ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第3カード2戦目、VSヤクルト(神宮)…0勝1敗0分



12-13でこのカードも負け越し。
今日の見所…藤江のピッチング。

スタメン
1 石川(遊) 4-1
2 早川(中) 4-2 1四球
3 内川(一) 6-2 1打点
4 村田(三) 5-2 1打点
5 スレッジ(左) 5-2 1打点
6 カスティーヨ(二) 5-5 1HR 3打点
7 吉村(右) 5-2
8 橋本(捕) 4-2 3打点 1四球(1敬遠)
9 藤江(投) 1-0

途中出場
稲田 1-1
藤田 2-2 1打点 1盗塁
金城 1-0
下園 2-1 1打点

継投
1 藤江 1回、2奪三振、6被安打、1与四球、7失点
2 真田 3回、3奪三振、3被安打、2与四球、1失点
3 高宮 2/3回、4被安打、2失点(1自責点)
4 木塚 1・1/3回、1被安打、1与四球、無失点
5 牛田 1回、3奪三振、1与四球、無失点
6 山口 1・2/3回、3奪三振、1与四球、3失点


1回表:石川が三振で倒れるが、早川・内川・村田・スレッジ・カスティーヨの5連打で3点を先制。
1回裏:先頭からヒットと四球で出塁を許すと、青木に3ランを打たれる。さらに2塁打を打たれると、1死後に2連打の後3ランをまた打たれて7失点。

2回表:先頭の石川がヒットで出塁すると、早川・内川の連打で2点が入る。が、村田が併殺を打ちスレッジも凡退して2点どまり。
2回裏:この回から真田が登板、1死から青木に一発を浴びる。

3回表:カスティーヨと吉村が連打で好機を作ると、橋本がバックスクリーンへ3ランで同点に。ここで先発・由規をKO、増渕が上がる。真田は三振、石川も中飛。早川は四球を選ぶも、内川がショートへゴロ。
*野手陣全員安打が3回で達成される。
3回裏:先頭の藤本に2塁打をレフト戦ぎりぎりに打たれるが、相川を三振。増渕をセカンドゴロで仕留めると、福地も三振で仕留めて無失点。

4回表:2死から、カスティーヨがヒットを放つが吉村が三振。
4回裏:1死から青木にヒットを打たれる。デントナを打ち取ったが、ガイエルを歩かし2死1・2塁で田中を打ち取って無失点。

5回表:1死から代打・稲田がライト前を打つが、石川が併殺打に倒れて無得点。
5回裏:この回から高宮が登板。先頭の藤本にヒットを打たれるが、相川をレフトフライ。代打・畠山を三振で仕留めるが、3連打を浴びて2失点。

6回表:三者凡退。
6回裏:前の回から木塚が続投すると、いきなりガイエルに2塁打を打たれ田中のバントで1死3塁のピンチ。ここで藤本をショートフライで打ち取り、相川をショートゴロで仕留めて3アウト。

7回表:先頭のスレッジがセカンドゴロ、カスティーヨにHRが出る。さらに吉村・橋本の連打が出ると、代打・下園がヒット、途中から守備に入った藤田がヒットで2点。早川と内川が凡退して追加点はない。
7回裏:この回からは牛田が登板。2死から武内を四球で歩かせるも、青木を三振。

8回表:先頭の村田がヒットを放つと、スレッジが2塁打でチャンス。するとカスティーヨがヒットで1点追加、だが後続はない。
8回裏:この回から山口が登板、1死からガイエルにHRを打たれる。

9回表:1死から藤田がヒットを打つも、金城・内川が凡退。
9回裏:先頭に四球を与えると2死になったが、川本にサヨナラHRを打たれてゲームセット。

先発の藤江が1回に7失点して早々と交代。
苦しいリリーフ勝負となったが、真田が1失点で3イニングを投げ切り試合を作る。
しかし高宮が1回持たず2失点。
だが、打線が活発なためリードし、牛田が登板すると1回を3奪三振で乗り切る。
ここで誤算が生じた。
私は8回も牛田がいくものだと思っていたが、山口が登板。
山口は昨季の経験上、2イニングを投げると打たれるという要素を持つ。
これが今日もはまった…8回にはソロ、9回には2ランを打たれて逆転されてしまった。

打線は22安打12得点とマシンガン打線を彷彿させる打撃。
22安打も打つならもう少し点数もといいたいところですが、まぁ12点取って勝てないのは投手陣の責任ですね。
カスティーヨは5-5!当たり外国人ってことでいいのでしょうかね??
不調だった吉村も2安打でしたし、これをきっかけにマシンガン打線再構築となるといいですね。

さて、明日はどのような試合になるのか。

横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:80位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<第3カード3戦目、VSヤクルト(神宮)…0勝2敗0分 | ホーム | 第3カード1戦目、VSヤクルト(神宮)…0勝0敗0分>>

コメント

なんといっていいやら。壮絶な打ち合いは結局サヨナラ負け。なんとも無いプレーのようだが、12点目をとったあと、一死1塁3塁で、吉村の単独スチール、アウト。これで、追加点の可能性を小さくした凡プレーで、あとで、一点をとるために金城にバント指令をだした方針とあきらかにちぐはぐさをみせた。山口は、本当に変わらない。昨年から何発のHR(サヨナラは勿論)をあびているか?1てんで、負ける試合はフラストレーションがたまります。なんとかして勝ってくれ!
2010-04-03 Sat 18:29 | URL | 流星ホッシー [ 編集 ]
22安打も打って12得点ですから、少しミスがありますね。

とはいえ、やっぱり12点取れたのに勝てないのは投手陣の責任だと思いますよ(苦笑)。
山口は2イニング投げると悪いというのがデータにも出ているはずですけど、そこはアナライジングの対象になってなかったようですね…。その前の牛田が完璧だったので、8回も投げてもらって良かったはず。
2010-04-03 Sat 19:04 | URL | baystars fan [ 編集 ]
もう管理人さんの言うとおり、抑えに牛田を起用してみてほしいです。山口は二軍で調整が必要かも。
アチャが好調ですが、その分スレッジの調子が気になりますね…。「恐怖の8番」くらいにしておいた方がいいのでは?
2010-04-03 Sat 23:22 | URL | トリモノ [ 編集 ]
仮に牛田が抑えに決まれば、山口をもう1度先発調整させることもできますしね。
ただ、現実的に考えれば牛田・山口の調子が上向きな方を抑えに、1人はセットアッパーで起用するのがベストでしょうか。
ただ、今日の場合は2イニングでしたから評価は違ってくるとは思います。
2イニング投げる時の山口は昨季から悪かったですからね…。

スレッジは打率も低いですからね…。
ただ一つ言えるのは勝負強い点ですが、5番に起用する意味はここにあるのかもしれません。
元々勝負強さはある打者ですし、意外性のある選手でもありますよね。
そういう選手が5番というのは、緊迫した場面ではかなり恐い存在になってくると私は見ています。
四球も選んで下位打線につなぐこともできますし、カスティーヨの好調さを生かせる5番になってくるのではないでしょうかね。
もう少し様子を見ましょう。
2010-04-04 Sun 00:06 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。