ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アナライジングの成果。

横浜・尾花監督の表情に手応えが浮かんだ。貧打で敗れたオープン戦・阪神戦を振り返り「2番手以降は持ち味が出た」。勝敗は度外視し、6回以降を無失点に抑えた福田、藤江を称えた。救援陣の防御率に限れば昨季5・03から今オープン戦は4試合20イニングで2・25と改善した。2番手の福田は得意のシュートを昨季の勝負球からカウント球に変えた。6回先頭の森田には初球から2球続けて内角にシュートを投げ込み、追い込んだ。三失で出塁は許したが、後続は断ち2回無安打無失点。藤江も1回を3人で抑えた。それぞれの意識変革が結果を出し始めた。昨年秋の奄美大島キャンプ。尾花監督は全投手に個別のチャート表を配った。全球団、全対戦打者のデータを基に自己分析させるためだ。昨季横浜移籍後54試合に登板した江尻は「A4で約60枚くらい。目を通し“あっ”と思いました」と証言する。チャート表の「54試合・打者236人・905球」分のデータは、空振りを狙っていた江尻の昨季投球を否定。「自分は打たれる投手」とブルペンから意識を変えた。「力みが抜けた」という今季は、打たせることに主眼を置く投球に変え、オープン戦初登板の2月26日の巨人戦(沖縄)でも内野ゴロを2つ打たせるなど2回を無失点に抑えた。3年連続の最下位に終わったデータで自己分析し、自分を見つめ直した。尾花監督が「ゲームをつくるという点で重要」と位置づける中継ぎ陣に光明が見えてきた。就任1年目の失敗で蓄えたデータが「アナライジング(分析)野球」を実現しつつある。(スポニチ)


今日は試合がないので、私が個人的に注目した記事を載せます。

尾花監督が掲げる「アナライジングベースボール」ですが、その施策の1つである「個別チャート表」が昨秋配られたようですね。
これを生かすのかどうかは個々の投手に懸っていますが、昨季と同じ失敗を繰り返さないためにもデータを生かして投球してもらいたい。
また、個別でなく、他の投手のデータも見て研究するのも良いでしょう。
同じようなタイプの投手もいるので、成功への近道を知ることができるかもしれません。

横浜ベイスターズブログランキング:5位/野球ブログランキング:62位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ記事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<(修正)オープン戦第7試合、VS日本ハム | ホーム | オープン戦第6試合、VS中日>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。