ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

オープン戦第6試合、VS中日

今日の見どころ・・・1・2・3番のオープン戦・新生スーパーカートリオ初結成。大家の初先発。
*今日は生中継が予定されていません。

横浜ベイスターズブログランキング:5位/野球ブログランキング:63位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
0-5で4連敗。
スタメン/各打席1234備考
1.渡辺(二)3-2中安中安三ゴ
2.森本(中)4-0二ゴ三振三振遊ゴ2三振
3.石川(遊)4-2遊ゴ二ゴ中安一安
4.村田(三)3-1右2遊飛三振
5.スレッジ(指)3-1二ゴ中飛一安
6.吉村(右)2-0三振二ゴ
7.筒香(一)3-0遊ゴ左飛二ゴ
8.武山(捕)2-1右安三ゴ
9.荒波(左)3-0三振左飛捕ゴ
途中出場/各打席
新沼1-0二併
藤田1-0一ゴ
山崎1-0一直
一輝1-0三ゴ
下園1-1一安
継投/投球結果投球回(投球数)奪三振被安打与四死球(うち死球)失点自責点備考
1.大家4回(46球)
2.眞下3回(53球)
3.山口1回(38球)

相手の先発は山井。
1回、先頭の渡辺がセンター返しでヒット。しかし結局3人で攻撃終了。
2回も先頭の村田がライトに2塁打で出塁。しかし後続3人が続かず。
3回も先頭の武山がヒット。三振で荒波が倒れるも、渡辺がセンター前に2本目。だが、森本と石川が倒れる。
4回は2アウトから2番手の鈴木、この回は三者凡退。
5回も三者凡退。
6回から3番手のソト。
2死から石川がセンター前。しかし村田は三振。
7回、先頭のスレッジがファーストにヒットを打つと、代打・下園もファーストへのヒット。しかし後続2人で内野ゴロを打ってしまい攻撃は終了。
4番手は平井が登板。
8回は三者凡退。
相手5番手は岩瀬。
9回、先頭の石川がヒット。だが、山崎はライナーを打ってしまい結局3人で試合終了。

今日の先発は大家、前回はリリーフで2回無失点。
1回を9球で三者凡退。
2回も8球で三者凡退。
3回は12球で三者凡退。
4回に先頭の荒木を出塁させてしまうと、井端にも打たれてピンチ。すると森野に犠牲フライ。後続は2人で打ち取る。
大家は3回まで完璧でこのチームの大きな課題である先発投手の球数も29球。4回も先頭から連打を打たれて失点することは課題だが、そのあとも2人を打ち取って終わらせることは昨年との違いか。新球でボールがより動く大家の球質は今季どのような結果を生むのだろうか。楽しみである。
2番手は眞下、オープン戦は初登板。
初っ端5回先頭のブランコにソロを打たれて失点。後続は1安打で抑えた。
6回を三者凡退で抑える。
7回も三者凡退にする。
眞下はいきなり打たれてしまったものの、そのあとすぐに修正できたのではないか。眞下にはあのカーブがあるだけに、リリーフでも投げられそうなタイプではあります。左のリリーフがいないに等しい今、眞下をリリーフに回すことも考えているのか気になる点と言えそう。
3番手は昨日味方のミスで崩れてしまった山口。
8回先頭の藤井にヒットを打たれる。さらに佐伯にもヒットを打たれてピンチ。すると荒木にヒットを打たれて早々と1点を失ってしまう。
1死からまたヒットを打たれてピンチ。すると2死となるが、またヒットを打たれて失点。
山口はやはり調整不足、という一言に尽く。
打撃陣は1回、渡辺が出塁してからすぐ送りバントかと思ったがそうではないようで(盗塁?)、ここは反省の1つが生きましたかね。簡単に1回から送りバントでは相手が楽になるだけですし、動いてくるという姿勢をまずは見せることが重要でしょう。
2回も3回も先頭が出塁してチャンスにしましたが、後続が上手く繋がらずチグハグでした。序盤3イニングで毎回先頭が出ているにも関わらず、1点も入らないのは苦しい。勝つためには早い回で先制点を取ることが第一歩。意地でも取らなければいけない状況が3度も来て1度も生かせないのは問題。ハーパーがいれば取れた、では何の解決にもなりません。
2点ビハインドの7回、先頭から2人のヒットが出て絶対に取らなければいけないところでした。が、内野ゴロを2本続けて打ってしまい全く得点が入らなかったですね。ここは筒香と新沼ということで打つ方で実績のある打者ではなかったということもありますが、とはいえ1点は取らないと辛い。
9回も先頭を出したのだが、これも得点にならず、5度の先頭出塁を全く生かせないという拙攻になってしまいました。
少なくともチャンスになった2・3・7回の3度は生かせないと、厳しいですね。
打順的なことを言うと、森本の2番が効いてない気がします。このオープン戦全体で効いていると思った日はないですから、本人の希望通り1番に入れた方が良いかもしれません。
今日初めてオープン戦で上位3人を新スーパーカートリオで形成しましたが、1・3番はそれぞれ2安打と発揮しました。ただし、繋がらなければ意味がないのでそういう意味では打順として機能はしませんでした。まだ1試合なので判断するには早急ですが、森本の件もあるだけに、森本・渡辺・石川など試してもらいたいですね。
また、前述にも触れましたが、ハーパーがいると打線の迫力が違うので、早く戻ってきてもらわなければなりません。とはいえ、今日のような打線ではいてもいなくてもあまり変わらない可能性も高いですが。

投手陣は先発が開幕投手争いにやや消極的な大家。立ち上がりを3人で切り抜けて上々のスタート。すると相手を打たせて取る投球でそのあとも締めるところが素晴らしい。昨年対中日5.06という結果を全く感じさせない投球でした。これは新球の影響でしょうか。しかし4回に先頭から連打を食らって失点するところは何とかしてほしいが、それでも後続を仕留めていますし。
2番手は若手・左腕である眞下。いきなり一発を浴びるところは不用意ですね。そのあとに追加点を獲られるかが注目でしたが、ここは防ぎました。さらにその後2イニングを三者凡退に抑えて修正してきました。3イニングということでリリーフにしては長めで、本日の起用からは先発なのかリリーフなのか考えはよく分かりませんでしたが、スタミナ面もあるでしょうからリリーフという選択肢も取って良さそうですかね。
3番手は昨日味方のミスで崩れ、彼自身も本来のボールが投げられなかった山口ですが、いきなり3連打を食らって失点し、さらにヒットを重ねられて追加点まで奪われるところを見るとやはりまだまだ本調子ではないらしいですね。そもそも調整が終わっていない状態で連投させれば、このような結果になることは分かっていますので、今日の結果がうんぬんというのはナンセンスでしょうね。とにかく守護神として彼が居座ってくれることを前提としていますから、調整をしっかり終えてシーズンに入ってもらわなくてはなりません。

横浜ベイスターズブログランキング:5位/野球ブログランキング:63位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アナライジングの成果。 | ホーム | オープン戦第5試合、VS阪神>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。