ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第34試合目、VS広島(ハマスタ)…5勝3敗0分

横浜が競り勝ち、3年ぶりに4カード連続で勝ち越した。同点の二回、石川と内川の適時打でリードし、四回に井手のソロで加点した。清水は6回4失点で4勝目を挙げ、九回を締めた山口は10セーブ目。9連戦を6勝3敗、借金は2に減った。広島は12安打を放ったが及ばなかった。(スポニチ)


5-4で勝ち。
今日の見どころ…井手と石川の1・2番。

スタメン
1 井手(中) 5-1 1HR 1打点
2 石川(遊) 4-1 1打点 1盗塁 1三振
3 内川(一) 3-2 1打点 1四球
4 村田(三) 4-1 1三振
5 スレッジ(左) 4-1 2打点 1三振
6 カスティーヨ(二) 4-0
7 下園(右) 4-2 1三振
8 武山(捕) 1-0 1四球 1犠打
9 清水(投) 2-0

途中出場
早川 0-0 1犠打
藤田 0-0 1四球


継投
1 清水 6回、4奪三振、10被安打、4失点
2 牛田 1回、1奪三振、2与四球、無失点
3 ブーチェック 1回、1奪三振、1被安打、無失点
4 山口 1回、1被安打、1与四球、無失点


1回表:東出をレフトフライ。楚にバットを折らせたがヒット。天谷をセカンドゴロ封殺。栗原の打席で、天谷を牽制死。
1回裏:井手は良い当たりだったがライトライナー。石川は三振。内川は粘ってヒット。村田はレフトへの2塁打。スレッジはレフトの右側に2塁打。カスティーヨは浅いセンターライナー。

2回表:栗原にヒット。広瀬にヒット。フィオをファーストゴロ。小窪を三振。しかし倉に2塁打。スタルツはレフトフライ。
*得点後の失点…。
2回裏:下園はレフトへのヒット。武山はカットいったバットがキャッチャーのグラブに触れて出塁。清水はバスターでライトライナー。井手はセカンドフライ。石川がヒット。内川が粘ってヒット。村田はショートゴロ。
*失点後の得点、これでまずは流れを持ってきた。

3回表:東出をファーストゴロ。楚を三振。天谷にヒット。栗原はぎりぎりのレフトフライ。
*なお、天谷の打球が当たったが影響はなさそう。
3回裏:スレッジはレフトフライ。カスティーヨはショートゴロ。下園は三振。

4回表:廣瀬にヒット。フィオは三振。小窪をセンターフライ。倉をセカンドフライ。
4回裏:武山は粘ってセンターフライ。清水はセカンドゴロ。井手はセンターへのソロ。石川はセーフティバントをし、送球エラーで出塁。内川の打席で、盗塁に成功する。内川は四球を選ぶ。村田はキャッチャーファールフライ。

5回表:代打岩本に2塁打。東出をショートゴロ。楚は犠牲フライ。天谷を三振。
*再び得点後の失点…。
5回裏:スレッジはショートゴロ。カスティーヨはショートゴロ。下園は良い当たりのセンターライナー。

6回表:栗原にヒット。広瀬にヒット。フィオをファーストゴロ。小窪に犠牲フライ。倉にヒット。代打嶋にセンターフライ。
*不運なヒットが多い。
6回裏:武山は四球を選ぶ。代打・早川が送りバント。井手は小窪のエラーで出塁。石川はショートフライ。内川はファーストファールフライ。

7回表:ここは牛田。東出を四球。楚に送りバント。天谷に四球。栗原をレフトフライ。廣瀬を三振。
7回裏:村田は三振。スレッジは三振。カスティーヨは引っ掛けてショートゴロ。

8回表:ここはブーチェック。フィオを三振。小窪を石川のプレーでセカンドゴロ。倉にヒット。代打前田は内川のプレーでファーストゴロ。
8回裏:下園は三遊間を破るヒット。武山は送りバント。藤田は四球。井手はショートゴロ併殺。

9回表:ここは山口。東出にヒット。楚に送りバント。天谷に四球。栗原を藤田のプレーでショートゴロ併殺でゲームセット。

今日の先発は清水、序盤からいまいち出し入れができない。
しかし、それでも与四死球を出さずに6回4失点で悪いなりの出来でゲームをまとめましたね。
以前にもこのような状態で同じ感じの内容に抑えた投球がありましたが、さすがエースをやっていただけあります。
リリーフ陣では何とか3人で1点を守りきりました。
牛田も2与四球だしながら無失点、ブーチェックもピンチは迎えたものの味方のプレーで無失点、山口もピンチを迎えましたが藤田のプレーで無失点。
9連戦最後ということで疲れの溜まった状態の牛田と山口はよく無失点で抑えました。
一方ブーチェックは1被安打で無失点に抑えたものの、内川と石川のプレーで抑えた感じでしたので、内容的にはそれほど良くはなかった。
ストレートは良かったものの、変化球がない感じで、今後は決め球に使える変化球が必要になってきますね。
また2日間は試合がありませんから、十分に休んでもらいたいですね。

打撃陣は1回に3・4・5番の3連打で2点を取って先制、失点後の2回に石川・内川の連打で2点を奪いましたね。
さらに4回にソロを打ったのですが、そのあとは1安打に抑えられてしまいました。
ただ、四球がありましたのでチャンスを1つでもモノにしておかなければ楽な展開には持ってこれないです。

個人的には下園が対左で2安打、2番で使えると思いますがどうでしょう。
1番に井手を使ってはいますが、盗塁も期待できない感じがしますし、1番タイプではそもそもないでしょうから。
チャンスで打てない場面も多いので、下位打線でも不安なところがありますが、元々は勝負強い打者なのでチームに馴染んで結果が出ることを待ちましょう。

ところで次の2試合はスレッジがいませんから、誰かがキーマンにならないといけません。
どうやら情報によると、内藤が代わりにスタメン入りということです。
成績はあまり芳しくないですが、内藤も起用すると何かやってくれそうな外野手ですからね。
下園に少し差をあけられている分、ここでアピールしていきたい。
スタメンの形としては5番下園、6番カスティーヨ、7番内藤で行くのでしょうね。
カスティーヨも状態が悪いですし、下園は状態が良いですから。

ゲーム全体としては、昨日と今日の厳しい試合を勝ちに持ってこれたというのは大きな収穫。
このようにモノにできる試合にしていけると、チームは強くなってきますね。
最後に捕球した内川のガッツポーズが全てを物語っているのでしょう。

横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:74位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<34試合終了、打撃陣を特集。 | ホーム | 第33試合目、VS広島(ハマスタ)…4勝3敗0分>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。