ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第53試合目、VS楽天(ハマスタ)…2勝1敗0分

忙しい時は、試合途中での更新ができませんので、試合後の更新となります。
もし試合途中に更新が無ければ、試合後に更新されるものだと思っていただければ幸いです。


4-5でまた敗戦。
今日の見どころ…打線の奮起。投手陣の活躍。

スタメン
1 石川(遊) 5-2 1三振
2 下園(左) 4-1 1犠打 2三振
3 内川(一) 4-3 1打点
4 村田(三) 4-1 1打点 2三振
5 スレッジ(左) 4-2
6 カスティーヨ(二) 4-1 1三振
7 金城(中) 1-1 1犠打
8 細山田(捕) 1-0
9 三浦(投) 2-0 1三振

途中出場
藤田 1-1 2打点
井手 2-1 1三振
武山 1-0 1犠打
内藤 1-0
山崎 1-0 1三振

継投
1 三浦 6回、1奪三振、5被安打、4与四球、3失点
2 牛田 2回、1奪三振、2被安打、無失点
3 山口 1回、2奪三振、2被安打、2失点


1回表:聖沢に2塁打。高須をライトフライ、3塁への進塁。鉄平をショートフライ。中村をショートゴロ。
1回裏:石川が0-2から粘ったがセカンドゴロ。下園が高めの甘い球をセンター前。内川が初球でエンドランもライトフライ。村田はインコースに入ってきたフォークで三振。
*内川の時のエンドランという作戦でまずは動いてきました。こういう姿勢が必要ですね。

2回表:山崎を初球でセンターフライ。草野をファーストゴロ。嶋を投手ゴロ。
*三浦は球が抜けることがやはりいつもの通り序盤は目立っているが、相手が打ち損じていた。
2回裏:スレッジが0-2からの外角高めの甘い球をレフトフェンスへの2塁打。カスティーヨはセカンドフライ。金城が0-2から食らいついて、甘く入ってきた球をセカンド内野安打に。細山田はバント、これがスレッジは飛び出しておらずキャッチャーファールフライで2アウト。三浦はファールになったぎりぎりの当たりもあったが、三振で得点は入らず。
*細山田のバントはサイン違いかもしれない。

3回表:渡辺に四球。岩隈を3バント失敗させる。聖沢をセカンドゴロ。高須を初球でセカンドフライ。
3回裏:石川は叩きつけてサードの頭を越してレフト前2塁打。内川の打った打球はショートゴロ、しかし送球も1塁手山崎が捕球できずショート内野安打。村田は簡単にサード併殺打。
*1点入ったが、村田が簡単に終わってしまうところが問題。

4回表:鉄平をセカンドゴロ。中村をキャッチャーファールフライ。山崎に四球。草野にヒット。嶋に四球。渡辺に2塁打。岩隈をセンタ-フライ。
*2アウトからの失点は痛い…。
4回裏:スレッジがヒット。カスティーヨが三遊間に抜けるヒット。細山田に代打・藤田、つまったが内野を越えてライト前に2塁打。三浦は叩きつけた投手ゴロで進塁打になる。石川は三振。
*代打が成功、細山田も先ほど苦労したイニングでしたので反省の意味合いもあって良かったかもしれませんね。

5回表:聖沢にヒット。高須にバント。鉄平にセカンド内野安打、しかしカスティーヨが止めて3塁進塁を防ぐ。中村を三振。山崎に四球。草野をショートゴロ。
5回裏:下園は三振。内川が1塁線を破って2塁打。村田の打球がライト前、内川が良い走りで生還。スレッジはショート併殺。
*内川がボールに当たって痛そうだったが、問題ないようだ。

6回表:嶋をショートゴロ。渡辺をセンターフライ。岩隈をセンターフライ。
*球数が100球いったが、どこまで投げるか。
6回裏:カスティーヨは三振。金城はボールは当たったが、バットを引いていないとの判定で0-2、ここで井手に交代、井手は叩きつけてサードゴロかと思いきや、山崎が捕球できずサード内野安打に。武山が送りバント。三浦に代わって代打・内藤、叩いたがセカンドゴロ。
*やっぱり内藤は1軍レベルではないか…。

7回表:ここで牛田。聖沢に3塁打。高須を投手ゴロ。鉄平をファーストゴロ。中村を三振。
*無死3塁の大ピンチですが、牛田がナイスピッチング。
7回裏:石川はショートゴロ。下園はファーストゴロ。内川が2塁打。村田は三振。

8回表:山崎をサードゴロ。草野にヒット。嶋をセンターフライ。渡辺の打席で、代走内村が盗塁をしてきたが武山の送球で殺す。
8回裏:スレッジは捕手ゴロ。カスティーヨはサードゴロ。井手は三振。

9回表:渡辺にヒット。代打・ルイーズに低めの球を2ラン。聖沢を三振。高須をライトフライ。鉄平を三振。
*試合展開的にあり得たが…。
9回裏:武山はファーストゴロ。山崎は三振。石川がファーストゴロ内野安打。下園は三振でゲームセット。

今日の先発は三浦、連敗を止めてもらいたかったが序盤からコントロールが甘く危ない。
しかし要所を締めて得点を許さずにいると、3回裏に先制点をもらいましたが、4回に3点を取られる始末。
ただ、この流れで打線が奮起して3点を取り逆転。
結局三浦自身は6回3失点のQSを成功させ、マウンドを牛田に託す。
牛田は2イニング、ピンチを作りながらも無失点で抑えて流れを渡さない。
しかし山口が先頭を出すと、初球甘めに入ったスライダー?を完璧に決め打ちされて逆転弾を浴び、敗戦。
山口は同点でよく打たれるシーンがありましたが、久々に抑えのシーンで失敗したなぁという感じです。
流れ的に危ない試合展開ではありましたが、それを抑えてこそ、ストッパーですからね。
こういうところ、山口には成長を期待したいです。

一方不振だった打撃陣は、2回裏にチャンス到来。
スレッジの2塁打、金城の内野安打でチャンスが来ますが、細山田・三浦で無得点。
しかし3回に1点を先制。
4回には細山田に再びチャンスだったが、ここで三浦が打たれたこともあって代打・藤田。
これが幸いして、2点を取ってすぐ同点に。
さらに5回に3・4番の連打で勝ち越しに成功しましたが、6回以降に追加点を奪えず。
結局相手に流れを最後に渡してしまったという形でした。
ただ、得点する形は良かっただけに、もったいなかったですね。
あと1点どこかで入っていれば、という試合になりました。
それでも岩隈という楽天のエース相手に、よく打てていたなという感じはしました。
12安打打ちましたからね。
序盤から高めに意識を置いてバッティングしていた様子がうかがえましたし、しっかり浸透しているなという印象。
岩隈から4点を欲しい中盤で奪ったということは高評価。
確かに相手投手の調子も悪かったようでしたが、それに漬け込むのが難しいエースですからね。
打たせて取るタイプの投手は調子が悪くてもまとめてくるので、そこを意識的に打てたというのは大きいでしょう。
ただ、試合をしっかり取っていくにあたっては、3・5回確かに点は取りましたが、最後簡単に併殺打で終わってしまうという形は良くないです。
しかも村田・スレッジですから、もう1点欲しいでしょう。
やはりこの打線のキーマンは、村田・スレッジにかかっています。
安定した得点力を発揮するためには、彼らの活躍が必要です。
個人的にはスレッジが2安打で久々に活躍しました。

横浜ベイスターズブログランキング:10位/野球ブログランキング:173位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第54試合目、VS日ハム(ハマスタ)…1勝1敗0分 | ホーム | 第52試合目、VS楽天(ハマスタ)…2勝0敗0分>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。