ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第48試合目、VSロッテ(千葉)…0勝2敗0分



0-5で3連敗。
今日の見どころ…吉見への対応。三浦のピッチング。

スタメン
1 石川(二) 4-0 1三振
2 藤田(遊) 4-1
3 内川(一) 4-0
4 村田(三) 4-0 1三振
5 スレッジ(指) 3-0 3三振
6 カスティーヨ(右) 3-2
7 金城(中) 3-2 1三振
8 井手(左) 2-0
9 細山田(捕) 2-0 1三振

途中出場
下園 1-0 1三振
梶谷 1-0 1三振
武山 0-0

継投
1 三浦 6回、4奪三振、5被安打、4与四死球、3失点
2 真田 1回、1奪三振、1被安打、無失点
3 小杉 1回、3被安打、1与四球、2失点


1回表:石川は投手ゴロ。藤田は投手ゴロ。内川はセンターフライ。
1回裏:西岡をファーストゴロ。早坂をレフトフライ。井口を見逃しの三振。
*打撃陣が吉見にいつ慣れるか、が勝負の鍵になりそうだ。

2回表:村田はレフトフライ。スレッジは三振。カスティーヨはショートゴロ。
*村田のレフトフライは、ハマスタなら入っていた感じの打球でした。
2回裏:金をセカンドゴロ。大松に四球。サブローをセンターフライ。福浦にヒット。里崎にデッドボール。今江に2塁打。西岡を、内川のプレーでファーストゴロ。
*なお、今江の打球はカスティーヨが目測を誤って追い付かなかった。

3回表:金城がヒット。井手はセカンドゴロ併殺打。細山田はショートゴロ。
*井手がやはり打線を切ってしまうのか。
3回裏:早坂をレフトフライ。井口をセカンドフライ。金に四球。大松をサードファールフライ。
*少しストライクゾーンの出し入れに苦労している感があります。際どいコースで外れるシーンが、いつもより多い。

4回表:石川はショートゴロ。藤田はセカンドゴロ。内川はライトフライ。
*2順目に入って、徐々にボールが見えてきているように思える。吉見の場合はタイミングを合わせれば、打てるボールの質なので各打者は慣れたボールから打っていくことが先決でしょうか。
4回裏:サブローに四球。福浦を三振。里崎を三振、なおサブローに盗塁。今江をライトフライ。

5回表:村田はサードゴロ。スレッジは三振。カスティーヨがヒット。金城がヒット。問題の井手は粘るもショートゴロ。
*やっぱり井手、打線を切ってしまう。
5回裏:西岡をファーストゴロ。早坂に内野安打。井口をサードゴロ。金をライトフライ。

6回表:細山田は三振。石川は三振。藤田は投手ゴロ。
6回裏:大松を三振。サブローにソロ。福浦をレフトフライ。里崎に2塁打。今江をライトファールフライ。

7回表:内川はショートゴロ。村田は三振。スレッジは3打席連続で三振。
7回裏:ここは真田。西岡に2塁打。早坂にバント。井口をショートゴロ。金を三振。

8回表:カスティーヨがヒット。金城は三振。代打下園は三振。代打梶谷は三振。
8回裏:ここは小杉。金をセカンドゴロ。サブローに四球。福浦に2ラン。里崎にヒット。今江をライトフライ。西岡にヒット。早坂をキャッチャーファールフライ。

9回表:石川はショートフライ。藤田が2塁打。内川はショートゴロ。村田は投手ゴロでゲームセット。

今日の先発は三浦、6回を3失点で球数の関係で降板。
カスティーヨの目測ミスがあったので、それを除けば事実上1失点で終わっていたかと思います。
ただ、厳しい球をなかなかストライクと言ってもらえなかったことに苦しんでいた様子でした。
それによってランナーを溜めてしまった点が大きかった気がします。
審判との相性が悪かったなぁという投球内容でした。
それでもQSは達成しましたので、敗因責任を取らせるわけにはいきませんね。
一方のリリーフ陣は真田がピンチを作りながらも無失点、しかし小杉が2ランを浴びて試合を決めてしまいました。
小杉は先発要員かと思っていたのですが、まずは小林太と同じようにリリーフで楽な場面に投げさせるようですね。
中継ぎに不慣れそうな小杉ですから、結果が出るかは分かりませんが。
また、この前も記憶にありますが、武山が途中出場でマスクをかぶって失点というケースが出ました。
これも無関係ではないのでは、と思います。
この間は清水をよくリードしましたが、以前まで結構失点していた捕手ですからね。
3点差以内の試合で、先発捕手に代えて出す捕手は守備面で良い結果が出ている捕手を起用したいところです。

今日の敗因は最近不振にあえぐ打撃陣。
吉見の前に3安打のみ、リリーフ陣にも2安打のみで5安打無得点のどうしようもない内容。
慣れる前に代えられてしまったというのが本音でしょうか。
それにしても、1・2番どころか、クリーンアップまで無安打だったことを考えると何も言えませんね。
9回に藤田が上位打線で唯一のヒットを放ちましたが、遅すぎました。
下位打線で、カスティーヨ・金城に2安打出ていたのでその前後が打っていれば良かったものの…。
スレッジはチャンスでないと、簡単に打ち取られるし、井手はつなぎが出来ない。
こういう打順を組むこと自体が間違っているのかと。
8番井手をおそらく対左で使ったのでしょうが、これまでも対左で結果出ていないはずです。
しかも吉見は対左に強い投手ではないのは横浜サイドも分かっている。
どうして下園を外すことまでして、というのがファン一致の意見なのでは??
私もその1人です。

ベイファン注目のロッテへの移籍の吉見ですが、慣れていないとはいえ抑えられすぎましたね。
確かに出てきてその年に活躍していたこともあってか、慣れないときついタイプの投手だと思いますし、逆に慣れれば簡単に打てることが多い球筋の投手ですが。
また、里崎のリードを学ぶべきでしょうね。
横浜時代は、ストレートとチェンジアップ、スローカーブの緩急で抑えようという感じでしたが、
里崎のリードでは、スライダーを多めにカウントを整えるボールとして使い、ストレートを右打者の内角、チェンジアップは少なめ、スローカーブはたまに使う、といったリードでしたね。
その中でもスライダーを上手く使っていたという印象が強いです。
ただ浮く球も随分とあったし、打てそうな球も多かったのですが、ことごとく打者が見逃したり打ち損じたり、でしたのでこれでは攻略できません。
慣れない部分は大きいと思いますが、それにしても無策ではないでしょうか。
最近、打撃陣も疲れが見えてきているので、その影響もあるはずですが、そういう時こそ、策を講じるのが首脳陣でしょう。

横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:113位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<修正)第49試合目、VSロッテ(千葉)…0勝3敗0分 | ホーム | 47試合終了、投手陣特集。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。