ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第83試合目、VS読売(ハマスタ)・・・3勝9敗

まさかの結末だ。横浜が9回、ハーパーの逆転サヨナラ満塁ホームランで3点差を跳ね返し、首位・巨人に連勝した。先制したのは横浜。4回、石川、ハーパーの連続安打で一、二塁とすると、スレッジの右前適時打で先制。なおも1死一、三塁からカスティーヨが初球のチェンジアップをライト前へ運ぶ二塁打でこの回2点を挙げた。5回には1死一、三塁から4番・村田の中前打で1点を追加し、オビスポをマウンドから引きずり降ろした。巨人は横浜先発の大家に5回まで無安打に抑えられていたが、6回に反撃。脇谷、エドガーの連続安打で無死二、三塁とすると高橋の左翼への犠飛で1点目。さらに坂本の左前打で1死一、三塁とすると、松本が低めのフォークを左前に運び、1点差に迫った。小笠原は替わった篠原の前に凡退したが、巨人打線は3番手・藤江を攻め立てる。2死二、三塁からラミレスの中前2点打で逆転すると、続く阿部はライトスタンドへ30号2ラン。長野は14号ソロを叩き込み、巨人はこの回打者一巡の猛攻で7点を奪った。8回、スレッジの19号ソロで3点差とした横浜が9回に大逆転。橋本の右前打と2四球で1死満塁とすると、ハーパーが巨人守護神クルーンの初球フォークを振り抜く。打った瞬間にホームランと分かる5号満塁弾を右中間スタンドへ叩き込み、巨人を粉砕した。(スポニチ)

忙しい時は、試合途中での更新ができませんので、試合後の更新となります。
もし試合途中に更新が無ければ、試合後に更新されるものだと思っていただければ幸いです。


8×-7で兎狩り成功。
今日の見どころ…効率良い攻撃ができるか。昨日と同じスターティングラインアップ。

スタメン
1 内川(右) 4-1 1三振 1四球
2 石川(遊) 3-2 1四球 1犠打
3 ハーパー(一) 5-4 1HR 4打点
4 村田(三) 4-1 1打点
5 スレッジ(左) 4-2 1HR 2打点 1三振
6 カスティーヨ(二) 4-2 1打点
7 吉村(右) 4-0 1三振 1併殺
8 橋本(捕) 3-1 1四球
9 大家(投) 2-0

途中出場
下園 1-0
佐伯 1-0

継投
1 大家 5・1/3回、1奪三振、4被安打、4失点
2 篠原 1/3回、無失点
3 藤江 1/3回、4被安打、2被本塁打、3失点
4 弥太郎 2回、3奪三振、2被安打、1与四球、無失点
5 秦 1回、1被安打、1与四球、無失点 


1回表:坂本をライトフライ。松本をショートフライ。小笠原をレフトフライ。
1回裏:内川はセンターフライ。石川が投手前にヒット。ハーパーの打席で、盗塁に失敗。ハーパーがヒット。村田はセンターフライ。
*チャレンジは良かったが、結果的には失敗。

2回表:ラミレスをショートゴロ。阿部をセンターフライ。長野をサードゴロ。
2回裏:スレッジは三振。カスティーヨがレフト前。吉村はサード併殺打。
*また1死からヒットが出るも、吉村が併殺打を打ってしまう。

3回表:脇谷をサードゴロ。エドガーをサードゴロ。オビスポを三振。
3回裏:橋本は投手ゴロ。大家はセカンドフライ。内川はセンターフライ。

4回表:坂本をライトフライ。松本をセンターフライ。小笠原をセカンドゴロ。
4回裏:石川がショート内野安打。ハーパーがレフト前。村田はライトフライ。スレッジがヒット。カスティーヨが2塁打。吉村はショートフライ。橋本が敬遠される。大家はショートゴロ。

5回表:ラミレスをセンターフライ。阿部を投手ゴロ。長野をセカンドゴロ。
5回裏:内川がレフト前。石川が送りバント。ハーパーがレフト前。村田がヒット。スレッジはセンターフライ。カスティーヨはショートゴロ。

6回表:脇谷にヒット。エドガーに2塁打。代打高橋に犠牲フライを打たれる。坂本にヒット。松本にヒット。ここで篠原。小笠原をファーストゴロ。ここで藤江。ラミレスにヒット。阿部に2ラン。長野にソロ。脇谷にヒット。
6回裏:吉村はセンターフライ。橋本はセカンドフライ。代打・下園はセンターフライ。

7回表:ここで弥太郎。エドガーを投手ゴロ。代打工藤を三振。坂本を三振。
7回裏:内川は三振。石川はサードゴロ。ハーパーは投手フライ。

8回表:松本にヒット。小笠原に四球。ラミレスにヒット。阿部を三振。長野をセカンドゴロ併殺。
*ここは弥太郎の粘りが見えた。
8回裏:村田はファーストゴロ。スレッジがレフトへのホームラン。カスティーヨはライトファールフライ。吉村は三振。

9回表:ここで久々に秦が登板。脇谷をレフトフライ。エドガーに四球。代打小田嶋にヒット。坂本をサードゴロ併殺。
9回裏:橋本がライト前。代打・佐伯はセンターフライ。内川が四球。石川が四球を選ぶ。ハーパーが甘めに入ってきた球をきれいに捕らえて、3点差から逆転サヨナラ満塁ホームランでゲームに終止符。

今日の先発は大家、5回までパーフェクトピッチングの好投。
しかし6回に先頭にヒットを放たれると4被安打を集中されて交代。
やはり1本打たれた時が怖かったですね、先頭が出て嫌な感じがしたところで2塁打を打たれてしまったということが最も悪かったことでしょう。
せっかく良いピッチングをしていたので勿体なかったです。
2番手の篠原は小笠原を打ち取るナイスピッチでしたが、藤江が誤算。
3連投はやはり難しかったかという感じですね。
ただ、他に出すべき投手がいない状況でしたからね…。
真田はこういう場面で投げると打たれることが多いですし。
やはり先発が7回投げ切ってくれないと厳しい台所事情ですからね。
4番手は弥太郎で1イニング目を三者凡退、だが2イニング目に無死満塁のピンチを招く。
しかし、阿部を三振にして長野をセカンドゴロ併殺打で打ち取り無失点に抑える。
さらに5番手秦もピンチを作るも、坂本をサードゴロで併殺打を取って試合を壊さない。
結局は弥太郎と秦の粘りで、勝利をもぎ取った。

一方打撃陣は1・2回の1死からのヒットを盗塁失敗と併殺打で生かせない。
しかし4回に連打を2度続けて2点を奪うと、5回にも連打で1点を取る。
8回にスレッジがソロで残り1イニングで3点差に。
すると9回に橋本が先頭で出塁、わずかな望み。
だが佐伯がセンターフライでダメかと一時は諦める。
が、相手クルーンのコントロールが崩れ四球が連続する。
ここで打席に入ったのが、3安打を既に打って気を良くしているハーパー、彼が中に入った球を完璧にバットに乗せてライトスタンドへ、これが試合をひっくり返す逆転サヨナラ満塁ホームラン!!!!
3点差からの1イニングでの逆転がこのチームに生まれるとは、誰も思ってなかったのでは??
ハーパーは誉めるどころではないが、もう1人誉めなければいけないのが3点差にするソロを放ったスレッジですね。
彼がソロを打っていなかったら逆転できなかったわけで、8回は4点差から3点差に変わっただけと思っていたのが実は大きなホームランになったんですね。
ところで今日も外国人が大活躍。
ハーパーは4安打・1本塁打・4打点で文句なし、スレッジは2安打・1HR・2打点、カスティーヨは2安打・1打点と全員がマルチ、打点を記録。
昨日に続き、捕手だけが違うだけの打線で外国人が大暴れしました。
ただ、この打線で2日連続で機能していない吉村については考えなくてはなりません。
今日は対右ということで下園は使わなくて良かったですが、対左だった昨日のような場合はスタメンに下園を入れるべきでしょう。
吉村が決して得点圏打率が高い打者ではないですし、未だに期待は大きいかと思いますが、下園は成績を残してますから。

それにしても、今日は久々に興奮する勝利でしたね。
スポーツニュースを梯子して、寝る直前まで各自で興奮しましょう。
明日も試合がありますから、明日は明日で冷静に試合を見ますが(笑)。

横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:109位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第84試合目、VS中日(ナゴヤ)・・・4勝7敗 | ホーム | 第82試合目、VS読売(ハマスタ)・・・2勝9敗>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。