ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第57試合目、VSソフトバンク(福岡)…1勝1敗0分

忙しい時は、試合途中での更新ができませんので、試合後の更新となります。
もし試合途中に更新が無ければ、試合後に更新されるものだと思っていただければ幸いです。


5-10で連敗止まらず。
今日の見どころ…橋本の復帰。小林太の3試合目先発。井手から上位打線につなげられるのか。

スタメン
1 下園(右) 5-2 2三振
2 石川(遊) 2-1 1死球 1犠打 2盗塁
3 内川(一) 3-1 2打点 1四球
4 村田(三) 3-0 1四球 1三振
5 スレッジ(指) 3-0 1打点 1死球
6 金城(中) 4-2 2打点
7 カスティーヨ(二) 4-0
8 橋本(捕) 4-1 1三振
9 井手(左) 1-0 1四球

途中出場
内藤 1-0
桑原義 1-0 1三振

継投
1 小林太 5・0/3回、5奪三振、6被安打、2与四球、5失点(自責点4)
2 加藤 1・0/3回、1被安打、1与四球、1失点
3 真田 2/3回、4被安打、3失点
4 佐藤 1/3回、1被安打、1与死球、1失点
5 阿斗里 1回、1奪三振、無失点


1回表:下園は三振。石川はデッドで出塁。内川が四球。村田が四球。スレッジがデッドで押し出し。金城が2塁打。カスティーヨはライトフライ。橋本はセカンドゴロ。
*珍しく1回に3点を先制、問題はここから何点取れるのかだ。なお、石川が盗塁を記録。
1回裏:川崎、本多に連打を打たれる。オーティズを四球。松中をレフトフライ。多村、ペタジーニに連打を打たれる。長谷川の打球で、内川がエラー。明石をショートゴロ。山崎に2塁打。川崎を三振。
*7連敗の予感…。

2回表:井手はサードゴロ。下園が内野安打。しかし、石川がセカンドゴロ併殺。
2回裏:ここは続投。本多をファーストゴロ。オーティズを三振。松中をセンターフライ。

3回表:内川、村田はショートゴロ。スレッジはファーストライナー。
3回裏:多村を三振。松中のセンターへの打球を金城が滑り込んでキャッチしてセンターフライ。長谷川をレフトフライ。
*ベイスターズはとても長い時間の円陣、コーチが一喝した感じ…。

4回表:金城がレフトへのヒット。カスティーヨは完全につまってサード併殺。橋本はいい感じで上がったが少し力が足りないライトフライ。
*カスティーヨが流れを切ってしまったか。
4回裏:明石を三振。山崎を三振。川崎に四球。本多はランエンドヒットの形でサードファールフライ。

5回表:井手は四球。下園がエンドランでサード内野安打。石川は送りバント。内川がサードゴロで本塁憤死。村田はショートゴロ。
*昨日に引き続き、チャンスで打てない内川。さらに村田も凡退するという惨状。
5回裏:オーティズをレフトフライ。松中をセカンドゴロ。多村にヒット。ペタジーニを投手ゴロ。

6回表:スレッジはショートライナー。金城はサードライナー。カスティーヨはショートフライ。
6回裏:長谷川に四球。明石にバント。山崎をセンターフライ。川崎をレフトフライ。

7回表:橋本がヒット。代打・内藤はファーストゴロ。下園は三振。石川がセカンド内野安打。内川が2点タイムリー。村田は三振。
*4点以上が入った。なお、石川が2個目の盗塁。ここで村田につないでもらいたかった。
7回裏:本多に内野安打。ここで怖い真田が登板。オーティズ、松中に連打を打たれる。多村を投手ゴロ併殺に打ち取る。ペタジーニ、長谷川に連打を打たれる。ここで佐藤。代打森本にデッド。山崎に2塁打。川崎をショートゴロ。
*ここで真田か、昨年2回投げた牛田を出すわけにはいかないとも考えられるので仕方ない継投ではあるが…。

8回表:スレッジはセカンドゴロ。金城はセンターフライ。カスティーヨはレフトフライ。
8回裏:ここで阿斗里。本多を三振。オーティズをライトフライ。松中をセンターフライ。

9回表:橋本は三振。代打桑原義も三振。下園はショートゴロ。

逆に良かったのは阿斗里。
先日も1イニング目はきっちり投げていましたから、もしかしたら1イニングなら勝ちパターンでも使えるか…まだ判断はできませんが。
それに精神力の問題がありますしね。
とりあえず2軍先発で結果を出していましたから、先発要員になってくれることをまずは期待します。

一方打撃陣は初回から3点を入れて良い流れ。
ただ、内容自体は相手の自滅なんですが。
それでもこういう場面で得点をしていくことが勝ちになっていくので、ここで3点取れたのは大きいですね。
このあとすぐに逆転されて厳しい試合になってしまいましたが、7回にチャンスで凡退するシーンがこのところ目立っていた内川が同点に。
結局この後に逆転を許して、もう反撃は及ばない感じになってしまいました。
今日の試合に関して言えば、打撃陣に責任を問うのは不合理ですね。
必要なところで得点は取ってくれたと思いますし。
ただし、5回のチャンスで得点が欲しかったか。
1死2・3塁で内川・村田でしたからね、結果的にはここで得点が入っていれば違った展開になったのかもしれません。

今日の試合を見ても、やはりセットアッパーです。
1人追加しなければいけないと思いますね。
ブーチェックが2軍落ちしたので、これでお役御免ということになる可能性が高い。
となれば、ブーチェックに代わる新外国人セットアッパーを取ってくるくらいしてほしい。
はずれる可能性も高いですが、ここまで来て対策をしないのはやはりマズいでしょう。

また打撃陣もテコ入れは必要だと思いますが、こちらは補強すればどうこうという問題ではないような気がします。
私だけかもしれませんが、もう少し上手くやれば上手く得点を重ねられるはずでは。
結局3・4・5番は決まっている打順ですから、1・2番、下位打線を上手く起用していくのが必要。
1・2番は下園・石川で組んでいますが、石川の送りバントとつなぎが心配なのでやはり1番で石川の方が良いのでは。
さらに2番は藤田、下園を下位打線に持っていきたい感じがします。
ただ、これだとカスティーヨはライトになります。
すると守備が少し不安ですね。
守備を少し考えるなら、2番早川でやれば良いと思います。
1・2番は石川・藤田or早川、6番は下園、7番にカスティーヨで。
結局今日見られましたが、5・7番が打てなくても6番が打てていればある程度得点は取れます。
そのため、6番にはより確実性のある打者を入れるのが、最も得点力のある打線が組めるのではないかと。
一番恐いのは、5・6・7番で共倒れになるという事態だと思います。
また、6番に金城を入れるのであれば7番に橋本、8番にカスティーヨでも面白いのかなと。
DH制のある交流戦もあと数試合しかありませんから、そろそろ交流戦後の打線を考える時期でしょうね。
しっかりと首脳陣には頭を使ってもらいたいと思います。
作戦も含めてですが。

横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:160位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ベンチワークについて | ホーム | 第56試合目、VSソフトバンク(福岡)…1勝0敗0分>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。