を増やしておかないと後ろが破綻しそうな感じです…。
先発でこの間結果を出せなかった山口を戻すのか、それとも外国人を取ってくるのか、あるいは今の中継ぎ陣から抜擢するのか。
オープン戦の中の調子や実績を考えれば、木塚が第1候補でしょうか。
先ほどの嬉しい悩みとは正反対の悩みですが、こちらは深刻ですからね。
この問題も特集することにしましょうか。

横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:81位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
本日から拍手制度を採用せず、ランキングに統一していただこうと思います。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<オープン戦12試合目、VS阪神 | ホーム | オープン戦10試合目、VS楽天>>

コメント

投手陣の配置ですが、寺原を抑えにもってくるのは問題外でしょうか。実績もありますし、今年は先発候補が何枚もそろっているから大丈夫ではと思うのですが。
2010-03-17 Wed 22:12 | URL | トリモノ [ 編集 ]
寺原の抑え案ですね。これはファンにも多くの支持者がいるみたいですので、問題外ということは絶対にないです。
私も数少ない実績ある投手の1人ですから候補には挙げるべきだと思います。
ただ抑えの条件である決め球がないため、奪三振率も高くないはずなんですよね。
打たれ始めると試合を壊してしまう点もあり、私は抑え向きよりは先発向きかなという印象があります。
試合をまとめながらという投球になりそうなので(笑)。
ただしこれは私の見方で、多くの人が寺原抑えに支持しているようです。
先発候補は三浦・清水・ランドルフと3人は成績を残せそうですが、山口は先日も打ちこまれていますし、桑原謙や小林太らはまだ計算が立たないですからね…。
もし若手の投手が先発で計算できるようになってきたら、寺原を配置転換しても大丈夫だと思います。

また、尾花監督が寺原を先発で期待している間は難しいかもしれませんね…。
2010-03-17 Wed 22:36 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。