ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

来季の陣容は?<打者編>

今日は久しぶりに特集をしたいと思います。
まず打撃陣からやっていきます。

<来季のスタメン>
1 遊 石川
2 中 森本
3 一 ハーパー
4 三 村田
5 左 スレッジ
6 右 下園
7 二 藤田
8 捕 橋本
9 投手

とりあえず今季の成績、補強を見る限りこれが基本になるでしょうね。
では、部分的に分析してみましょうか。
今季の成績を軸にして、検証をしてみます。

<来季の1・2番>
(最有力)
石川 打率.294、出塁率.324、0本、18打点、36盗塁、38犠打、得点圏.263
森本 打率.272、出塁率.338、2本、30打点、10盗塁、55犠打、得点圏.214
(候補)
下園 打率.286、出塁率.365、3本、28打点、1盗塁、6犠打、得点圏.238
藤田 打率.308、出塁率.335、1本、15打点、2盗塁、11犠打、得点圏.395
早川
松本

さて、1・2番は彼らが候補になります。
もちろん最有力候補は石川と森本の2人で、おそらく現時点でほぼ決定的と言えます。
また、候補に挙がる下園と藤田の2人もスタメン入りはほぼ決定的ですし、そのくらいの力は見せてくれていますから1・2番に悩むことはないかと思います。
やはり2番らしい2番打者がほとんどいないベイにとっては森本の存在が大きいですね。
成績的には打率はそこそこ、出塁率は石川と比べると打率との差が大きく選べないということはなさそう。
バントは上手いが、足は速いものの盗塁技術がそこそこといった感じでしょうか。
ただ、石川が成長しましたので彼とのコンビは必見でしょうね。
石川が塁に出た時に、森本がどうクリーンアップに回すかというところが面白くなります。
もしかしたらバントが上手いということで、バント作戦が今季以上に行われるのかもしれませんが…。
私としてはエンドランなどを交えた動きのある繋ぎを期待しています。
前述の通り盗塁自体は少ないですが、足はあるのでダブルスチールなんかも見たいですね。
この他にも、2番らしい2番である早川や今季終盤で2番を打っていた松本あたりも候補にはなりますが、今季の成績は打数が少なすぎて参考にならないので載せませんでした。
ただし、早川は繋ぐという面、松本は打撃面での成長をそれぞれ見せましたから、候補として考えられることは間違いないでしょう。

<クリーンアップ>
(最有力)
ハーパー 打率.316、出塁率.395、19本、56打点、得点圏.357
村田 打率.257、出塁率.314、26本、88打点、得点圏.250
スレッジ 打率.252、出塁率.341、28本、78打点、得点圏.261
(候補)
筒香

内川が抜けて手薄になったのがクリーンアップですね。
ただハーパーの加入で内川が1番に追いやられるということもあったので、後半のクリーンアップがそのまま継続されるということになっています。
しかし、今季の得点力不足を解消するためには村田とスレッジが本来の勝負強さを取り戻してくれないと厳しいですからね。
ハーパーがいくら打っても限界がありますし、そのハーパーも1年間活躍できるのかはまだ疑問です。
ここの唯一と言えるバックアップが筒香ですね。
ハーパーと村田の非常時に出場できますので、バックアップとしては最適でしょうか。
ということで問題はスレッジのバックアップがクリーンアップを打てないということですね。
北なども候補には挙がりますが、まだまだクリーンアップを任せられるような打撃ではなかったですし。
2軍での成績を1軍でも出してくれるようになれば、北も十分クリーンアップに就けるのですが(笑)。
本当はもう1人候補どころか、定着してもらいたい打者もいるのですが、彼のここのところの成績では候補にも挙げられません…。

<6・7番>
(最有力)
下園 打率.286、出塁率.365、3本、28打点、1盗塁、得点圏.238
藤田 打率.308、出塁率.335、1本、15打点、2盗塁、得点圏.395
(候補)
吉村 打率.205、出塁率.229、3本、11打点、0盗塁、得点圏.179
井手 打率.202、出塁率.252、1本、5打点、1盗塁、得点圏.148

さて、下位打線の6・7番ですが、ここは得点力を高くするために重要なポジション。
下園と藤田が今季の状態だとほぼ決定的ですね。
彼らは1・2番の候補にもなりますが、スタメンで起用したい。
ただし、得点圏打率が両者とも高く維持できるかがポイントになるでしょう。
特に6番は、スレッジの後になるのでスレッジの出塁率を考えてもかなりチャンスで回ってくるということが多かったことを振りかえると、ある程度(.270くらい??)の得点圏打率は欲しいでしょう。
そう考えると、藤田を6番に持ってきてもいいかなと思いますが、今季の調子をどれだけ維持できるかということか。
ここの候補は一発の期待は持てる、吉村裕基ですね。
ある意味問題児ではありますが、期待は大きい選手ですから(笑)。
近年では本塁打も稼げなくなったために7番でも起用されず、とうとう2軍落ちということになっていましたが。
本来の長打力さえ発揮してくれれば下位打線なら起用できる選手ですね。
この影響と言えるでしょうが、井手がトレードで入ってきました。
彼も本来の長打力を見せれば下位打線に定着しておかしくない選手の1人。
ただし、ムラが激しい選手っぽいですから、打てない時の改善を早くしてもらいたいですね。
それが難しいというのは勿論のことですが。

<8番・捕手>
(最有力)
橋本 打率.246、出塁率.318、2本、13打点、得点圏.212、捕手防御率5.36
武山 打率.187、出塁率.246、1本、22打点、得点圏.226、捕手防御率5.15
(候補)
細山田 捕手防御率3.38
黒羽根 捕手防御率4.49
新沼 捕手防御率4.55

*捕手防御率は私自らのデータに基づくもので、必ずしも正確ではない。

さて、捕手陣は8番を今季は任されてきました。
その中で橋本と武山が多く起用されましたね。
打撃面では他の捕手を引き離して期待度が高い橋本、首脳陣が期待している武山。
そこにリード面の定評がある細山田、肩力は圧倒的な黒羽根、2軍での経験値を生かしたいベテラン新沼。
試合数が少ないものの捕手防御率が圧倒的に良い細山田を本当は起用したいですが、打撃面と肩力が弱いのでどうしても起用されにくかったという感じでした。
ただ失点が1点以上、他の捕手の時と比較すれば減るということ、他の捕手陣もそこまで打撃成績が良くないことを考えれば、細山田で固定しても良いかなとも思えます。
私としてはどうして全てが半端な武山を起用するのかはかなり疑問なので、そこだけは何とかして欲しいです。
プロの目から見ると、良い選手になる要素を持っているということでしょうが、これだけ特徴のない成績だとやはり固定したような起用はやめて欲しいところ。
リード面と肩に定評がある細川を獲得できなかったので、来季は熾烈な争いを見たいですね。

打撃陣は怪我さえなければ、他球団と十分争いができそうなメンツではありますので、各選手が力を発揮することに努めてもらいたいです。
内川が抜けましたが、それと引き換えに(?)森本をゲットしましたので、繋ぎという面では補う以上のものは期待できるでしょう。
豪華さはやや失われましたが、森本から相乗効果を得られる分、まとまりのある攻撃ができる可能性も高いですし。
内川も右打ちや高いテンションで他の選手に比べれば相乗効果のある選手だと思いますが、森本は比にならない効果を持っていると思いますからね。
メディアが煽るほど、戦力が落ちたという評価はしない方がいいと私は考えます。
スタメンの補強については、これ以上しないと思いますし、する必要もないのでは。
右打ちは確かに少ないですが、他のスタメン候補以上の選手を取ってくるのも厳しいですし、必要もないと思います。
現段階では、の話ですが、期待はできる右打者がいるのは確かですし、補強によって出られなくなる選手も出てきてしまうわけですからね。
もちろん競争原理で、勝った者が勝ち取るのは自然なことなのですが、むやみやたらに右だからといって補強するのはどうかと思います。
ただ、サブの右打者はトレードで獲得することくらいはしても良いかとは考えますが。

<有力な1軍代打陣>
右:吉村、一輝、井手
左:稲田、筒香、喜田、松本、北
両:金城

有力な代打陣としては上の選手たちが挙げられますが、左は筒香・稲田、両打ちでは金城とある程度打ってほしいところで打ってくれそうな代打は3人。
しかし、金城の場合は結果を出せていませんね。
また、喜田がトレードで入ってきますので、怖さのある代打にはなりますかね。
右打ち打者でも期待は持てる選手たちはいますが、それぞれ期待感がまだないので、右打ちで代打の打者補強は必要かもしれません。
吉村もある程度打てるようになれば、少なくともスタメンに出入りすることになると思うので(左打ちだらけなので)、やはり右打ちの代打は補強ポイントになりますね。
右打ちが多い球団と、ベイの左打者あるいはこちらも飽和気味の右投手とのトレードを画策するのもアリだと思いますね。
中途半端な補強ではなく、代打として期待感の持てる打者とでお願いしたいですが。
一輝や井手のような補強ではなく、ということですね。

さて、次回は投手陣の特集をしたいと思います。

横浜ベイスターズブログランキング:4位/野球ブログランキング:105位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ特集 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<再びトレード情報。 | ホーム | 速報&更新 トレードが合意!?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。