ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

開幕9カードを終えて

さて、第9カードを終えて10勝15敗。
今日は2回目の打撃陣の特集をしますね。
色付けは私の勝手な主観でしています(笑)。

0. チーム全体
順位5位、97得点(4位)、112失点(4位)、13HR(6位)22盗塁(2位)、打率.251(4位)、防御率4.24(5位)

前回は5カード終了時点で記載しました。
順位は一度6位に落ちるも昨日の勝利で5位にならんだ。
各項目では、盗塁数2位を維持。
さらに防御率こそ5位のままだが、得点・失点・打率が1つ上の4位になった。
少しずつチーム状態が上がってきているのかな、という印象ですね。

1.1番と2番
<主力>
石川 打率.287、出塁率.319、盗塁6、犠打1、得点圏.222
早川 打率.200、出塁率.323、盗塁5、犠打7、得点圏.182

やはりこの1・2番が尚も主力。
石川が少し打率が下がってきていますが、粘りと揺さぶりはできています。
早川は打率がなかなか上がりませんが、出塁率は.320台まで乗せてきました。
2人とも出塁率は.350以上欲しいと考えていますので、ヒットでなくとも四球で良いので出塁してほしいですね。

<候補>
藤田 打率.348、出塁率.348、盗塁1、犠打1、得点圏.500
野中 打率.000出塁率.333、盗塁5、犠打0、得点圏.000

さて、好調の藤田はだんだんとスタメンで使われるようにはなってきた感がしますね。
1・2番が対左で苦労していますが、藤田はそこまで対左で苦労している感はないので、対左先発の時に使われる傾向が強いです。
本当は状態が良いならもう少し使っていきたいですが、守備位置の関係もあってなかなか伸びませんね。
ただ、ライトにカスティーヨを置く戦法も出てきた上にライトの選手が確定していない現状もありますから、使うことができる状態ではあります。
若干、守備は厳しくなるかもしれませんが(笑)…。

2. クリーンアップ
内川 打率.337、出塁率.389、1HR、13打点、盗塁1、得点圏.370
村田 打率.219、4HR、15打点、得点圏.222、出塁率.274
スレッジ 打率.226、6HR、22打点、得点圏.429、出塁率.308

さて、問題のクリーンアップです。
が、内川が状態を上げてきてチャンスが拡大するシーンが多くなってきました。
しかし、村田が全くと言っていいほど打てない試合が続いて得点が増えていかない。
5番のスレッジは打率こそ悪いが、得点圏打率は十二分ですから、村田の復調がなおさら急がれますね。
村田が打ちだしたら、脅威の打線になると思うのですが…。

3. 下位打線
<主力>
カスティーヨ 打率.341、4HR、13打点、得点圏.304、出塁率.371 
吉村 打率.222、1HR、8打点、得点圏.231、出塁率.246

<候補>
下園 打率.207、4打点、得点圏.333、出塁率.333
内藤 打率.154、1打点、得点圏.250、出塁率.154
井手 打率.286、1犠打、得点圏.000、出塁率.286

6・7番はこの2人が最も使われていますかね。
カスティーヨは若干、調子は下がっている気はしますが、それでも上手く対応しています。
ただ、吉村は全くですからつなぎができません。
とはいえ、他の外野候補もいますが揃って結果が出ていないので期待値で吉村を使わなくてはならない状況が。
しかし、井手を補強して右打ち外野手を補強してきました。
彼は多村二世と呼ばれる20代半ばの選手で、勝負強さと右方向にも大きい当たりを打てる打撃力が魅力。
2試合連続でスタメンに使われて、ヒットを記録、しかもどちらも大きな当たりでした。
1番候補というよりは足も確かに早そうですが、6・7番が落ち着くところかなと思います。

4. 捕手陣
<打撃成績>
橋本 打率.229、1HR、4打点、得点圏.167出塁率.339
武山 打率.318、4打点、得点圏.600、出塁率.348
細山田 打率.166、1打点、得点圏1.000、出塁率.231

<捕手防御率>
橋本 5.16
武山 2.99
細山田 3.07


さて、橋本が離脱して黒羽根が上がってきました。
黒羽根はまだ出場なしですが。
武山・細山田は両者とも防御率は3点台付近ですから、合格ですかね。
橋本は5点台と顕著すぎるのが面白いデータです。
まだチームも25試合ですから判断は出来ないところでもありますが、これだけ差があるのは珍しいのでは…。

5. ファーム陣
高森 打率.320、4HR、10打点
梶谷 打率.276、2HR、8打点、6盗塁
筒香 打率.246、4HR、10打点
松本 打率.245、5打点、2盗塁
桑原義 打率.205、2HR、5打点

私が注目するファーム選手の成績です。
やはり高森は好調を維持しています。
一方で桑原義、松本あたりは調子が悪い感じ。
梶谷は徐々に調子が上がってきているようですね。
高森と筒香はHRと打点こそ同じですが、打率が明らかに違うのと、三振数が全く違います。
高森は19試合で7三振、筒香は17試合で23三振ですからね。
それにしても高森は1軍に定着させたい打者になってきました。
オープン戦でもそこそこ打っていましたし。
守備位置の問題がありますから、使いずらい点は否めませんが。
1塁を空けられる状況になったら即起用したいですね。

横浜ベイスターズブログランキング:位/野球ブログランキング:位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ特集 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<第26試合目、VS広島(マツダzoomzoom)…2勝1敗0分 | ホーム | 第25試合目、VSヤクルト(ハマスタ)…2勝3敗0分>>

コメント

こうなったら一度、村田を四番から外すべきではないでしょうか。今年は他に四番を打てそうな外国人もいますし。監督も本人も苦しいとは思いますが…。
2010-04-26 Mon 22:14 | URL | トリモノ [ 編集 ]
そうですね…村田に刺激を与える意味でも打順を変えるのは良いアイデアだと思います。
そうなると、スレッジが4番になるんですかね。
カスティーヨと村田を5・6番のどちらかに配置しても悪くない打線です。
スレッジは打率こそ低いですが、得点圏打率が良いので。
ただ、監督は絶対的信頼を寄せているのでしばらくは変えそうにありませんが…。

> こうなったら一度、村田を四番から外すべきではないでしょうか。今年は他に四番を打てそうな外国人もいますし。監督も本人も苦しいとは思いますが…。
2010-04-26 Mon 23:07 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。