ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第55試合目、VS日ハム(相模原)…1勝2敗0分

忙しい時は、試合途中での更新ができませんので、試合後の更新となります。
もし試合途中に更新が無ければ、試合後に更新されるものだと思っていただければ幸いです。


3-13で5連敗。
今日の見どころ…1・2番が機能していくか。

スタメン
1 下園(右) 3-1 1HR 2打点 1四球
2 石川(遊) 4-1 1盗塁
3 内川(一) 4-1
4 村田(三) 4-1 1打点 1三振
5 スレッジ(左) 4-0 1三振
6 カスティーヨ(二) 4-1
7 金城(中) 3-1 1三振
8 武山(捕) 3-0 1三振
9 清水(投) 1-0 1三振

途中出場
内藤 1-1
黒羽根 1-0
井手 0-0
野中 0-0
藤田 1-0

継投
1 清水 4回、4奪三振、9被安打、5失点
2 加藤 1回、無失点
3 江尻 1回、3被安打、4失点(0自責点
4 阿斗里 2回、2奪三振、3被安打、1与四球、4失点
5 佐藤 1回、1奪三振、無失点


1回表:田中をセカンドゴロ。森本を三振。稲葉をセンターフライ。
*上々の立ち上がり。
1回裏:下園は投手ゴロ。石川はセーフティで1塁に取らせて、ヘッドスライディングで内野安打。内川の打席で、盗塁を決める。内川は右打ちでヒット。村田は当たり損ないでしたが、小谷野の送球をかいくぐり生還。スレッジはファーストゴロで進塁打。カスティーヨはショートゴロ。
*もう1点欲しかったが、まずは先制。

2回表:小谷野に2塁打。糸井に2塁打。二岡をショートゴロ。金子にヒット。鶴岡に2塁打。ケッペルを三振。田中にヒット。森本を三振。
*カウントが不利になるケースが多い。得点後の失点は避けてほしかった。
2回裏:金城はセカンドゴロ。武山の打球でショート金子がエラー。清水は送れず三振。下園がライトに2ラン。石川はセンターフライ。
*失点後に得点。

3回表:稲葉を三振。小谷野を三振。糸井にヒット。二岡をセカンドゴロ。
3回裏:内川はサードゴロ。村田はセカンドゴロ。スレッジはセンターフライ。

4回表:金子にヒット。鶴岡にヒット。ケッペルにヒット。田中を投手併殺打。森本をサードゴロ。
4回裏:カスティーヨがヒット。金城は三振。武山は三振。代打・内藤がヒット。下園が四球。石川はショートゴロ。
*久々の内藤のヒット。しかし、満塁までいくも石川が凡退で無得点。

5回表:ここは加藤。稲葉をセカンドフライ。小谷野をライトフライ。糸井をセカンドゴロ。
5回裏:内川はショートゴロ。村田は三振。スレッジは三振。

6回表:ここは江尻。二岡の打球で、カスティーヨがエラー。金子にバント。鶴岡にヒット。ケッペルにバント。田中にヒット。森本をショートゴロ。稲葉に2塁打。小谷野をサードゴロ。
*いらない失点が。
6回裏:カスティーヨは三振。金城がヒット。武山はショートゴロ。代打・黒羽根は投手ゴロ。

7回表:ここは阿斗里。糸井をライトフライ。二岡を三振。金子を三振。
7回裏:下園はショートゴロ。石川はセカンドゴロ。内川はサードゴロ。

8回表:鶴岡にソロ。代打鵜久森にヒット。田中をショートゴロ。森本に四球。陽をファーストファールフライ。小谷野に3ラン。
8回裏:村田がヒット。スレッジが併殺打。カスティーヨはライトフライ。

9回表:ここは佐藤。高口はショートゴロ。代打飯山を三振。鶴岡をセカンドゴロ。
9回裏:金城は三振。代打・藤田はライトフライ。黒羽根はショートフライでゲームセット。

今日の先発は清水、連敗ストッパーとして期待しましたが。
4回を5失点でKO。
1回は無難に立ち上がったのですが、2回からカウントが上手く整えられずにストライクを取りに行った球を痛打。
四死球を出さなかったのはさすがですが。
少し審判の判定に納得できないような雰囲気もありました。
阿斗里が投げている時も、きわどい球をボールと言われていたのに反応して、「ストライク取れよ」的な表情でしたからね。
私も見ていて、特に右投手の外角低め。
ここをついてもストライクと言わないのに、外角高め寄りの球はストライクが入るということがありましたから、そこでしょうかね。
コントロールピッチャーはここを攻めるのが一つの武器ですから、それが使えないと苦しいピッチングになるのでしょう。
ただ、今日思ったのは清水が内角のシュートをあまり使わなかったこと。
これが最も大きな問題でしょう。
ここを意識させて打ち取るのが清水ですからね。
一方リリーフ陣は、昨日上がってきた加藤が3者凡退。
しかし江尻が、カスティーヨに引っ張られて4失点…。
これは少し気の毒でしたね。
阿斗里も昨日上がってきたのですが、1イニング目は完璧。
しかし2イニング目に鶴岡に高めの球をぎりぎりのソロを打たれて、少し力が余計に入ったのか、球が高めに浮いてきました。
ここを痛打されて結局4失点…。
結局13失点の大敗。

さて打撃陣は、3点のみ。
1回に石川・内川の連打で1死1・3塁のチャンスを作る。
が、村田のサードゴロが崩れた1点のみ。
ここでもう1点入っていたら違っていたはず。
清水が4失点したあと、下園が2ランを打って試合をもつれさせたことには高評価。
しかし4回に再び清水が失点した後の、先頭出塁、さらには2死満塁のチャンスになるが得点は入らず。
もう6回には試合は決まった感がありましたから、このあとの攻撃は仕方ないでしょうか。
序盤に捕まえられたはずですが、この機会を逃してしまったことが流れになったのでしょう。

私の期待していた阿斗里ですが、リリーフで登板。
楽と言えば楽な場面ですが、2イニング目に疑問が。
おそらくセットになると制球が定まらないのは改善しきれていないのでしょう。
ただ、以前の阿斗里とはだいぶ違った印象です。
以前の阿斗里はとにかくストレートしか良い球がなく、しかも高めに浮いてしまうので連打をやたらに浴びる印象がありました。
今回見た阿斗里はスライダーでしょうか、カット気味の変化球も上手く使えば抑えられる投手になってきた気がします。
自慢のストレートもランナーが出なければ、低めに重い球を投げられるようなので、そこも成長でしょうか。
これが2軍での好成績につながっているのだなぁということは分かりましたので、次回に期待したいと思います。
ただ、先発で見てみたい気が(笑)。
小杉も、ですが。


横浜ベイスターズブログランキング:9位/野球ブログランキング:171位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<尾花監督が細山田を指導。 | ホーム | 第54試合目、VS日ハム(ハマスタ)…1勝1敗0分>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。